国内リゾート婚の準備の流れや段取りまとめ!メリットやデメリットも解説

国内リゾート
国内リゾート婚を考えているんだけど、メリットやデメリットが知りたい。準備ってどうやって進めたらいいのかな…

ここではブライダル業界で従事していた私が、国内リゾート婚のメリット・デメリットについて解説します。

準備や段取りについても記事の中で詳しく解説していくので、最後まで読んでみてくださいね。

\式場探しで商品券プレゼント/

国内リゾート婚のデメリット

軽井沢の夕景

まずは国内リゾート婚のメリットとデメリットから見ていきましょう。

先にデメリットからお伝えしますね。

  • 打ち合わせがしづらい
  • 交通費や宿泊費が多くかかる
  • 大勢のゲストを招待しづらい

 

それぞれ解説します。

 

打ち合わせがしづらい

国内リゾート婚では、式場が遠方にあるため、準備や打ち合わせがオンラインで電話になってしまいます。

オンラインや電話では細かなニュアンスまでは伝わらないので、打ち合わせがしづらいと感じてしまうカップルも。

打ち合わせが心配なふたりは、旅行会社や手配会社を通じて式場を決定するといいでしょう。

式場と直接契約すると打ち合わせがしづらいですが、近隣の旅行会社で決めると打ち合わせも旅行会社で実施することができますよ。

 

交通費や宿泊費が多くかかる

通常の挙式+披露宴を近隣で実施する場合、遠方ゲストにお車代として交通費を渡すのが一般的。

しかし、国内リゾート婚では、友人含め親族も全員が遠方から来ることになるので、ほぼ全員にお車代を渡すことになります。

もちろん、日帰りで帰ることができない分、宿泊費の負担も多くかかってしまいますね。

ゲストを大勢呼ぶことで負担する金額が大きくなってしまう点は覚えておきましょう。

 

大勢のゲストを招待しづらい

国内リゾート婚のデメリットのひとつとして、ゲストを大勢招待できないことがあります。

上記で説明した通り交通費や宿泊費が多くかかってしまったり、宿泊が必要なことが多いため、ゲストによっては断られることも。

もし、たくさんのゲストを招待するのであれば、身近にある結婚式場を選んだ方が確実でしょう。

もし、国内リゾート婚をするか迷ったら、一度無料で利用できる式場探しの相談カウンターを活用するのもおすすめ。

下記でおすすめの大手相談カウンターを比較しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

国内リゾート婚のメリット

国内リゾート2

ここまでは国内リゾート婚のデメリットを見てきましたが、メリットもあります。

  • リーズナブルに叶う
  • 都心では味わえない雰囲気が楽しめる
  • 新婚旅行を兼ねることができる
  • 会社関係のゲストを呼ばなくて良い

 

それぞれ解説しますね。

 

リーズナブルに叶う

国内リゾート婚は、少人数で行うことが多いため、よくある挙式+披露宴の結婚式と比べると、費用を安く抑えることができます。

内容を挙式だけにしたり、フォトウエディングにすることでより一層お金をかけずに結婚式を叶えることができますよ。

 

都心では味わえない雰囲気が楽しめる

国内リゾート婚の魅力として、都心ではなかなか味わえない大自然に囲まれた中で結婚式を叶えることができる点があります。

沖縄であれば青い海、北海道なら草原や雪の中など、壮大な自然を生かした雰囲気の中で結婚式を行えます。

結婚式の写真もとびきりおしゃれなものが残せますよ。

 

新婚旅行を兼ねることができる

国内リゾート婚では、結婚式に加えて、そのままハネムーンを楽しめるというメリットもあります。

一度の移動で結婚式と新婚旅行ができるので、結果的に節約にもつながりますね。

新婚旅行で行きたい場所が明確な場合は、そこで結婚式ができないかも検討してみるといいでしょう。

 

会社関係のゲストを呼ばなくて良い

国内リゾート婚で招待するのは、家族と親族、親しい友人が一般的。

特に会社関係の人と親しくない場合、会社関係のゲストを招待しなくていいのはメリットと言えるでしょう。

国内リゾート婚にすることで、よりカジュアルな結婚式を実現できますよ。

 

国内リゾート婚の準備と段取り

結婚式の情報誌

ここからは国内リゾート婚の準備の流れについて解説します。

  1. エリアを決める
  2. 費用について知る
  3. 結婚式スタイルを決める
  4. フェアに参加する

 

上記の流れで進めるといいでしょう。それぞれより詳しく解説した記事があるので紹介しますね。

 

①エリアを決める

まずは、どこで結婚式を挙げるかエリアを決めましょう。

国内リゾート婚で特に人気なのが、沖縄・北海道・軽井沢になります。

それぞれのエリアでの結婚式にかかる費用や、おすすめの時期を解説しているので参考にしてください。

沖縄

沖縄で国内リゾートウエディング!必要な費用を解説

2020年5月21日
北海道

北海道で国内リゾート婚!費用やおすすめ時期を解説

2020年5月12日
軽井沢

軽井沢での国内リゾート婚が魅力!おすすめ時期や注意点をチェック

2020年4月27日

 

②費用について知る

国内リゾート婚にどれくらいの費用がかかるのかも知っておくといいですね。

下記の記事で解説していますが、実は挙式+披露宴のスタイルの結婚式よりも安くなる傾向にあります。

結婚式費用を貯蓄する口座

国内リゾート婚にかかる費用を解説!予算の参考に

2020年6月2日

 

③結婚式スタイルを決める

国内リゾート婚では、挙式+披露宴のスタイルはもちろん、挙式のみやフォトウエディング、挙式+1.5次会とあらゆる方法があります。

なかには、家族だけで結婚式をする場合も。

結婚式スタイルに応じて、かかる費用や準備の方法も異なるので、事前に決めておくといいでしょう。

国内リゾート婚は家族のみが一般的?友人や親族も招待すべき?

2020年6月3日

 

④フェアに参加する

エリアや結婚式スタイルが決まったら、実際にブライダルフェアに参加しましょう。

といっても、遠方にあるリゾートエリアに見学のためだけに行くことはほとんどありません。

下記の記事でブライダルフェアへの参加方法を解説しているので、実践してみてくださいね。

海外ウエディング

国内リゾート婚のフェア参加や相談・打ち合わせはどうする?

2020年6月4日

 

国内リゾート婚の式場探しのおすすめの方法

国内リゾート

国内リゾート婚のメリットやデメリット、準備の流れを解説してきました。

式場との距離が遠い分、探すのはもちろん、準備も少し大変なのが国内リゾート婚。

しかし、費用が安く済んだり、都心では味わえないような景色の中で結婚式を叶えることができたりとメリットも多いです。

国内リゾート婚の式場探しにおすすめなのは、無料で利用できる式場探しの相談カウンターを活用すること。

実際の式場の紹介はもちろん、手配会社を紹介してもらえたり、かかる費用をより具体的に教えてもらえます。

相談カウンターでも、国内リゾート婚でおすすめなのがハナユメウエディングデスク

ハナユメウエディングデスクを利用することで、結婚式費用が大幅値引きになるハナユメ割が適用になります。

ハナユメ割は他のサイトはもちろん、旅行会社を通じて式場探しをした場合は適用になりません。

少しでもお得に国内リゾート婚を叶えるなら、ハナユメの利用がイチオシですよ。

→ハナユメウエディングデスクに無料相談を申し込む(公式サイトへ)

\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(9/30まで ※無料相談デスクの利用で金額UP!)

ゼクシィ→最大2万円分の商品券プレゼント中(10/23まで ※指輪探しで+0.6万円分の商品券も)

プラコレ→最大8.1万円分のクーポンプレゼント中(9/30まで ※当サイト限定で7.5万→8.1万円に増額中)

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの予約数)

マイナビウエディングフェア