国内リゾート婚は家族のみが一般的?友人や親族も招待すべき?

国内リゾート婚を考えているんだけど、招待するのって家族だけが普通?友人や親族も招待したいんだけど、難しいかな?

ここでは、ブライダル業界で従事していた私が、国内リゾート婚の結婚式スタイルについて解説します。

結論だけお伝えすると「国内リゾート婚は家族だけでやることもありますが、友人を招待することも可能」です。

ただし、通常の挙式+披露宴と比べて、招待するゲストは少ないのが特徴。

ここからは国内リゾート婚のおすすめの結婚式スタイルをお伝えしていきます。

\式場探しで商品券プレゼント/

国内リゾート婚は家族のみが普通?

結婚のお食事会のテーブル

国内リゾート婚では家族はもちろん、親族や友人も招待した結婚式が可能です。

もちろん、お互いの家族だけを招待して、少人数で実施することもできます。

夫婦で家族や親族、ゲストをどれくらい招待するか話し合ってから、招待人数にあった結婚式場を探すと効率的に見つけることができますよ。

国内リゾートエリアの式場探しでおすすめなのは、無料で相談できるハナユメウエディングデスク

沖縄や北海道、軽井沢での結婚式が、ハナユメ割を適用させることで格安で叶えることが可能になります。

→ハナユメウエディングデスクに無料相談を申し込む(公式サイトへ)

 

挙式だけ家族で、友人とは1.5次会スタイルで楽しむことも

ちなみに、国内リゾート婚では、挙式を家族だけでリゾート地で実施し、戻ってからお披露目パーティを1.5次会スタイルで楽しむカップルも多いです。

1.5次会スタイルであれば、結婚式の披露宴のように高額にならず、ゲストの会費だけでパーティ費用を負担することが可能。

1.5次会のような会費制ウエディングについてはメリット・デメリットを下記の記事でまとめているので参考にしてください。

会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!

2019年12月11日

 

国内リゾート婚に友人や親族を呼ぶ際の注意点

結婚式のバルーンリリース

国内リゾート婚で親族や友人を招待する場合、注意する点があります。

それが「多くの人数を招待しすぎないこと」です。

国内リゾート婚の場合、通常の結婚式と異なり、交通費や宿泊費の負担が多くなります。

ゲストの数が多くなればなるほど、交通費や宿泊費の負担も多くなりますね。

また、国内リゾート婚の場合、少人数での実施が多いため、会場に入るキャパシティも心配です。

希望する結婚式場に何人ぐらい招待できるか事前に確認しておくといいでしょう。

 

国内リゾート婚を二人だけで実施するのは可能?

結婚指輪をつけたカップル

国内リゾート婚は、チャペルを借りてふたりだけで実施することもできます。

挙式後はそのまま新婚旅行を楽しむこともできますね。

ただ、二人だけの結婚式は写真も残らないので、おすすめはフォトウエディングも加えて、思い出に写真を残しておくこと。

フォトウエディングであれば、10〜20万円で実施できるので、金銭的な負担も少ないです。

フォトウエディングについては「フォトウエディングのメリット・デメリットを解説!流れや業者の選び方まで」の記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでみてくださいね。

結婚式場のガーデンにある池

フォトウエディングのメリット・デメリットを解説!流れや業者の選び方まで

2020年3月6日

 

国内リゾート婚は挙式のみ?披露宴も実施する?

沖縄の風景

国内リゾート婚では、挙式のみはもちろん、通常の結婚式のように挙式+披露宴のスタイルでの実施も可能。

特に友人ゲストを招待するのであれば、披露宴の実施も検討しましょう。

もし、家族や親族だけなのであれば、披露宴というスタイルにせず、お食事会を開くのもひとつの手段。

お食事会にすることで、披露宴と異なり、司会進行や音響などが不要になり、費用も抑えることができ、ゲストとの会話を楽しむことに集中できますよ。

 

友人を招待する場合は、二次会の実施も

もし、国内リゾート婚にゲストを大勢招待するのであれば、二次会も実施しましょう。

二次会もゲスト全員で行うスタイルもあれば、グループごとにやってもらい、新郎新婦が順番に顔を出すというスタイルもあります。

ゲストの顔ぶれや人数を見て、どのスタイルで二次会を行うか決めるといいですよ。

もし、国内リゾート婚の結婚式スタイルや二次会のことで悩んだら、一度無料で利用できる式場探しの相談カウンターに相談してみるのもあり。

スタイル別のメリット・デメリットや、おすすめの二次会会場・スタイルを教えてもらえます。

無料の式場探しの相談カウンターについては「結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で比較しているので、住んでいるエリアや特典を見比べて、使う相談カウンターを決めましょう。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

国内リゾート婚は家族のみ?まとめ

まとめです。

  • 国内リゾート婚は家族のみでなく、親族や友人を招待してもOK
  • 交通費や宿泊費の負担金額が大きいので、招待人数には気をつける
  • 結婚式スタイルに迷ったら無料相談カウンターの活用を

 

国内リゾート婚は家族のみで実施することもできますが、親族や友人を招待して、通常の挙式+披露宴の結婚式を行うことも可能。

もちろん、二人だけで結婚式やフォトウエディングを叶えたり、挙式だけ済ませてお披露目のための1.5次会は帰ってから実施するという選択肢もあります。

もし、ふたりがどんなスタイルで国内リゾート婚をするか悩んでいたら、一度無料で利用できる式場探しの相談カウンターを使ってみましょう。

ふたりの希望や予算に合った国内リゾート婚のプランを紹介してもらえますよ。

特におすすめはハナユメウエディングデスク

ハナユメウエディングデスクを使うことで、結婚式にハナユメ割を適用させることができます。

結果的に、沖縄や北海道、軽井沢での結婚式を格安で実現可能に。

相談は無料なので、そもそも結婚式をリゾート婚にするか迷っているふたりも気軽に利用可能です。

→ハナユメウエディングデスクに無料相談を申し込む(公式サイトへ)

国内リゾート

国内リゾート婚の準備の流れや段取りまとめ!メリットやデメリットも解説

2020年6月5日
\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(9/30まで ※無料相談デスクの利用で金額UP!)

ゼクシィ→最大2万円分の商品券プレゼント中(10/23まで ※指輪探しで+0.6万円分の商品券も)

プラコレ→最大8.1万円分のクーポンプレゼント中(9/30まで ※当サイト限定で7.5万→8.1万円に増額中)

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの予約数)

マイナビウエディングフェア