ゼクシィはいつ買うべき?おすすめの購入のタイミング情報

結婚式場の披露宴_本

ゼクシィってどのタイミングで買ったらいいの?プロポーズされた後?

ここでは、ブライダル業界で従事していた私がゼクシィを購入するタイミングで迷っている人に向けて、おすすめの時期を解説します。

結論からお伝えすると、下記の通りです。

☑ゼクシィを購入するタイミング
①毎月23〜25日に発売なので、月末購入がおすすめ
②式場見学・ブライダルフェアの1ヶ月前でも十分
③プロポーズされてすぐに買って予習も◎。4回連続購入しよう
④特大号は7月末と12月末発売なので、そこを狙うのもあり

 

ちなみに、ゼクシィの雑誌は式場探しに便利ですが、ブライダルフェアの予約ならゼクシィのネットがおすすめ。

理由としては高額の商品券がもらえるキャンペーンを実施しているからです。

ゼクシィの最新のキャンペーン情報については「【最新】ゼクシィのキャンペーンで商品券やグッズがもらえる」の記事を確認してください。

ゼクシィのキャンペーンで商品券やプレゼントをもらう方法【19年10月】

2019年9月20日

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

ゼクシィはいつ買うべき?→月末購入がおすすめ!

created by Rinker
リクルートホールディングス
¥306 (2019/10/18 02:13:24時点 Amazon調べ-詳細)

ゼクシィは、地域によって異なりますが、月末23日〜25日あたりに発売されます。

そのため、月末に購入すると最新の情報が載ったゼクシィを手に入れることができます。

中旬などに購入してしまうと、すぐに次の号が発売されてしまうので、注意が必要です。

すぐにブライダルフェアや結婚式場の見学予約をしたい人は、雑誌を購入する前にゼクシィネットやゼクシィ相談カウンターを利用するのもあり。

相談カウンターに来店した後や、実際に式場見学をした後でもゼクシィの雑誌で、節約術や流行を役立てても遅くはありません。

ゼクシィのサイトや相談カウンターの利用方法は「ゼクシィで結婚式場探し!ウエディングサイトの王道で安心して利用できる」にまとめていますので、ご覧ください。

ゼクシィ_トップ画

ゼクシィで結婚式場探し!ウエディングサイトの王道で安心して利用できる

2019年3月8日

 

ゼクシィはいつ買う?→式場探しに使う人は見学の1ヶ月前でもOK

ゼクシィの使い方にもよりますが、結婚式場探しが目的で購入するのであれば、結婚式場に足を運ぶ1ヶ月前でも十分です。

ゼクシィの雑誌には、1ヶ月〜2ヶ月先のブライダルフェア情報が掲載されています。

そのため、式場見学の直前では、フェアの予約が取れなかったり、情報が古くなる場合もあるのです。

式場探しは雑誌のほうがカタログのようにペラペラと比較することが可能ですが、ブライダルフェアを予約する場合はゼクシィネットを使うのがおすすめ。

ゼクシィネット上には最新のブライダルフェア情報が掲載されていて、リアルタイムで予約ができますよ。

また、ゼクシィではブライダルフェア予約をすることでギフト券がもらえるキャンペーンも実施しています。

キャンペーンは電話でのブライダルフェア予約は適用外となっているため、予約はゼクシィのサイトかアプリからすると良いでしょう。

ゼクシィの最新のキャンペーン情報は「ゼクシィのキャンペーン最新情報!商品券やグッズがもらえる!」にまとめていますので、参考にしてください。

ゼクシィのキャンペーンで商品券やプレゼントをもらう方法【19年10月】

2019年9月20日

 

ゼクシィはいつ買う?→予習で使う人はプロポーズされた後〜顔合わせの前

ゼクシィには結婚式場探し以外に、顔合わせや結納のこと、結婚式までの段取りのこと、費用のことなど結婚に関する情報が詰まっています。

そんなノウハウ知識を貯めるために、事前に購入して予習しておくのはあり。

先に購入して費用のことを知っておくだけでも、ハネムーンのタイミングや新生活のための引越しのタイミングを図ることができます。

また、結婚式の装飾やドレスのタイプなど、流行を取り入れてあらかじめイメージをつけることもできますよ。

結婚式の費用や節約については「結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ」の記事でも解説しているので参考にしましょう。

結婚式で使うピンク色のブーケ

結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ

2018年10月3日

 

ゼクシィは4回連続で買うと、一通りの知識は得られる

ゼクシィは、4ヶ月連続で購入すると一通りの結婚式や結婚に関する知識が得られるようになっています。

顔合わせや結納の情報に始まり、結婚式当日までの準備や流れ、ドレスやコーディネートの流行などを記事で解説してくれます。

結婚式場探しが本格化する前に、ゼクシィを購入し、結婚式の知識を習得し、結婚式場の狙いを定め、ブライダルフェアの予約のみゼクシィのサイトからするのもありですよ。

ちなみにウエディングサイトはゼクシィ以外に、ハナユメやマイナビウエディングがあります。

サイトによって特徴やキャンペーンのお得度がかなり変わります。

自分にどのサイトが合っているか知りたい人は「式場探しサイトのおすすめ比較ランキング【決定版】」の記事も参考にしましょう。

式場探しサイトのおすすめ比較ランキング【2019年最新】

2018年9月21日

 

ゼクシィの特大号はいつ?→7月と12月発売!

ちなみに、一年を通してゼクシィの特大号は7月発売号(9月号)と12月発売号(2月号)になります。

特大号は付録もいつもより豪華になる傾向です。

特大号狙いの人は7月末・12月末の購入がおすすめです。

 

ゼクシィプレミアはいつ買うべき?

created by Rinker
リクルートホールディングス
¥509 (2019/10/18 15:10:11時点 Amazon調べ-詳細)

また、ゼクシィには別雑誌で「ゼクシィプレミア」という雑誌があります。

大人花嫁」を狙いにした雑誌で、30代以上の花嫁が購入することを想定しています。

大人ならではの結婚式場情報やおもてなし術、ドレスのタイプなどの情報がたくさん詰まっています。

ゼクシィプレミアの発売は年に4回で2月・5月・8月・11月になります。

掲載されている結婚式場数はゼクシィと比較しても少ないため、ゼクシィを購入した上で、ゼクシィプレミアも買うことをおすすめします。

ゼクシィとゼクシィプレミアの違いについては「30代必見!「ゼクシィ」と「ゼクシィプレミア」の違いや利用方法まとめ」の記事で詳しく解説しています。

30代必見!「ゼクシィ」と「ゼクシィプレミア」の違いや利用方法まとめ

2018年3月23日

 

【疑問①】他のウエディングサイトに雑誌はないの?

ゼクシィ以外に雑誌はないの?

ウエディング情報サイトはゼクシィ以外に、ハナユメやマイナビウエディングがありますが、いずれも雑誌はありません。

そのほかのサイトではWeb上のみで結婚式場をすることになります。

確かにスマホやアプリで移動時間や隙間時間に調べることはできますが、やはり最初は、ペラペラとめくって調べやすい雑誌がおすすめです。

結婚式に向けて、ゼクシィの雑誌は一冊購入しておくことをおすすめします。

 

【疑問②】雑誌の内容や価格に地域差はある?

ゼクシィは地域別に売られているけど内容は違うの?

ゼクシィは、北海道から鹿児島まで、地域によって別々に発行されています。

そのため、掲載されている内容や紹介されている式場が異なっています。

購入する際は自分が結婚式を挙げる予定のエリアのゼクシィを買いましょう。

また、値段も地域によって異なります。

 

【疑問③】ゼクシィの雑誌で指輪探しもできる?

ゼクシィでは結婚式場探し以外に、結婚指輪・婚約指輪の情報も載っているので、指輪探しにも便利です。

紹介されているブランドやショップは、地域版によって異なるため、指輪を探す地域に応じて、購入する雑誌を選びましょう。

また、ゼクシィでは指輪探しでも商品券がもらえるキャンペーンを実施しています。

婚約指輪・結婚指輪探しの商品券キャンペーン情報まとめ」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚指輪を持つ手

婚約指輪・結婚指輪探しのキャンペーン情報まとめ【19年10月】

2019年9月20日

 

ゼクシィはいつ買う?購入時期のまとめ

ゼクシィの雑誌の購入時期のまとめです。

  • 結婚式場を探す1ヶ月前で十分
  • 早めに買って予習もあり
  • 4ヶ月連続で買おう
  • ゼクシィプレミアにも注目

 

また、ゼクシィを利用するのであれば、式場見学予約・ブライダルフェアの予約はネットかアプリがお得。

理由としては、ゼクシィではキャンペーンを実施しており、ブライダルフェアの参加や指輪ショップへの来店で商品券がもらえるから。

キャンペーンは予約がネットかアプリ上からでしか対象になりません。雑誌に載っている電話予約は対象外です。

そのためゼクシィの雑誌を購入しても、商品券をもらうために、Web上でキャンペーンに応募して、ゼクシィネット上でブライダルフェア予約をするようにしてくださいね。

→ゼクシィのキャンペーン最新情報はこちら(公式サイトへ)

 

ブライダルフェア参加で商品券がもらえる!

ゼクシィ以外のウエディング情報サイトでも商品券やポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

ちなみに私はゼクシィに加えて、ハナユメというウエディング情報サイトを使い、25,000円分の商品券をもらうことができました。

25,000円分の商品券は結婚式で必要なアイテムの購入に使えるので、節約にもつなげることができました。

ウエディング情報サイトのキャンペーン比較は「【最新版】ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ」でも詳しく書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年10月】

2019年9月20日