ゼクシィにデメリットはある?口コミや評判、特徴まとめ

結婚式場選びでゼクシィを使いませんか?

ここでは、そんなゼクシィを使うメリットとデメリット、口コミ、さらに私が実際に使ってみた感想についてお伝えします。

結論だけお伝えすると「全国で利用でき、式場紹介数も多いため初めての式場検索におすすめ」です。

→ゼクシィで結婚式場を探す(公式サイトへ)

 

しかし、商品券キャンペーンや割引が充実していることを考えると、ハナユメと合わせて使うのがいいでしょう。

→ハナユメで結婚式場を探す(公式サイトへ)

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

【本題の前に】商品券キャンペーン情報!

ゼクシィはもちろん、他のウエディングサイトでも、結婚式場探しでキャンペーンを実施中!

もらえる商品券の金額を比較して、どのサイトを使うか決めましょう。

 

どのウエディングサイトも4万円以上の商品券がキャンペーンでもらえます。

最もおすすめなのはハナユメ

ハナユメはキャンペーンで商品券が4万円分もらえるほか、結婚式費用がお得になるハナユメ割もあります。

結婚式費用全体のお得度を考えると、ハナユメを使って商品券をもらいつつ、結婚式費用を安く抑えるのが得策です。

→ハナユメの最新キャンペーン情報をチェックする(公式サイトへ)

 

また、婚約指輪・結婚指輪探しでもキャンペーンを実施しています。

 

指輪探しのキャンペーンで最も高額な商品券がもらえるのはマイナビウエディング。

来店だけで6千分がもらえ、購入金額に応じて商品券の金額も最大10万円までアップします。

しかし、最初の指輪探しは紹介しているブランド数も多く、全国で利用できるゼクシィがおすすめ。

来店だけで商品券がもらえるので、指輪探しをこれから始める人は、まずはゼクシィを利用しましょう。

→ゼクシィの指輪探しキャンペーンページはこちら(公式サイトへ)
※先着500名限定なので、今すぐのエントリー&来店予約がおすすめ!

 

ゼクシィとは?

出典:ゼクシィ公式サイト

ゼクシィのサイトは、リクルートが発行する雑誌「ゼクシィ」のネット版。

全国で発売されている雑誌同様に、紹介式場が圧倒的に多いのが魅力です。

2019年現在では、2,500件以上の結婚式場の情報が掲載されています。

掲載数で言うと、マイナビウエディングが1300件、ハナユメが600件なので、比較するとゼクシィの掲載数がずば抜けて多いことがわかります。

結婚式場以外にも、ジュエリーやドレス、エステ、引き出物、2次会のサービス会社など、結婚式にまつわる情報が網羅されています。

→ゼクシィで結婚式場を探す(公式サイトへ)

 

ゼクシィと他のブライダルサイトとの比較

 

掲載数エリア相談デスクキャンペーンプラン
ゼクシィ約2500全国全国にあり×
ハナユメ約60020都府県都市に11店舗
マイナビ約130018都道府県都市に18店舗

 

ゼクシィの魅力は式場紹介数の多さと対応エリアの広さになります。

また、相談カウンターも全国各地にあるので、自分たちだけで結婚式場探しに不安がある人は使いやすいです。

→ゼクシィで結婚式場を探す(公式サイトへ)

 

ゼクシィの口コミや評判は?

実際にゼクシィを活用した人の口コミはどうなのでしょうか?

 

ゼクシィはその式場数の多さ・対応エリアの広さが魅力。

雑誌だけでなく、相談カウンターを利用している人が多いのも特徴のひとつ。

また、式場探しで商品券がもらえるキャンペーンを実施していることも人気の秘密になっています。

→ゼクシィで結婚式場を探す(公式サイトへ)

 

ゼクシィの使い方

ゼクシィのサイトの使い方は、下記の通りとても簡単。

  1. エリア・都道府県で絞り込み
  2. 気になる会場をピックアップ
  3. サイト上で見学予約を申し込む

 

紹介している式場数が多いのは嬉しいのですが、ネット上では比較しにくいです。

そのため、サイトを使う前に雑誌を一度購入するのがおすすめ。

雑誌でカタログをめくるように見比べて、いくつかをネットでチェック→見学予約という流れがスムーズに利用できると思います。

 

ゼクシィの口コミ・評判が良い3大メリット

 

登場してから長年親しまれているゼクシィ。

ここでは多くの人がゼクシィを利用する3つのメリットを紹介していきます。

 

掲載数No.1!式場が網羅されている

1つ目は、やはり圧倒的な知名度と掲載数です。

ゼクシィでは北海道から九州、そして海外リゾートまでおよそ2500件以上の結婚式場が掲載されています。

ゼクシィになくて、他のウエディングサイトに掲載されているといった式場は本当に少数です。

数多くの結婚式場から抜け漏れなく探したいと考えている人はゼクシィの利用がおすすめです。

 

サイトだけじゃない!雑誌でも探せる

2つ目は、他のウエディング情報サイトにはない「雑誌」を発行していること。

サイトのみだと、どうしても一つ一つ会場のトップページを見て雰囲気を確かめなくてはいけませんが、雑誌の場合は、ペラペラとカタログのようにめくることができ、探しやすいです。

また、結婚式のノウハウや費用のこと、コーディネートの流行など、結婚式にまつわる情報を読み物形式で知ることができるのは雑誌ならでは。

 

ゼクシィ相談カウンターも豊富!

3つ目は、ゼクシィ相談カウンターが全国に設置されていること。

ゼクシィ相談カウンターは無料で結婚式のプロに、式場探しや結婚式までの流れなどを相談できる場所です。

他のウエディングサイトも用意はしていますが、全国にある相談カウンターでゼクシィは圧倒的に多いです。

「結婚式場探しが不安…」、「誰かに相談したい…」。

そんな時に気軽に相談行ける場所があるのは嬉しいですね。

 

ゼクシィ相談カウンターの使い方

ゼクシィは、全国各地に対人で相談できるカウンターを展開しています。

結婚式の準備や、自分に合う会場がわからないという人は、知識が豊富なアドバイザーに無料で相談できるのです。

ふたりの結婚式にまつわる悩みや希望を伝えることで、理想の結婚式場を見つける手助けをしてくれます。

相談だけでなく、見学予約の代行や見積もりの相談などもやってくれますよ。

利用方法としては下記の通り。

  1. ゼクシィ公式サイトから予約
  2. 予約日時に店舗に足を運ぶ
  3. 相談スタート!
  4. 気になる会場があれば、見学の予約
  5. 見学で見るべきポイント、見積もりの見方のアドバイス

 

残念ながら、ゼクシィのサイトから直接式場を見学しても、ハナユメのハナユメ割のような独自プラン・特典はありません。

しかし、ゼクシィ相談カウンターを経由することで、独自のプランや特典を案内されることがあります!

予算面に少しでも不安を感じるのであれば、いくつか会場を自分でピックアップした上で、相談カウンターを利用するのもひとつの手です。

→ゼクシィ公式サイトから相談カウンターの予約をする

 

ゼクシィのメリット・デメリット

他のウエディング情報サイトと比べてどうなの?

とゼクシィを使うにあたり、疑問を持つ方もいると思います。

ここでは、ゼクシィのメリットとデメリットを紹介します。

 

ゼクシィを使うデメリット

ゼクシィを使うデメリットは下記の通り。

  • 情報量が多すぎて、迷ってしまう
  • 割引やプランがあまり充実していない

 

簡単に解説します。

 

情報量が多すぎて、迷ってしまう

ゼクシィのデメリットのひとつとして、Webサイトに文字が多く、少し見にくい点です。

式場の紹介数が多いので仕方ありませんが、サイトの見やすさ・式場の選びやすさはハナユメの方が優れています。

 

割引やプランがあまり充実していない

ゼクシィには独自の割引やプランがありません。

 

もしプランや割引を使うなら、ハナユメマイナビウエディングも合わせて活用しましょう。

特にハナユメは結婚式費用が格安になるハナユメ割があるなど、費用面がかなりお得になります。

→ハナユメ公式サイトをチェックする

 

ゼクシィを使うメリット

ここまでゼクシィのデメリットを見てきましたが、メリットもたくさんです!

  • 全国で展開&2,500件以上の豊富な掲載数
  • ジュエリーやドレス、エステなど、ショップ情報も豊富
  • 結婚式の段取りや準備の仕方がわかる情報も網羅
  • 対面かつ無料で相談できるゼクシィ相談カウンター

 

それぞれ簡単に解説しますね。

 

全国で展開&2,500件以上の豊富な掲載数

ゼクシィのメリットはなんといっても紹介式場が2,500件と充実している点。

マイナビウエディングは1,300件、ハナユメは600件なので、桁違いに多いです。

また、エリアも全国に対応しているため、どこで結婚式を挙げる場合でも頼りになるサイトです。

 

ジュエリーやドレス、エステなど、ショップ情報も豊富

ゼクシィは結婚式場探しだけでなく、指輪探しやドレスショップ探し、エステなどの情報も豊富。

雑誌はもちろん、Webサイト上でも検索できるので、結婚式に関連したサービスをチェックする場合にかなり活用できます。

 

結婚式の段取りや準備の仕方がわかる情報も網羅

ゼクシィは式場探しや指輪探し以外に、結婚式の前後の流れや段取り、顔合わせ・結納の情報なども詳しく紹介されています。

新婚生活に必要な情報なども豊富にあるため、結婚式以外でも役に立つこと間違いありません。

 

対面かつ無料で相談できるゼクシィ相談カウンター

ゼクシィでは雑誌やWebサイト以外に、無料で結婚式場探しの相談ができるカウンターも全国に用意。

ゼクシィ相談カウンターでは式場探しはもちろん、指輪探しや顔合わせ・結納の相談、新婚旅行や新生活に必要な保険の相談まで無料で可能です。

ゼクシィ相談カウンターの詳しい内容については「ゼクシィ相談カウンターの利用料金は無料?相談できる内容は?」の記事も合わせてご覧ください。

 

ゼクシィのキャンペーンで商品券がもらえる!

ゼクシィでは結婚式場探しや指輪探しで商品券がもらえるキャンペーンを実施中。

しかし、もらえる商品券の金額や内容はシーズンによって変化し、多くが「抽選」や「先着」になります。

他のウエディングサイトは条件を満たせば必ずもらえるので、この点ゼクシィのデメリットだと感じます。

ゼクシィの一番の魅力はやはり掲載数と情報量です。

  • 結婚式の知識があまりない
  • たくさんの会場からお気に入りを見つけていきたい

 

そんな方は、まずゼクシィの雑誌を購入し、目星をつけた会場を公式サイトから予約してくださいね。

ゼクシィのキャンペーンで商品券やプレゼントをもらう方法【19年10月】

2019年9月20日

 

ゼクシィの口コミや評判・使った感想まとめ

私が結婚式場を探した際、使ったのはゼクシィハナユメ

ウエディングサイトの使い方としては下記のような流れを意識していました。

 

理由としては、ゼクシィは掲載数が最も多いため、検索には適していたためです。

しかし、キャンペーンやもらえる商品券の金額は、ハナユメマイナビウエディングのほうが高く、条件を満たせば確実にもらえます。

そのため、ゼクシィにもあって、ハナユメやマイナビウエディングにも掲載されていれば、商品券キャンペーンでもらえる金額を見比べて、式場見学を申し込むといいでしょう。

商品券キャンペーンの最新情報は「ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年10月】

2019年9月20日