今使うべきお得な結婚式場探しサイトは?>>

ゼクシィとマイナビウエディングの違いを比較!特徴や特典情報まとめ

ゼクシィ_マイナビウエディング_比較top
王道のゼクシィとマイナビウエディング、どっちを使った方がお得?

ここでは結婚式場探しで使うサイト悩むカップルに向けて、ゼクシィとマイナビウエディングの特徴・お得度について比較していきます。

私個人のおすすめは紹介されている式場も多く、キャンペーンも充実しているゼクシィ。

ゼクシィでは式場探しや指輪探しで最大5万円分の商品券がもらえますよ。

 

\おすすめサイトまとめ/

サイト特徴独自割引キャンペーン

トキハナのロゴ
トキハナ

最低価格保証付きで結婚式の割引最大
・交渉なし&即決不要で特典が全適用
・結婚式費用の最低価格保証
LINE限定の格安非公開プラン
ドレス最大50%オフクーポン
ハナユメのロゴ
ハナユメ
式場探しキャンペーンで最大5.3万円
・指輪探しで0.7万円
ハナユメ割最大6.0万円分の電子マネー
プラコレウェディングのロゴ
プラコレ
式場探しキャンペーンが117,5000円分と高額最大117,500円分の一休クーポン

マイナビウエディングのロゴ
マイナビ

婚約・結婚指輪探しキャンペーンがおすすめ
(最大1.3万円分)
直前オトクプラン
パッケージプラン
最大7.8万円分の電子マネー

ゼクシィとマイナビウエディングの特徴の違い

まずはゼクシィとマイナビウエディングの特徴を押さえておきましょう!

 

ゼクシィの特徴

ゼクシィのトップ画面

出典:ゼクシィ公式サイト

  • リクルートが運営するブライダル情報サイト
  • 掲載数2,500件以上と、国内でも最大のウエディング情報サイト
  • 沖縄を除く全国で発売しており、全国の式場を網羅
  • 無料相談できるゼクシィ相談カウンターも全国で利用可能

 

ゼクシィの特徴は紹介されている式場数の多さにあります。

式場以外に、指輪やドレス、小物ショップや写真スタジオなども調べることができ、結婚に関する情報はほぼ網羅されています。

ゼクシィの使い方については「ゼクシィにデメリットはある?口コミや評判、使い方まとめ」の記事をご覧ください。

ゼクシィの口コミ・評判のアイキャッチ画像

 

マイナビウエディングの特徴

マイナビウエディング_トップ

出典:マイナビウエディング公式サイト

  • 転職や就職サイトで有名な「マイナビ」が運営するウエディングサイト
  • 掲載数は1,600件以上で、大手ホテルやゲストハウスが多い
  • 北海道、東北、関東、東海、関西、甲信越、九州で利用可能
  • 「直前オトクプラン」や「パッケージプラン」など独自プランが豊富
  • ブライダルフェア予約や成約のキャンペーンが充実

 

マイナビウエディングの魅力は、直前オトクプランやパッケージプランなどの独自プランが揃っている点。

マイナビウエディングの使い方については「マイナビウエディングの口コミや評判まとめ!使い方も解説」の記事をご覧ください。

マイナビウエディングの口コミ・評判のアイキャッチ画像

 

ゼクシィとマイナビウエディングの違いは?

結婚式場のシャンデリア

掲載式場数、対応エリア、独自プラン、キャンペーン特典、相談カウンターの数で比較してみました!

 

ゼクシィとマイナビウエディングの掲載式場数の比較

掲載数の多さはゼクシィが優勢。

  • ゼクシィ→2,500件以上
  • マイナビウエディング→1,600件以上

 

その差はなんと2倍ほど。

どちらも掲載している会場のタイプは似ており、ゲストハウスやホテル、レストラン、神社など幅広いラインナップから探すことが可能。



ゼクシィとマイナビウエディングの対応エリアを比較

対応エリアの広さはゼクシィが優勢。

  • ゼクシィ→全国の式場
  • マイナビウエディング→北海道、東北、関東、東海、関西、甲信越、九州の24都道府県

 

ゼクシィは全国の式場が網羅されていますが、マイナビウエディングは24都道府県+国内外のリゾート地。

式場数の多さとエリアの広さはゼクシィが圧倒的に多くて、広いです。

 

ゼクシィとマイナビウエディングの独自プランの比較

独自プランはマイナビウエディングが優勢。

  • ゼクシィ→ゼクシィ花嫁割
  • マイナビウエディング→直前オトクプランやパッケージプラン

 

ゼクシィにはゼクシィ花嫁割がありますが、プラン内容やお得度は式場によって異なります。

マイナビウエディングには3ヶ月以内の結婚式が格安になる「直前オトクプラン」や料金体系がわかりやすく、結婚式に必要なものが詰まっている「パッケージプラン」が用意されています。

 

キャンペーン比較

キャンペーンの金額はマイナビウエディングが優勢。

  • ゼクシィ→最大50,000円分の商品券
  • マイナビ→最大55,000円分の商品券

 

どちらも結婚式場探し・指輪探しでギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。

結婚式場探しのギフト券キャンペーンTop画

 

ゼクシィとマイナビウエディングのアプリを比較

スマホアプリはゼクシィが優勢。

  • ゼクシィ→あり
  • マイナビウエディング→なし

 

ゼクシィにはスマホ用のアプリがあるので、ちょっとした移動時間や隙間時間に式場探しをすることが可能。

マイナビウエディングにはまだアプリはありません。

 

ゼクシィとマイナビウエディングの相談カウンターを比較

相談カウンターの数はゼクシィが優勢。

  • ゼクシィ→69店舗
  • マイナビウエディング→なし

 

相談カウンターはゼクシィのほうが全国に数多くあるため、利用しやすくなっています。

マイナビウエディングには対面相談できるデスクはありません。

ゼクシィ相談カウンター横浜店の入口

 

ゼクシィとマイナビウエディングの比較まとめ

掲載式場数対応エリア独自プランアプリキャンペーン特典相談カウンター
ゼクシィ2500件以上全国普通あり条件クリアで全員69店舗
マイナビ1700件以上24都道府県充実なし条件クリアで全員なし

 

ゼクシィとマイナビウエディングのおすすめ利用法

結婚式場のテーブル装花

たくさんの結婚式場から選ぶのであれば、ゼクシィを使って探しましょう。

しかし、すでに本命の結婚式場が決まっている場合は、成約だけで商品券がもらえるマイナビウエディングで予約すると良いでしょう。

私自身、ゼクシィとハナユメは使いましたが、マイナビウエディングは使いませんでした。

ハナユメもマイナビウエディングと同じくらいキャンペーンが充実していたため、25,000円分のギフト券を手に入れることができました。

結婚式場探しをする際は、必ず各サイトのキャンペーンをチェックして、予約するようにしましょう。

結婚式場探しのギフト券キャンペーンTop画

 

他のウエディングサイト比較

結婚式場探しサイトのおすすめランキングまとめのアイキャッチ画像
ゼクシィ_ハナユメ_比較top

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

ハナユメ_マイナビ_比較top
ゼクシィと和婚スタイル比較Top

 

\おすすめサイトまとめ/

サイト特徴独自割引キャンペーン

トキハナのロゴ
トキハナ

最低価格保証付きで結婚式の割引最大
・交渉なし&即決不要で特典が全適用
・結婚式費用の最低価格保証
LINE限定の格安非公開プラン
ドレス最大50%オフクーポン
ハナユメのロゴ
ハナユメ
式場探しキャンペーンで最大5.3万円
・指輪探しで0.7万円
ハナユメ割最大6.0万円分の電子マネー
プラコレウェディングのロゴ
プラコレ
式場探しキャンペーンが117,5000円分と高額最大117,500円分の一休クーポン

マイナビウエディングのロゴ
マイナビ

婚約・結婚指輪探しキャンペーンがおすすめ
(最大1.3万円分)
直前オトクプラン
パッケージプラン
最大7.8万円分の電子マネー

Tokihana