国内リゾート婚にかかる費用を解説!予算の参考に

結婚式費用を貯蓄する口座
国内でのリゾート婚を考えているんだけど、費用っていくらぐらいになる?通常の挙式+披露宴とどちらが高いかな?

ここではブライダル業界で従事していた私が、国内リゾート婚にかかる費用や相場を紹介します。

結論だけお伝えすると、国内リゾート婚にかかる費用は「およそ150〜200万円」です。

通常の挙式+披露宴の場合はおよそ370万円なので、国内リゾート婚の方が安いことがわかります。

ここからは、国内リゾート婚の相場や費用について、より詳しく解説していきますね。

\式場探しで商品券プレゼント/

国内リゾート婚の相場や平均費用は?

結婚式費用の貯金

国内リゾート婚にかかる費用は、旅費や滞在費などを含めて、およそ150〜200万円。

家族や親族だけを招待した国内リゾート婚であれば、50万円程度で実施することも可能です。

通常の挙式+披露宴の相場平均は370万円程度なので、国内リゾート婚のほうがかなり安く挙げられることがわかります。

しかし、国内リゾート婚の場合、招待する友人ゲストの人数をかなり少なくするのが一般的。

結果的に、かかる費用も安くなっているということを覚えておきましょう。

国内リゾート婚について、より具体的な費用や相場が知りたい場合は、「結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で紹介している相談カウンターで聞いてみるのがおすすめ。

希望するエリアによって、より詳細な費用を教えてくれますよ。

特におすすめなのがハナユメウエディングデスク

国内リゾートの相談ができる他、ハナユメ割の適用で、国内リゾート婚を格安で叶えることができますよ。

→ハナユメウエディングデスクに無料相談を申し込む(公式サイトへ)

 

国内リゾート婚は安い?人気エリアまとめ

軽井沢

国内リゾート婚の場合、エリアによってかかる費用も異なります。

ここでは、国内リゾート婚で特に人気のエリアについてお伝えしますね。

 

沖縄

国内で最も人気があるエリアが沖縄。

ウエディングサイトはもちろん、多くの旅行会社でウエディングプランを扱っているため、式場やプランを探しやすいです。

結婚式に合わせて、自分たちの新婚旅行を兼ねたり、家族に沖縄旅行をプレゼントできるのも魅力ポイント。

ハナユメフォト沖縄版でフォトウエディングが4.9万円〜で叶う!」で紹介しているように、フォトウエディングのプランも格安なので、挙式+フォトウエディングを組み合わせるカップルも多くいます。

沖縄での結婚式にかかる費用やおすすめの時期は「沖縄で国内リゾートウエディング!必要な費用を解説」の記事をお読みください。

沖縄

沖縄で国内リゾートウエディング!必要な費用を解説

2020年5月21日

 

北海道

北の大地・北海道もリゾート婚におすすめのエリア。

緑に囲まれた挙式会場があり、都会ではなかなか味わえない大自然の中での結婚式を叶えることができます。

壮大なロケーションを生かしたフォトウエディングや前撮りもおすすめです。

北海道での国内リゾート婚にかかる費用については「北海道で国内リゾート婚!費用やおすすめ時期を解説」の記事を参考にしてくださいね。

北海道

北海道で国内リゾート婚!費用やおすすめ時期を解説

2020年5月12日

 

軽井沢

東京から新幹線を使っておよそ1時間で行けるリゾート地の軽井沢。

沖縄や北海道と比べ、行きやすいため、ゲストを大勢招待したリゾート婚を叶えることができます。

特に5〜7月は新緑が写真映えする時期で、過ごしやすいためおすすめの時期と言えるでしょう。

秋の紅葉シーズンも人気になっているため、ふたりがどんな自然の中で結婚式を挙げたいか、どんな写真を残したいかでシーズンを選ぶといいでしょう。

軽井沢での結婚式に関しては「軽井沢での国内リゾート婚が魅力!おすすめ時期や注意点をチェック」の記事を参考にしてくださいね。

軽井沢

軽井沢での国内リゾート婚が魅力!おすすめ時期や注意点をチェック

2020年4月27日

 

国内リゾート婚の旅費はどうする?

沖縄

北海道や沖縄で結婚式を実施する場合、通常の結婚式と比べてかかる費用が旅費や宿泊費。

ふたりの分はもちろん、招待した家族やゲストの分も負担する場合が多いです。

ただし、家族の分は全額、友人の分は半額〜2/3程度を負担するといったカップルもいます。

なかには、あらかじめ人数分の旅費や宿泊費がついたパッケージプランもあるので、詳しくは無料相談カウンターや旅行会社で聞くといいでしょう。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

国内リゾート婚でお祝儀は受け取る?

ギフト券_商品券1

国内リゾート婚の場合、挙式+披露宴スタイルであれば、お祝儀制で実施する場合が多いです。

もちろん、披露宴を会費制の結婚式にすることで、お祝儀を受け取らないスタイルで実施することも可能。

特に北海道では、会費制での結婚式が一般的になっています。

会費制や挙式のみの場合でも、お気持ちということでお祝儀を持参するゲストがいます。

例えお祝儀が不要なスタイルの結婚式の場合でも、もしお祝儀を手渡されたら一度受け取り、後日内祝いという形でお礼の品を贈るといいでしょう。

 

国内リゾート婚の相場や予算まとめ

結婚式費用を貯蓄する口座

国内リゾート婚の費用や相場のまとめです。

  • 国内リゾート婚はおよそ150〜200万円で実施可能
  • 家族だけの招待や、挙式のみの場合は50万円程度
  • より詳しい見積もりは無料相談カウンターで聞くのが良い

 

国内リゾート婚にかかる費用は、平均でおよそ150〜200万円程度。

通常の挙式+披露宴の場合、平均で370万円程度かかるため、国内リゾート婚がリーズナブルなことがわかります。

しかし、かかる費用は、招待人数やエリアによって異なるので、詳しい見積もりは無料で利用できる式場探しの相談カウンターや旅行会社で聞くといいでしょう。

式場探しの相談カウンターで、特におすすめなのはハナユメウエディングデスク

沖縄・北海道・軽井沢といった国内リゾートエリアの結婚式場の紹介はもちろん、ハナユメ割で費用が安くなるのが魅力です。

国内リゾートエリアで結婚式を挙げるか、通常の挙式+披露宴を実施するか、迷っている人も一度相談してみるといいですよ。

→ハナユメウエディングデスクに無料相談を申し込む(公式サイトへ)

国内リゾート

国内リゾート婚の準備の流れや段取りまとめ!メリットやデメリットも解説

2020年6月5日
\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(9/30まで ※無料相談デスクの利用で金額UP!)

ゼクシィ→最大2万円分の商品券プレゼント中(10/23まで ※指輪探しで+0.6万円分の商品券も)

プラコレ→最大8.1万円分のクーポンプレゼント中(9/30まで ※当サイト限定で7.5万→8.1万円に増額中)

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの予約数)

マイナビウエディングフェア