結婚式を100万円以内で実施する方法を解説!

挙式会場
結婚式を挙げたいけれど、貯金がなく…100万円以内で実施することってできる?

ここでは、ブライダル業界で従事していた私が、結婚式を100万円以内で実施する方法を解説します。

数百人のゲストを呼んだ挙式+披露宴を実施すると、ほぼ確実に費用は100万円を超えてしまいます。

そのため、結婚式の招待人数を減らしたり、そもそも挙式+披露宴以外のスタイルを選ぶ必要があります。

\式場探しで商品券プレゼント/

結婚式を100万円以内にする方法まとめ

結婚指輪をつけたカップル

結婚式を100万円以内にする方法は下記の4つ。

  1. 20〜30人の少人数ウエディング
  2. 家族や親族だけと挙式+会食
  3. 挙式のみ+会費制ウエディング
  4. フォトウエディングにする

 

それぞれ詳しく解説しますね。

 

①20〜30人の少人数ウエディング

結婚式の招待ゲストを少なくすることで、費用を100万円以内に下げることが可能。

20〜30人程度にすることで、かかる費用を大幅に下げることができます。

また、挙式+披露宴のスタイルで実施することで、ゲストからいただいたお祝儀を結婚式の費用に充てることもできますね。

家族や親族の場合、友人ゲストよりも多くお祝儀をいただける傾向にあるので、手出しのお金が心配な場合、家族や親族を中心に招待するといいでしょう。

顔合わせの席

少人数結婚式の費用相場まとめ!スタイルや招待人数別に解説

2020年1月8日

 

②家族や親族だけと挙式+会食

結婚式を家族だけで行うのもひとつの手段。

挙式+会食パーティであれば、費用もかなり抑えることが可能。

実は挙式のみであれば、かかる費用は15〜20万円程度。結婚式は披露宴の費用が多くかかるのです。

その披露宴の代わりに、レストランや料亭で会食スタイルのパーティをすることで金額も大きく下がりますよ。

家族や親族だけなので人数も少なく、自己負担が少なくなるので、結婚式費用に悩むふたりにおすすめのスタイルです。

結婚式場の大聖堂

挙式のみの結婚式の準備の方法を解説【費用や流れもチェック】

2020年1月31日

 

③挙式のみ+会費制ウエディング

挙式に加え、パーティを会費制ウエディングで実施するのも費用を抑えるおすすめの方法。

先述の通り、結婚式の挙式は15〜20万円程度。費用の多くは披露宴にかかります。

その披露宴を、ゲストの会費で賄うパーティにすると、ふたりの自己負担はほぼなくなります。

ゲストは多く招待したいけど、費用が不安…そんなふたりにおすすめのスタイルになっています。

会費制ウエディングに関しては、下記の記事で詳しくお伝えしているので参考にしてくださいね。

会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!

2019年12月11日

 

④フォトウエディングにする

結婚式の代わりに、記念の写真を残すフォトウエディングも費用を安く抑えることが可能。

フォトウエディングであれば、ふたりだけでできるためスケジュールを合わせやすいです。

また、スタジオ撮影だけでなく、お気に入りのスポットでのロケーション撮影、新婚旅行で行くような沖縄などでの撮影も可能。

結婚式をそもそも挙げないでいいかな、と考えているふたりはフォトウエディングも検討してみるといいでしょう。

結婚式場のガーデンにある池

フォトウエディングのメリット・デメリットを解説!流れや業者の選び方まで

2020年3月6日

 

結婚式を少しでも節約する工夫点

結婚式費用の貯金

ここまで結婚式を100万円以内で実施する方法をお伝えしてきました。

100万円以内とはいかずとも、簡単にできることで節約につながることもあります。

  • 複数の式場で見積もりをもらって比較
  • ハナユメ割を活用する
  • ブライダルフェアの商品券キャンペーンを活用

 

それぞれ詳しくお伝えしますね。

 

複数の式場で見積もりをもらって比較

いくつかの結婚式場で悩んでいる人は、まずはブライダルフェアに参加して見積もりをもらいましょう。

もらった見積もりを比較・検討して、少しでも安い結婚式場に決めるといいでしょう。

また、もらった見積もりを本命の結婚式場に見せることで、値引きしてくれることもあります。

本命の結婚式場がある人は、見学順を最後にして、他の式場からまずは見積もりをもらって、費用の交渉をするといいでしょう。

下記の記事で、結婚式の値引き交渉の方法を解説しているので、これから式場探しをする人は参考にしてくださいね。

結婚式で使うピンク色のブーケ

結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ

2018年10月3日

 

ハナユメ割を活用する

ウエディングサイトのハナユメが提供しているハナユメ割を活用するのも、簡単にできる節約方法。

ハナユメ割の使い方としては、ハナユメのサイトやハナユメウエディングデスクを通じて、ブライダルフェアを予約するだけで適用になります。

割引額は結婚式場によって異なりますが、ハナユメ割によって100万円以上安くなる式場もあります。

特に半年以内の結婚式や、日曜日の結婚式などが大幅割引になることが多いよう。

ハナユメ割については「ハナユメ割とは?デメリットや条件を解説」で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

また、合わせてハナユメが実施中のブライダルフェアの商品券キャンペーンを使うと、よりお得に式場探しができますよ。

ハナユメ_キャンペーン_top

ハナユメのキャンペーン!商品券をお得に貰う裏技【20年9月】

2020年9月24日

 

ブライダルフェアの商品券キャンペーンを活用

ゼクシィやハナユメ、マイナビウエディングが実施中のブライダルフェアの商品券キャンペーンを使うのも節約につながるポイント。

どのサイトもブライダルフェアへの参加や式場決定で、数万円単位の商品券をもらうことが可能。

無料の結婚式場探しで高額の商品券がもらえるのであれば、使わない手はありませんね!

ブライダルフェアの商品券キャンペーンに関しては、下記の記事で最新情報をお伝えしているので、式場探しの前に必ずチェックしましょう。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【20年9月】

2020年9月24日

 

結婚式を100万円以内で実施する方法まとめ

挙式会場

結婚式を100万円以内で実施する方法のまとめです。

下記のように招待人数や結婚式スタイルを変えることで、費用も大幅に節約することができます。

  1. 20〜30人の少人数ウエディング
  2. 家族や親族だけとの会食
  3. 挙式のみ+会費制ウエディング
  4. フォトウエディングにする

 

どれも通常の挙式+披露宴とは異なるスタイルになるため、どのスタイル・方法がいいか迷ってしまうかもしれません。

迷ったときは、ふたりだけで考えるのではなく、無料で利用できる式場探しの相談カウンターを使うといいでしょう。

ゼクシィやハナユメ、マイナビウエディングの相談カウンターでは、ふたりの希望や予算にあった結婚式場やプラン、結婚式スタイルを紹介してもらえます。

利用料は無料なので、結婚式場探し・どんな結婚式がいいか迷ったら、一度使ってみましょう。

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で3つの相談カウンターを比較していますが、特に費用面にこだわる人はハナユメウエディングデスクがおすすめ。

先述の通り、ハナユメウエディングデスクを利用すると、結婚式費用が大幅割引になるハナユメ割が適用になります。

また、商品券キャンペーンも対象になっているので、費用に不安がある人はハナユメウエディングデスクを使って相談してみましょう。

→ハナユメウエディングデスクへ無料相談の予約をする(公式サイトへ) 

ハナユメウエディングデスクの外観

ハナユメの無料相談デスクとは?活用法と店舗一覧

2018年6月6日
\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(9/30まで ※無料相談デスクの利用で金額UP!)

ゼクシィ→最大2万円分の商品券プレゼント中(10/23まで ※指輪探しで+0.6万円分の商品券も)

プラコレ→最大8.1万円分のクーポンプレゼント中(9/30まで ※当サイト限定で7.5万→8.1万円に増額中)

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの予約数)

マイナビウエディングフェア