会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!

会費制ウエディングって、クオリティってどうなのかな?安く挙げられるとはよく聞くけど。。。

ここではブライダル業界で従事していた私が、会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説します。

これから会費制で結婚式を実施しようと考えている人は、ぜひお読みくださいね。

→会費婚に無料で結婚式の相談する(公式サイトへ)

\式場探しで商品券プレゼント/

そもそも会費制ウエディングとは?

結婚式_高砂_新郎席1

会費制ウエディングとは、ゲストからお祝儀でなく、会費をいただいて開催する結婚パーティのこと。

一般的な披露宴よりもカジュアル、かつ2次会のようにフランクでないため、1.5次会と呼ばれることも。

会費制にすることで、新郎新婦はもちろん、ゲストのお祝儀負担も軽くなるため、年々実施するカップルが増えている人気のウエディングスタイルになっています。

 

お祝儀制ウエディングとの違いは?

結婚式_ゲストテーブル

お祝儀制ウエディングとの大きな違いは、お金と雰囲気。

  • お祝儀制→お祝儀は人によって変動、しっかりめの雰囲気
  • 会費制→会費は全員一律(お祝儀よりも安い)、カジュアルな雰囲気

 

お祝儀制のウエディングの場合、友人であれば3万円、近しい間柄であれば5万円、親族であれば10万円のように、お祝儀の金額が人によって異なります。

しかし、会費制ウエディングの場合、会費は一律。招待人数に応じて集まる金額の計算が楽にできます。

また、結婚式の雰囲気も大きく異なるのが特徴。

形式化されたスタイルの多いお祝儀制ウエディングと比べ、会費制ウエディングはカジュアルな雰囲気の結婚式になります。

余興や進行も自由度があるため、自分たちの色を出しやすいウエディングスタイルと言えますよ。

 

会費制ウエディングのデメリット

結婚式の前菜

会費制ウエディングにはデメリットがあるので覚えておきましょう。

  • 豪華なおもてなしはできない
  • お祝儀制と比べ馴染みが薄い

 

それぞれ解説します。

 

豪華なおもてなしはできない

お祝儀制ウエディングでは、料理がフルコースであったり、飲み物にシャンパンがついていたりと豪華。

一方、会費制ウエディングではビュッフェスタイルで実施することもあったりと、一人ひとりに手厚い接客がない場合が多いです。(プランにより異なります)

ゲストへのおもてなしを重視したい場合は、お祝儀制ウエディングを取りましょう。

反面、カジュアルな雰囲気で楽しみたい場合は、会費制ウエディングがおすすめですよ。

 

お祝儀制と比べ馴染みが薄い

特に年配の親族や上司から見ると、会費制ウエディングは馴染みが薄いです。

カジュアルすぎる雰囲気だと、少し気にする年配者もいます。

会社関係を多く呼ぶ場合や、ゲストの年齢層が高い結婚式の場合は、お祝儀制にした方が混乱は少ないかもしれません。

 

会費制ウエディングのメリット

バルーンリリース1

ここまでデメリットを見てきましたが、会費制ウエディングはメリットの方が多いと個人的には考えています。

  • ゲストのお祝儀の負担が軽くなる
  • 新郎新婦の自己負担額も少ない
  • たくさんの人を招待できる
  • 引出物や引菓子の用意が不要

 

それぞれ見ていきましょう。

 

ゲストのお祝儀の負担が軽くなる

お祝儀制のウエディングの場合、友人は3万円、親しい間柄だと5万円や10万円とお祝儀の相場が決まっています。

しかし、会費制ウエディングの場合、会費を1.5万円〜3万円に設定できるので、ゲストの負担は軽くなります。

特に秋や春などは、結婚式の回数が多くなり「お祝儀貧乏」と呼ばれる状態になる人も少なくありません。

会費制ウエディングはゲストにも優しいシステムの結婚式の形ですよ。

 

新郎新婦の自己負担額も少ない

一般的に、会費制ウエディングの方がお祝儀制ウエディングよりも、新郎新婦の自己負担額も少なくなります。

例えばアールキューブのサービスである会費婚を使うと、自己負担額は5万円〜で実施可能。

しかも料金は会費をいただいた後の、後払い制度になるので、多額の貯金をする必要がありません。

結婚式はしたいけど、結婚式を実施する貯金がない…

そんな人は会費制ウエディングの利用を検討するのもありですよ!

会費婚_top

会費婚の口コミや評判まとめ!アールキューブの使い方も解説

2019年12月9日

 

たくさんの人を招待できる

お祝儀制ウエディングの場合、あらかじめ会場のサイズに合わせて招待人数を絞り込む必要があります。

一方、会費制ウエディングの場合、招待予定人数に合わせて、会場を決めたり、着席・立食といったスタイルを決めることが可能。

会費婚でも用意されているように、レストラン以外に大人数が入るホテルやゲストハウスでも実施できます。

招待人数に自由度があるのも会費制ウエディングの魅力と言えるでしょう。

 

引出物や引菓子の用意が不要

お祝儀制の結婚式では当然のように用意する必要がある引出物や引菓子。

これはお祝儀のお返しの意味合いが強いため、お祝儀のない会費制ウエディングでは用意が不要になります。

引出物や引菓子は、上司や親族、友人、夫婦で列席した人など、関係によって内容を変えて、発注する必要があります。

引出物・引菓子が不要になるだけで、結婚式の準備がかなり楽になりますよ。

 

会費制ウエディングの会場の探し方

結婚式の高砂

会費制ウエディングを実施する場合、会場探しは2つあります。

  • 気になる式場がある→ブライダルフェアで直接相談
  • 式場探しから迷っている→無料の相談カウンターを利用

 

それぞれ解説します。

 

気になる式場がある→ブライダルフェアで直接相談

もし気になる結婚式場がすでにあるなら、一度ブライダルフェアに参加して、直接式場の担当者に相談するのもあり。

ブライダルフェアに参加することで、お祝儀制か会費制で悩んでいる段階でも、結婚式場の雰囲気を確かめることができます。

結婚式場には会費制ウエディングのプランが用意されていることが多いので、見積もりをチェックして、決めていきましょう。

ブライダルフェアに参加する場合は、ゼクシィやハナユメ、マイナビウエディングを利用するといいでしょう。

これらのサイトでは商品券がもらえるキャンペーンも実施しているので、うまく活用することで節約につながりますよ。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【20年9月】

2019年9月20日

 

式場探しから迷っている→無料の相談カウンターを利用

会費制ウエディングをしたいけど、希望の会場は全く決まっていない…

そんな人は、一度無料で利用できる式場探しの相談カウンターを使いましょう。

式場探しの相談カウンターでおすすめなのは下記になります。

 

会費婚かお祝儀制か、結婚式のスタイルを迷っている人はゼクシィかハナユメ、マイナビの無料相談カウンターの利用がおすすめ。

3つの相談カウンターに関しては「結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で特徴やお得度を比較しているので、来店予約前にチェックしましょう。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

また、会費制ウエディングで必ず行うのであれば会費婚ラウンジがおすすめ。

式場の紹介はもちろん、準備の進め方や当日のサポートまでトータルで行ってくれます。

相談は無料なので、会費制ウエディングの式場探しに迷ったら利用しましょう。

→会費婚ラウンジに無料で結婚式の相談する(公式サイトへ)

 

会費制ウエディングのメリット・デメリットまとめ

結婚式のテーブル装花

会費制ウエディングのメリット・デメリットのまとめです。

会費制ウエディングのメリットはこちら。

  • ゲストのお祝儀の負担が軽くなる
  • 新郎新婦の自己負担額も少ない
  • たくさんの人を招待できる
  • 引出物や引菓子の用意が不要

 

また、デメリットもありますが、おもてなし面がお祝儀ウエディングに劣る場合があったり、そもそも馴染みが薄いというもの。

メリットとデメリットを比べると、個人的にはメリットが多いように感じます。

結婚式はふたりで作り上げていくもの。

希望の予算やスタイルを話し合って、後悔のない結婚式にしてくださいね!

結婚式で使うピンク色のブーケ

結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ

2018年10月3日

式場探しサイトのおすすめ比較ランキング【2020年最新】

2018年9月21日
\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(9/30まで ※無料相談デスクの利用で金額UP!)

ゼクシィ→最大2万円分の商品券プレゼント中(9/23まで ※指輪探しで+0.6万円分の商品券も)

プラコレ→最大8.1万円分のクーポンプレゼント中(9/30まで ※当サイト限定で7.5万→8.1万円に増額中)

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの予約数)

マイナビウエディングフェア