少人数結婚式のデメリットを解説【メリットも合わせて】

少人数の結婚式を考えているんだけど、人数を少なくするデメリットってある?身近に少人数ウエディングを実施した人がいなくて。。。

ここではブライダル業界で従事した私が、少人数結婚式のデメリットについて解説します。

もちろん、メリットもあるので、両方とも解説しますね。

\式場探しで商品券プレゼント/

少人数結婚式のデメリットまとめ

結婚式のゲストテーブル

まずは少人数の結婚式を実施する際のデメリットを抑えていきましょう。

  • 演出や余興が限られる
  • 自己負担費用が多くなる場合もあり
  • 挙式と披露宴の用意が別々で手間になることも

 

それぞれ簡単に解説していきます。

 

演出や余興が限られる

少人数の結婚式では、できる演出や余興が限られています。

大人数向けの会場では広さも十分ありますが、少人数向けの会場は演出用のスペースなどは用意されていません。

会場によってはプロジェクターも設置されておらず、映像演出などができないことも。

ふたりがやりたい演出や余興が既に決まっているなら、会場探しの際にできるかどうかを聞いておくことをおすすめします。

ちなみに少人数ウエディングの流れは、ほとんど大人数の結婚式と変わらないので、演出や余興をすることは可能ですよ。

結婚のお食事会のテーブル

少人数結婚式の流れや注意点をまるごと解説!

2020年1月7日

 

自己負担費用が多くなる場合もあり

少人数ウエディングの費用総額は大人数の結婚式と比べて高くなりません。

しかし、いただけるお祝儀の金額も少ないため、ふたりの自己負担額が多くなることも。

料理やドリンク代は人数によって変動しますが、会場利用料や着付料、ドレスレンタル代は人数と関係ないため、料金は大人数ウエディングと変わりません。

少人数の結婚式にかかる費用相場については「少人数結婚式の費用相場まとめ!スタイルや招待人数別に解説」の記事でご確認ください。

顔合わせの席

少人数結婚式の費用相場まとめ!スタイルや招待人数別に解説

2020年1月8日

 

挙式と披露宴の用意が別々で手間になることも

少人数の結婚式を会費制ウエディングで実施する場合、挙式と披露宴の準備を別々にする必要が出てくることも。

挙式は挙式会場と打ち合わせ、披露宴はパーティ会場との打ち合わせが必要と、準備に手間がかかってしまうこともあります。

もちろん、ひとつの会場で挙式+披露宴ができる場合もあるため、準備の手間が気になる人は、両方が揃っている式場を選びましょう。

両方が揃っている式場探しをする場合は、ウエディングサイトのキャンペーンを活用すると、よりお得に式場探しができますよ。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【20年7月】

2019年9月20日

 

少人数結婚式のメリットまとめ

風船の飾り

実際に、少人数結婚式ではデメリットよりメリットの方が多いです。

  • 費用総額が抑えられる
  • 大人数の結婚式と比べて準備が楽
  • 参列者とゆっくり過ごせる
  • アットホーム・カジュアルな雰囲気で実施可能

 

それぞれ解説していきます。

 

費用総額が抑えられる

大人数の結婚式と比べて少人数ウエディングは費用総額が安くなる場合がほとんど。

招待人数が少ない分、料理や飲み物にかかる費用が下がるので、費用は安くなりますね。

お祝儀に頼らず、ふたりの貯金だけで結婚式費用を賄うのであれば、少人数ウエディングにするのはおすすめです。

 

大人数の結婚式と比べて準備が楽

大人数の結婚式の場合、招待状や引き出物の用意を、人数分する必要があります。

一方、ゲストの招待人数が少ないと、その分準備物も少なくなります。

余裕を持って準備を進めたいふたりは、あえて少人数ウエディングにしてみるのもありですよ。

 

ゲストとゆっくり過ごせる

結婚式の悩みで挙げられるのが「参列者と会話をする時間がない」というもの。

しかし、少人数の結婚式にすることで、ゲストみんなとのトークを楽しむことができます。

余興や演出での盛り上がりよりも、ゲストとゆっくり過ごすことを重視したい人は少人数ウエディングがおすすめです。

 

アットホーム・カジュアルな雰囲気で実施可能

大人数の結婚式の場合、式の流れや進め方が他のカップルと同じようなものになりがち。

少人数ウエディングはより自由度が高いため、アットホームな雰囲気にしたり、カジュアルな結婚式にすることができます。

堅苦しい結婚式が苦手だったり、友人中心の少人数パーティであれば、人数を絞ってオリジナリティ溢れる結婚式を実施しましょう。

 

少人数結婚式のメリット・デメリットまとめ

結婚式の前菜写真

少人数ウエディングのメリット・デメリットのまとめです。

デメリットはこちら。

  • 演出や余興が限られる
  • 自己負担費用が多くなる場合もあり
  • 挙式と披露宴の用意が別々で手間になることも

 

一方、メリットの方が多いかなと思います。

  • 費用総額が抑えられる
  • 大人数の結婚式と比べて準備が楽
  • 参列者とゆっくり過ごせる
  • アットホーム・カジュアルな雰囲気で実施可能

 

ちなみに少人数ウエディングを実施するか、探し方に迷ったふたりは無料で使える式場探しの相談カウンターを利用してみるのがおすすめ。

式場探しはもちろん、見積もりの見方の説明や、見積もりチェックもしてくれるので、よりお得に式場探しが可能。

式場探しの相談カウンターについては「結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で比較しているので、ふたりに合ったサービスを使ってみてくださいね。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日
結婚式のテーブルセット

少人数結婚式は何人?挙式件数の割合も解説!

2020年1月9日
バルーンリリース1

少人数結婚式の定番の演出5選【悩む必要なし】

2020年1月16日
\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(7/27まで ※ハナユメ割で結婚式費用を節約できる!)

マイナビウエディング→4万円分の商品券プレゼント中(7/31まで ※式場決定が条件)

ゼクシィ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(7/21まで ※結婚指輪探しで商品券プレゼント!)

※集計期間:2020年6月1日〜6月30日(当サイトからの予約数)

ハナユメのキャンペーン マイナビウエディングフェア