少人数結婚式の流れや注意点をまるごと解説!

結婚のお食事会のテーブル

少人数での結婚式を考えているんだけど、当日の流れって通常の結婚式と同じ?注意点があれば教えて欲しい。。。

ここではブライダル業界で従事した私が、少人数結婚式の流れや注意点を解説します。

結論だけお伝えすると、「通常の結婚式の流れとほぼ同じだけど、自由度は高め」です。

一方、少人数の結婚式ならではの注意点もあるので、これから結婚式の詳細を決めていくふたりはしっかり読み込んでみてくださいね。

\2/10まで!商品券プレゼント中/
 

少人数結婚式の流れは一般的な披露宴と同じ

少人数の結婚式の場合、一般的な披露宴と流れはほぼ同じと考えて良いでしょう。

  • 新郎新婦入場
  • 新郎の挨拶
  • 乾杯
  • 歓談
  • 親族紹介
  • 花束贈呈
  • 新郎父親の挨拶
  • 新郎の挨拶
  • ゲストのお見送り

 

ケーキ入刀や友人の余興、新婦から母親への手紙などを盛り込むこともできます。

ただし、親族中心を招待した結婚式であれば、余興などを行わず、歓談中心にするカップルが多いようです。

結婚式は親族中心の少人数にして、友人は1.5次会パーティを別に開いて、カジュアルに楽しむといったスタイルもありですよ。

会費制で行うと、新郎新婦・ゲストの手出し負担も少なくすむというメリットもあります。

会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!

2019年12月11日

 

少人数結婚式の注意点3選

結婚式の高砂

少人数の結婚式を実施する際の注意点は下記の3点。

  • あまりご祝儀に頼れない
  • 会場選びにコツがいる
  • 招待できる人数が限られている

 

それぞれ解説していきます。

 

あまりご祝儀に頼れない

通常の結婚式と比べて、招待人数が少ない結婚式では、いただけるお祝儀の金額が少なくなってしまいます。

もちろん、招待人数が少ない分、料理や飲み物代の費用負担は少なくなります。

しかし、招待人数によって費用が変わらない項目があることを覚えておきましょう。

例えば、会場費や司会、フォトアルバム制作費などは通常の結婚式と同じ金額がかかってしまいます。

結婚式場でもらう見積もりと、いただけそうなお祝儀金額を計算して、手出し金額を計算するといいですよ。

手出し金額の計算方法については「結婚式の費用の自己負担はいくらかかる?【招待人数別に解説】」の記事で解説しているので、チェックしてみてくださいね。

結婚式の貯金

結婚式の費用の自己負担はいくらかかる?【招待人数別に解説】

2019年7月30日

 

会場選びにコツがいる

多くのホテル、ゲストハウスでは大人数向けの披露宴会場のほか、少人数向けの会場を備えている場合がほとんど。

しかし、まれに大人数向けの会場しか揃っていない式場があるのも事実です。

少人数結婚式の場合、あまりにも広い会場を選んでしまうと、空間がスカスカになってしまい、少し寂しく感じてしまうので注意が必要。

少人数結婚式の会場探しに悩んだ人は、無料で利用できる結婚式場探しの相談カウンターを利用しましょう。

式場探しの相談カウンターについては「結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で解説しています。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

招待できる人数が限られている

少人数結婚式向けの会場は、多くても60〜70人ぐらいまでしか入りません。

そのため、「誰を招待するか」で悩んでしまいがち。

「誰を招待するか」を重視するのであれば、まずは招待者リストを大まかに作って、人数に合わせて式場探しをしましょう。

これから式場探しを始める人は「結婚式場探し前に決めておくべきこと!話し合うべき5つのポイント」の記事で、まずはポイントを押さえるのがおすすめ。

ふたりの希望に合わせることで、自然と選ぶべき結婚式場が絞り込まれてきますよ。

結婚式場探し前に決めておくべきこと!話し合うべき5つのポイント

2018年11月15日

 

少人数結婚式の場合の挙式はどうする?

少人数結婚式の場合、挙式について悩む人も多いかと思います。

少人数結婚式の場合の挙式スタイルは下記のふたつに分けられます。

  • 挙式会場で挙式→披露宴へ
  • 披露宴会場と同じ場所で人前式

 

なかには、披露宴の余興のひとつとして人前式を実施する人もいます。

人前式は、参列したゲストが証人になって行う結婚式。

一方、同じ結婚式場内の挙式会場を利用して、神前式や仏前式を行う場合も。

挙式スタイルもふたりの希望によってアレンジできるので安心ですよ。

 

少人数結婚式の流れや注意点まとめ

顔合わせの席

まとめです。

  • 少人数結婚式の流れは通常の披露宴とほぼ同じ
  • 注意点①:あまりご祝儀に頼れない
  • 注意点②:会場選びにコツがいる
  • 注意点③:招待できる人数が限られている

 

少人数結婚式の流れは、通常の披露宴とほぼ同じ。むしろ少人数なので、余興や進行の自由度はアップします。

よりカジュアルな結婚式を行いたい人におすすめのスタイルです。

ただし、予算面や会場探し、招待人数で注意ポイントもあるので、ふたりの希望にあっているかどうかを考えて実施するといいでしょう。

少人数結婚式の会場探しや、どれくらい予算がかかるのか知りたい人は、無料で利用できる式場探しの相談カウンターを利用しましょう。

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で比較していますが、ハナユメウエディングデスクでは、キャンペーンで商品券がもらえる他、ハナユメ割で結婚式費用も安くなります。

関東・関西・東海・九州で少人数結婚式を考えている人は、ハナユメウエディングデスクで相談してみましょう。

→ハナユメウエディングデスクに無料で相談する(公式サイトへ)

顔合わせの席

少人数結婚式の費用相場まとめ!スタイルや招待人数別に解説

2020年1月8日
結婚式のテーブルセット

少人数結婚式は何人?挙式件数の割合も解説!

2020年1月9日

少人数結婚式のデメリットを解説【メリットも合わせて】

2020年1月14日
バルーンリリース1

少人数結婚式の定番の演出5選【悩む必要なし】

2020年1月16日