今月キャンペーンがお得な式場探しのサイトは?>>

結婚式の保険のおすすめは?ゼクシィのお守り保険プランがイチオシ!

銀行口座のチェック

結婚式が突然の延期や中止になった場合に備えて、保険って加入しておくべき?どんな保険がいいかな。

ここではブライダル業界で従事していた私が、結婚式の保険のおすすめを紹介します。

私自身、結婚式の保険に入らず無事に実施できましたが、もし保険に入るなら「ゼクシィの花嫁お守り保険プラン」に入るでしょう。

保険料も手頃なので、もし不安がある人は入っておくといいですよ。

 

\おすすめサイトまとめ/

おすすめサイト特徴独自割引キャンペーン

トキハナのロゴ
トキハナ

最低価格保証付きで結婚式が大幅割引
・交渉なし&即決不要で特典が全適用
・結婚式費用の最低価格保証
LINE限定の格安非公開プラン
ドレス最大50%オフクーポン
ハナユメのロゴ
ハナユメ
式場探しキャンペーンで最大5.3万円
・指輪探しで0.7万円
ハナユメ割最大6.0万円分の電子マネー
ウェディングニュースのロゴ
ウェディングニュース
フェア参加で最大9.4万円
・ブライダル保険も付けられる
最大9.4万円分のAmazonギフト券

マイナビウエディングのロゴ
マイナビ

婚約・結婚指輪探しキャンペーンがおすすめ
(最大1.3万円分)
直前オトクプラン
パッケージプラン
最大7.8万円分の電子マネー

結婚式の保険は必要?

結婚式のバルーンリリース

そもそも結婚式に保険に入る必要はあるのでしょうか。

私自身、保険への加入はしませんでしたが、費用に余裕があるふたりは入っておくといいでしょう。

実際に、友人の結婚式が中止や延期になることで、多額のキャンセル料や延期料を支払った例もあります。

特に結婚式の実施が近まったタイミングでの中止や延期は、キャンセル料も高額になります。

下記に、結婚式が中止や延期になる理由をまとめましたので、ひとつでも不安がある人は、保険への加入を検討しましょう。

もし、結婚式のために保険に入るのが手間と感じるふたりは、式場探しでウェディングニュースを使うのもあり。

ウェディングニュースを使ってフェア予約や式場決定をすると、最大500万円分のブライダル保険がつきます。

さらに、高額なギフト券がもらえるので、これから結婚式場探しをして、保険までつけるならウェディングニュースがおすすめです。

 

ウェディングニュースのキャンペーンTop

 

結婚式を中止や延期する理由や事例

顔合わせの席

結婚式を中止や延期にする理由で多いのが下記の4つ。

  • 天候、地震、災害
  • 妊娠中の緊急入院・自宅待機
  • インフルエンザや事故による入院
  • 身内の不幸

 

それぞれ解説しますね。

 

天候、地震、災害

予期せぬ悪天候や地震による災害などで、結婚式を中止や延期にするカップルは少なくありません。

いつどこで起きるかわからない震災は、予想もできず、そのタイミングで結婚式を開催しても100%幸せな気持ちになれるかと思うと、延期や中止にしたくなる気持ちはわかります。

 

妊娠中の緊急入院・自宅待機

ちなみに、妊娠中に結婚式を挙げるマタニティウエディングでも、出産が急に早まることで、緊急入院や自宅待機になり、結婚式を中止にせざるを得ないことも。

主役の新婦がいないのであれば、結婚式を実施するのも難しいですよね。

 

インフルエンザや事故による入院

新郎新婦や両親がインフルエンザにかかってしまい、自宅待機になってしまうことも。

特に冬のシーズンは、密室空間に多くの人が集まることで、大規模感染が起きることも。

欠席ができない新郎新婦や両親、兄弟がインフルエンザにかかったり、事故にあったりすることで、延期にするパターンも多いですよ。

 

身内の不幸

両親や祖父母の急なご不幸もいつ訪れるかわからないアクシデントのひとつ。

特に結婚式直前でのご不幸は、気持ちの整理もつかず、止むを得ず結婚式を中止・延期にすることも。

 

結婚式のキャンセル料はいくらかかるの?

結婚式のお金

結婚式のキャンセル料は、契約内容や結婚式によって異なります。

一例として私が結婚式を挙げた場合の契約書の内容を紹介すると下記の通り。

  • 前日〜当日:結婚式費用の100%
  • 1週間〜前々日:結婚式費用の80%
  • 1ヶ月〜1週間前:結婚式費用の60%
  • 3ヶ月〜1ヶ月前:結婚式費用の40%
  • 半年〜3ヶ月前:結婚式費用の20%
  • 半年前まで:結婚式費用の0%

 

半年前までのキャンセル料は0%ですが、手付金の10万円は返ってこないので、実質は0円ではありません。

仮に結婚式費用が400万円だった場合、前日や当日キャンセルになると、その費用がかかることに。

結婚式を実施していないので、お祝儀もないため、全て自腹で支払う必要があります。

特に結婚式が近まれば近まるほど、自腹で負担するキャンセル料は大きくなってくるので、保険に入っておきたくなる気持ちはわかります。

 

結婚式の保険のおすすめはゼクシィの花嫁お守りプラン

結婚式のテーブル装花

結婚式の保険のおすすめは、ゼクシィが提供している「花嫁お守りプラン」。

特徴は下記の通りです。

  • ウエディングサイト最大手のゼクシィが提供
  • 結婚式はもちろん、新婚生活の盗難や傷害もカバー
  • キャンセル費用の補償プランは1〜5万円とリーズナブル
  • 店頭での申し込みはもちろん、Webでの加入も可能

 

ゼクシィの花嫁お守りプランの特徴は、結婚式のキャンセル料を補償するプランの他、新婚生活や新婚旅行時のアクシデントをカバーする保険も充実している点。

6つのプランから好みに応じて、選ぶことができますよ。

→ゼクシィの花嫁お守りプランをチェックする(公式サイトへ)

 

結婚式の保険に加入するか迷ったら無料相談を活用

結婚式の保険に加入するか迷ったら、無料で利用できるゼクシィ保険ショップを活用しましょう。

ゼクシィ保険ショップでは今回紹介したゼクシィ花嫁お守りプランのほか、結婚後の家計の相談や保険の見直し、ライフプランニングの相談が無料でできます。

相談したカップルはこれまで4万組以上おり、実績も十分です。

相談ショップも全国にあるので、気軽に利用することができますね。

 

結婚式の保険のおすすめまとめ

銀行口座のチェック

結婚式の保険のおすすめのまとめです。

  • 結婚式の保険は予算に余裕が入ったら加入を
  • おすすめはゼクシィ花嫁お守りプラン
  • 加入を悩んだらゼクシィ保険ショップで相談を

 

結婚式の保険は、必ずしも必要というわけではありません。

しかし、突然やってくる災害や不幸、アクシデントで結婚式を中止・延期することは少なくありません。

結婚式を中止や延期にすると、多額のキャンセル料がかかるため、予算に余裕がある人は保険に加入しておくといいでしょう。

結婚式の保険のおすすめはゼクシィが提供している花嫁お守りプラン。

リーズナブルな掛け金で、結婚式のキャンセル料の補償を行ってくれますよ。

結婚式の保険の加入に迷ったら、無料で利用できるゼクシィ保険ショップを活用しましょう。

結婚式の保険はもちろん、新婚生活や新婚旅行、今後の家計のプランニングや相談も無料でできますよ。

ゼクシィ相談カウンター・保険ショップtop

\おすすめサイトまとめ/

おすすめサイト特徴独自割引キャンペーン

トキハナのロゴ
トキハナ

最低価格保証付きで結婚式が大幅割引
・交渉なし&即決不要で特典が全適用
・結婚式費用の最低価格保証
LINE限定の格安非公開プラン
ドレス最大50%オフクーポン
ハナユメのロゴ
ハナユメ
式場探しキャンペーンで最大5.3万円
・指輪探しで0.7万円
ハナユメ割最大6.0万円分の電子マネー
ウェディングニュースのロゴ
ウェディングニュース
フェア参加で最大9.4万円
・ブライダル保険も付けられる
最大9.4万円分のAmazonギフト券

マイナビウエディングのロゴ
マイナビ

婚約・結婚指輪探しキャンペーンがおすすめ
(最大1.3万円分)
直前オトクプラン
パッケージプラン
最大7.8万円分の電子マネー

 ゼクシィブライダルフェア