結婚式の前撮りの時期はいつが最適?シーズンごとのメリット・デメリットを解説

結婚式の前撮りをするシーズンっていつがいいとかある?やっぱり暑い夏は避けたほうがいいのかな?

ここでは前撮りをする時期・シーズンについて解説します。

結論だけお伝えすると「気候が安定している春・秋がイチオシ」です。

しかし、結婚式を実施する時期も踏まえて決めるのもひとつの手です。

 

\12/16まで!商品券プレゼント中/
 

前撮りの期限→式の2〜3ヶ月前には終わらせる

ドレス衣装

ちなみに前撮りをするのであれば、結婚式の2〜3ヶ月前には終わらせておきましょう。

理由としては下記の通り。

  • 結婚式の準備が忙しくなる前に済ませる
  • 早めに終わらせるとデータを映像演出や装飾に使える

 

前撮りの時期を考えるのも重要ですが、いつまでに終わらせておくべきかを考えるのも重要です。

前撮りの期限については「結婚式の前撮りはいつがベスト?期限を解説!」の記事で解説しています。

前撮りはいつがベスト?シーズンや時間帯、期限を解説!

2019年8月28日

 

前撮りの時期のおすすめ

海外ウエディング

前撮りにおすすめの時期は、気候で考えると秋と春。

移動しやすかったり、暑さも気にならないので、長時間の撮影になっても安心です。

また、気候以外に、結婚式を実施する時期と異なるシーズンに撮影するのもおすすめ。

例えば、結婚式は秋の紅葉の時期であれば、前撮りは桜の下で撮影するなど。

異なるテイストの写真を残しておくと、後々見返したときの楽しさが倍増しますね。

 

前撮りをする時期ごとのメリット・デメリット

基本的に前撮りをする時期でおすすめなのは気候が安定している秋と春。

しかし、どの時期もそれぞれメリット・デメリットがあるので解説します。

 

前撮りの時期①春

春に撮影するのであれば、やはり桜の時期がおすすめ。

通常のロケーション撮影でも桜が入っているだけで、印象がかなり変わります。

デメリットとしては、桜の開花時期の見極めが難しいことと、人気の日程は料金が上がってしまうこと。

特に土日で桜の開花が予想されている日程は、そもそも予約が取れない場合もあります。

  • メリット:気候が安定している、桜の下で撮影も可能
  • デメリット:人気の日程は見積もりが高額・予約が取れない

 

前撮りの時期②夏

暑さが厳しい夏の前撮り。

特に和装&屋外で撮影する場合は、暑さが厳しく、汗だくになってしまいます。

ロケーション撮影の場合は夏は避けるべきかもしれませんね。

しかし、夏空の青さはピカイチです。特に晴れの日のビーチでの撮影は、写真映えする一枚を残ることができますよ。

夏の前撮りは敬遠されがちなので、見積もりも安くなる傾向にあります。

  • メリット:見積もりが安め、ビーチでの撮影が映えやすい
  • デメリット:暑さが厳しく、移動しづらい・汗をかく

 

前撮りの時期③秋

春と同じく、気候が安定している秋の前撮り。

紅葉と絡めると、大人の雰囲気の写真を残すことができますよ。

ただし、春と同様に見積もりが高くなる季節でもあります。

紅葉の時期に加え、いい夫婦の日(11月22日)などに撮影する人は費用面に要注意です。

  • メリット:気候が安定している、紅葉の下で撮影も可能
  • デメリット:人気の日程は見積もりが高額・予約が取れない

 

前撮りの時期④冬

夏と同じく、あまり前撮りを実施するのに人気のない季節が冬になります。

冬の前撮りのデメリットは寒さですね。特にドレスで屋外の撮影になると、かなり寒くなります。

しかし、運が良ければ雪景色と交えて撮ることも可能。

雪景色であれば和装姿での撮影がよく合いそうですね。

結婚式の前撮りは和装がお得!おすすめする理由3選」の記事でも解説していますが、前撮りは和装の方がお得なので、ロケーション撮影を考えている人は冬を選ぶのもありです。

  • メリット:雪景色での撮影が可能
  • デメリット:寒さが厳しい

 

前撮りの時期まとめ

前撮りをする時期ですが、おすすめは気候が安定している秋と春。

しかし、どの季節もメリット・デメリットがあるため、それぞれ把握した上で季節を選ぶといいでしょう。

また、季節以外に撮影の時間帯も、残す写真のテイストに大きく影響を与えます。

撮影の時間帯については「前撮りの時間帯はいつがいい?撮影の所要時間も解説」の記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

結婚指輪をつけたカップル

前撮りの時間帯はいつがいい?撮影の所要時間も解説

2019年9月24日