結婚式費用の値引き交渉は契約後にも可能?

結婚式のゲスト用テーブルの装花

結婚式の値引き交渉って、契約後にもできるの?

ここでは、ブライダル業界で従事した経験もある私がこのような疑問にお答えします。

結論だけお伝えすると「契約後の値引き交渉はほぼできない」です。

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式の値引き交渉は契約前が原則

結婚式場のキャンドル

結婚式の値引き交渉は契約前までに完了させるのが原則です。

契約を一度してしまうと「提示された金額でOKを出した」と認識されるため、交渉のハードルがなかなか高いのが現状。

最初のブライダルフェアの時、ほかの結婚式場を見学した後、契約直前に値引き交渉をするようにしましょう。

 

結婚式の値引き交渉を契約後に行う方法

結婚式場に飾ってある花

結婚式の値引き交渉は契約前までが原則ですが、実は契約後に行う方法があります。

それが下記のふたつの方法。

  • 他の式場からさらに安い見積もりの提示があったと伝える
  • 契約後に他の安い会場のブライダルフェアに行ったと伝える

 

それぞれ詳しく見てみましょう。

 

他の式場からさらに安い見積もりの提示があったと伝える

契約後にやはり金額に納得がいかないと思ったら「見学した他の結婚式場からさらに安くなった見積もりが提示され、正直迷っている」と相談してみましょう。

手付金を払ったにも関わらず、迷っているということで式場側はとても焦ると思います。

結果、見積もりを再度作り直してくれる場合もあります。

もちろん、割引が限界まで下がっていたら、提示された見積もりより下がりませんが、交渉してみる余地はあると思います。

 

契約後に他の安い会場のブライダルフェアに行ったと伝える

もうひとつの契約後の値引き交渉としては「契約後に他の安い会場のブライダルフェアに行って、そっちが気になっている」と伝えること。

特にハナユメを使えば、結婚式費用の見積もりも安く出るので、契約後の値引き交渉の材料としては最適です。

これから契約後の値引き交渉を行おうと考えている人は、ハナユメを使って他の安い結婚式場を見学し、見積もりをもらいましょう。

もらった見積もりをもとに、再度交渉することで、今予約している結婚式場をより安くできる可能性があります。

→ハナユメで再度結婚式場を探してみる(公式サイトへ)

 

契約後の結婚式の値引き交渉まとめ

結婚式場の屋外の案内板

 

  • 他の式場からさらに安い見積もりの提示があったと伝える
  • 契約後に他の安い会場のブライダルフェアに行ったと伝える

 

上記二点を伝えることで、再度フェーズは結婚式場探しに戻るため、値引き交渉に応じてもらえる可能性は高いです。

しかし、割引の交渉の前に、「一度支払っている手付け金の分だけ、キャンセルしてしまうと損をする」という交渉があります。

そのため、他の会場でもらった見積もりとの差額が、手付金の金額以上に開いていると、契約後の交渉もスムーズにできます。

より安い見積もりを他の結婚式場からもらうには、ハナユメを使うのが一番です。

ハナユメを使って他の結婚式場のブライダルフェアに参加。その後見積もりをもらってして、キャンセルをちらつかせましょう。

本契約後に、他の結婚式場に変える人は実際にいるので、割引の見直しもしてる可能性も大きいですよ。