ブライダルカウンターを使うべき?デメリットとメリットを紹介

結婚式場探しでブライダルカウンターって使った方がいいのかな?デメリットってあるの?

ここでは、ブライダル業界で働いた経験のある私が、結婚式場探しで相談カウンターを使うメリット・デメリットをお伝えします。

結論から言うと、「結婚式の参列経験が少なかったり、結婚式を希望するエリアの知識がない人は使うべきですね。

しかし、デメリットもしっかり把握した上で利用しましょう。

ちなみにブライダルカウンターを使うなら「ハナユメウエディングデスク」がおすすめ。

理由としては、結婚式が格安になるハナユメ割が適用になったり、キャンペーンでもらえる商品券が高額だからです。

ハナユメのロゴ

ハナユメのキャンペーン!商品券を一番お得に貰う裏技-19年8月

2019年8月9日

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

ブライダルカウンター比較

結婚式の小物

結婚式場探しの相談カウンターは、大手ではゼクシィとハナユメ、マイナビウエディングの3つになります。

3つの相談カウンターを、商品券キャンペーンと独自プランの点から比較してみましょう。

  • ゼクシィ→キャンペーンは適用外
  • マイナビ→キャンペーンは適用、独自プランが少ない
  • ハナユメ→キャンペーンは適用、独自プランも豊富

 

このように、ゼクシィ相談カウンターはゼクシィが実施しているブライダルフェアで無料で商品券がもらえるキャンペーンの適用ではありません。

また、マイナビウエディングサロンは、キャンペーンの適用ですが、独自の割引プランや特典が少ないです。

そのため、いちおしはハナユメのハナユメウエディングデスク。

ハナユメウエディングデスクを使ってブライダルフェアに参加しても無料で最大3万円以上分の商品券をもらうことができます。

また、結婚式が格安になるハナユメ割や、フォトウエディング用のハナユメフォトなど、プランや割引が充実しています。

結婚式場探しで相談カウンターを使うなら、ハナユメウエディングデスクがおすすめです。

→ハナユメウエディングデスクの来店予約をする(公式サイトへ)

 

ブライダルカウンターを使うデメリット

ここからは結婚式場探しで相談カウンターを使うデメリットをチェックしましょう。

デメリットは大きく2つあります。

  • 紹介される結婚式場が少ないこともある
  • 時間がかかる+営業される

 

詳しく見ていきましょう。

 

紹介される結婚式場が少ないこともある

結婚式城探しの相談カウンターでは、運営する雑誌やサイトに紹介されている結婚式場しか紹介されません。

  • ゼクシィ→2500件以上
  • マイナビウエディング→1200件以上
  • ハナユメ→500件以上

 

このように、紹介されている結婚式場の数はゼクシィが最も多いです。

マイナビウエディングサロンやハナユメウエディングデスクにはないけど、ゼクシィ相談カウンターでは紹介される結婚式場があります。

数多くの結婚式場から選んでもらいたい人は、ゼクシィ相談カウンターを利用するのが無難でしょう。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

時間がかかる+営業される

結婚式場探しの相談カウンターは、一度の相談でおよそ90〜120分はかかります。

ふたりの貴重な休日なのに、2時間程度拘束されるのはデメリットです。

また、結婚式場探し相談カウンターは、結婚式場からの紹介料で運営されています。

そのため、できるだけ多くの結婚式場に送客しようと、営業される場合も。

相談カウンターで対応してくれるプランナーに営業されてしまう恐れがあることも覚えておきましょう。

 

ブライダルカウンターを使うメリット

次は結婚式王探しで相談カウンターを使うメリットです。

  • 効率的に結婚式場探しが可能
  • 指輪探しやドレス選びの相談もできる
  • 海外ウエディングの情報も得られる

 

詳しく見ていきましょう。

 

効率的に結婚式場探しが可能

結婚式場のブライダルフェアに参加すると、1回で3時間程度は拘束されてしまいます。

特に、「どの会場も気になるから見学しないと・・・」と思っていると、結婚式場探しに多くの時間を割くことになります。

しかし、結婚式場探し相談カウンターを利用すると、ふたりの希望やイメージにあった式場を3つ程度に絞ってもらえるので、結婚式場探しがより効率的になります。

さらに、雑誌やサイトの情報だけじゃわからないぶっちゃけトークも聞けたりと、利用するメリットは大きいです。

 

指輪探しやドレス選びの相談もできる

結婚式場探しの相談カウンターでは、結婚式場探しのほかに、婚約指輪・結婚指輪探しやドレス選びのアドバイスをもらうことができます。

そのため、指輪やドレスにしっかりこだわりたい人も、ショップ情報などを得ることができます。

最近では、新婚生活の保険の相談までできるようになっているので、相談できる内容の幅はとても広いです。

 

海外ウエディングの情報も得られる

ウエディング情報雑誌やサイトを見ても、海外ウエディングの詳細な見積もりや情報っていまいちつかめません。

しかし、相談カウンターは、海外ウエディングの詳しいプランや見積もり情報、どの斡旋会社を使ったらいいかなどを教えてくれます。

海外ウエディングに興味がある人は、相談カウンターで事前に情報を得ると、プラン探しもスムーズです。

特にハナユメウエディングデスクでは、人気のリゾート地の結婚式場の紹介をしてくれますよ。

→ハナユメウエディングデスクの来店予約をする(公式サイトへ)

 

ブライダルカウンターを利用する際のよくある質問

ブライダルカウンターは有料?

完全無料です。結婚式場探しの相談カウンターは、結婚式場が支払っている紹介料で運営されています。

ゼクシィ相談カウンターの利用料金は無料?相談できる内容は?

2018年2月28日

 

ブライダルカウンターを使ったら営業がされる?

結婚式場探しの相談カウンターは、結婚式場へカップルを紹介する代わりに、その対価として紹介料を受け取っています。

そのため、相談カウンターのプランナーもできるだけ多くの結婚式場に案内しようと営業される場合があります。

もちろん、案内された結婚式場のブライダルフェアへの参加を断ることもできるので、無理に行く必要は全くありません。

 

ブライダルカウンターのメリット・デメリットまとめ

結婚式場探しで相談カウンターを使うにあたっては、紹介される結婚式場の数が相談カウンターによって少なかったり、営業されたりとデメリットもあることをしっかり覚えておきましょう。

しかし、これまで結婚式への参列経験が少なかったり、希望するエリアの結婚式場に詳しくない人にとっては、効率的に探すサービスとして利用することをおすすめします。

特に関東・関西・東海・九州でおすすめはハナユメが運営する「ハナユメウエディングデスク」。

ハナユメウエディングデスクは、ブライダルフェアへの参加で最大3万円以上分の商品券がもらえるキャンペーンが使えたり、結婚式自体の費用が大幅割引になるハナユメ割が使えるなど、特典や割引が充実。

これから結婚式場探しでブライダルカウンターを使う人は、ハナユメウエディングデスクを利用して、お得に結婚式場探しを進めましょう。

→ハナユメウエディングデスクの来店予約をする(公式サイトへ)