マタニティウエディングの時期はいつがおすすめ?いつまでにすべきかも開設

結婚式の控室

授かり婚でマタニティウエディングを考えているんだけど、いつ頃までにすべき?適した時期があれば教えて!

ここではウエディング業界で従事していた私が、マタニティウエディングのおすすめの時期や期限を解説します。

結論だけお伝えすると「適した時期は安定期に入った5〜7ヶ月」です。

妊娠が進むとお腹も大きくなるので、妊娠5〜7ヶ月目あたりがいいでしょう。

\オンラインで無料相談も受付中/


ハナユメのキャンペーン
 

マタニティウエディングの時期はいつ?妊娠5〜7ヶ月目がおすすめ

マタニティウエディングを実施するのであれば、時期は妊娠5〜7ヶ月目あたりがおすすめ。

理由としては、妊娠の安定期に入っており、つわりも落ち着いている時期にあたるから。

また、妊娠8ヶ月以降になると、お腹も重くなり、移動が大変になります。

立ちっぱなしや座りっぱなし、衣装もきつくなるため、妊娠後期にはおすすめしません。

マタニティウエディングは妊娠安定期に入る5〜7ヶ月目が良いでしょう。

 

マタニティウエディングは、臨月は避けよう

結婚式場に並ぶ装花

マタニティウエディングで最も避けるべきは、出産予定月にあたる妊娠10ヶ月目。

臨月にあたる妊娠10ヶ月目はいつ赤ちゃんが生まれてもおかしくない状態になります。

結婚式は避け、リラックスして出産を迎えることをおすすめします。

 

マタニティウエディングはいつまでに予約すべき?

結婚式場をスマホアプリで検索

仮にマタニティウエディングを妊娠5〜7ヶ月目に実施するのであれば、その2〜4ヶ月前には予約しておきましょう。

結婚式は多くの人が1年〜10ヶ月前に予約しますが、準備や打ち合わせ自体は2〜3ヶ月で済みます。

もちろん、実施までの期間が短いと、希望の日取りや時間が選べない可能性はあります。

希望日に関しては、実際にブライダルフェアに参加して、結婚式場に聞いてみるといいでしょう。

ブライダルフェアや式場探しのコツについては下記の記事で解説しています。

結婚式_ゲストテーブル_装花

結婚式場探しのコツ!後悔しない選び方まとめ

2019年4月26日

 

マタニティウエディングの時期別の注意点

結婚式の待合ルームの装花

マタニティウエディングを実施するにあたり、時期によって注意点もあるので、押さえておきましょう。

 

妊娠初期(2〜4ヶ月目)

妊娠初期にあたる2〜4ヶ月目は、つわりがきつい時期にあたります。

そのため、結婚式は避けるべきでしょう。

もし妊娠発覚前に式場を予約しているのであれば、実施することになります。

その時はプランナーさんに妊娠していることを伝えると、結婚式中のフォローはしっかりしてもらえます。

 

妊娠中期(5〜7ヶ月目)

マタニティウエディングで最もおすすめなのは安定期に入る5〜7ヶ月目。

体調も比較的落ち着いている時期にあたるため、結婚式を実施するには適しています。

ただし、衣装選びには注意が必要。きつすぎるものは選ばず、サイズは少しゆとりを持って選ぶといいでしょう。

 

妊娠後期(8〜10ヶ月目)

妊娠後期にあたる8〜10ヶ月目は、体調は落ち着いているものの、お腹が重くなり、長時間の立ちっぱなし・座りっぱなしがある結婚式はおすすめしません。

ドレスもお腹が大きくなっているため、きつく感じてしまいます。

この期間に結婚式を実施するのであれば、衣装はよりゆとりあるものにし、時間を短くするなど無理のない進行で進めるようにしましょう。

 

マタニティウエディング以外の選択肢

結婚式場の大聖堂

マタニティウエディングをするか迷ったら、他の選択肢もあることを覚えておきましょう。

おすすめは下記の2つのスタイルになります。

  • パパママ婚
  • フォトウエディング

 

それぞれ簡単に解説しますね。

 

産後のパパママ婚

妊娠中に無理に結婚式をせずに、産後落ち着いたタイミングで結婚式を挙げるパパママ婚もひとつの手。

子どもが1〜2歳になった時期だと、生活も落ち着き、結婚式を挙げやすい環境になります。

マタニティウエディングは体調に変化が起きやすいのがデメリット。

産後のパパママ婚であれば、通常の結婚式のように式場探しにも、準備にもしっかり時間をかけることができますよ。

通常の流れの式場探しであれば、ウエディングサイトのキャンペーンも活用しましょう。

ブライダルフェアへの参加や結婚式の決定で、高額な商品券がもらえるチャンスです。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【20年3月】

2019年9月20日

 

フォトウエディング

結婚式の代わりにフォトウエディングを実施するのもおすすめ。

フォトウエディングはふたりの写真を残す結婚式スタイル。

フォトウエディングであれば、準備に時間もかからず、結婚式のように長時間立ったり、座ったりすることが少ないです。

急な体調の変化にも柔軟に対応でき、予約から実施まで短い期間でできるのがメリットになっています。

かかる費用も手頃で、急に妊娠が発覚して場合でも手出し金額が少なくて安心です。

フォトウエディングに関しては下記の記事で、準備の流れやメリット・デメリットを解説しているのでぜひチェックしましょう。

結婚式場のガーデンにある池

フォトウエディングのメリット・デメリットを解説!流れや業者の選び方まで

2020年3月6日

 

マタニティウエディングの時期に迷ったら相談カウンターを利用しよう

ハナユメウエディングデスクの外観

マタニティウエディングの時期や、そもそも結婚式をどうするか迷ったら、無料で利用できる結婚式場探しの相談カウンターを活用しましょう。

式場探しの相談カウンターでは、ふたりの希望や予算にあった結婚式場を、式場探しのプロが無料で手伝ってくれます。

マタニティウエディングの実施件数が多い結婚式場や選ぶ際の注意点なども教えてもらいますよ。

式場探しの相談カウンターは大手ウエディングサイトが各地で運営しているので、下記のページで比較して選ぶようにしてくださいね。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日

 

マタニティウエディングの時期まとめ

結婚式の控室

マタニティウエディングの時期についてのまとめです。

  • おすすめは安定期に当たる妊娠5〜7ヶ月
  • 体調が変化しやすい初期や、臨月にあたる後期は避けるべき
  • 産後のパパママ婚やフォトウエディングも検討を

 

マタニティウエディングを実施する時期におすすめなのは、体調も安定しやすい妊娠5〜7ヶ月。

反対に、体調の変化が激しい妊娠2〜4ヶ月目や、お腹が大きくなって移動がしづらい8〜9ヶ月目、臨月にあたる10ヶ月目は避けた方がいいでしょう。

無理に妊娠中に結婚式をせずとも、産後にパパママ婚として実施したり、妊娠中にフォトウエディングという形で写真を残すのもありです。

マタニティウエディングに関しては時期はもちろん、実施するかパートナーや式場探しの相談カウンターを活用して決めるといいですよ。

ハナユメウエディングデスクの外観

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?

2018年4月25日
マタニティウエディング

マタニティウエディングのデメリットや気をつけることまとめ!

2020年3月24日