結婚式の費用はいつ払う?払うタイミングとおすすめの払い方

結婚式の費用を支払うタイミングで悩んでいませんか?

多額の費用が発生する結婚式。支払うタイミングによっては大きな額の貯金が必要になります。

ここでは結婚式費用を支払うタイミングと支払い方法について詳しく解説します。

 

\12/16まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式の費用はいつ払うのか?

結婚式の費用を支払うタイミングは大きく3つに分かれます。

  • 前払い
  • 当日払い
  • 後払い

 

それぞれの特徴を解説します。

 

前払い

結婚式費用は、多くの会場が「前払い」での支払いを希望しています。

前払いの場合、カップルは招待ゲストからお祝儀をもらう前に結婚式費用の全額を払う必要があります。

結果的に、「結婚式を挙げる=多くの貯金が必要」となるのです。

貯金が足りない時は、親の援助を受けたり、ブライダルローンを組むという手段もあります。

ただ、できれば自分たちの貯金でどうにか支払いたいと思うでしょう。

その場合「結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ」の記事を参考に、少しでも結婚式費用を節約するのがおすすめですよ。

  • 前払いのメリット:式当日はお金のことを考える必要がない
  • 前払いのデメリット:お祝儀をもらう前に払うので、多額の金額の用意が必要

 

当日払い

もっとも少ないパターンでありますが会場によっては「当日払い」OKの式場もあ存在します。

この方法だと、その日もらったお祝儀え支払いができるので、多額の貯金が必要ありません。

しかし、支払いは当日なので、結婚式が終わってすぐに支払い作業が発生することに。

お祝儀が予想より足りない時などに、急ピッチで対処する必要があります。

カップル側も式場側もバタついているので、当日払いを採用している式場はあまりありません。

  • 当日払いのメリット:お祝儀に頼ることができ、多額のお金の準備が不要
  • 当日払いのデメリット:結婚式直後というバタついている中で支払うことになる

 

後払い

最近増え始めているのが、「後払い」。

支払いは、結婚式の翌日以降なので、もらったお祝儀の確認や不足分の準備までして支払うことが可能です。

当日払いと同じく、親の援助やブライダルローンに頼る必要がありません。

後払いだと、一度支払った後に追加が発生することもなく安心です。

ただ、結婚式が終わった後もしばらく費用を計算したり、不足分の調達などをしなくてはいけません。

ちなみにウエディングサイトのHIMARI(ヒマリ)を使うと、後払いできる結婚式場がすぐに検索できます。

HIMARI(ヒマリ)では自己負担額を基準に結婚式場探しができるので、費用を節約したい人にとってもおすすめのサイトですよ。

→HIMARI(ヒマリ)で式場探しをする(公式サイトへ)

  • 後払いのメリット:お祝儀を確認し、落ち着いて支払いができる
  • 後払いのデメリット:結婚式が終わってしばらくお金の計算が必要

 

結婚式の費用の支払い方法まとめ

結婚式費用の支払い方法は3つあります。

対応してもらえるかは選んだ会場次第になりますが、できれば式場見学時に確認しましょう。

ここでは結婚式費用の支払い方法をおすすめ順に紹介します。

 

クレジットカード払い

もっともおすすめの方法はクレジットカード払い。

特に支払いでポイントやマイルが貯まるクレジットカードを持っている人は、そのカードで支払うようにしましょう。

一回の支払いが数百万円単位の結婚式なので、貯まるポイントやマイルも桁違いに増えます。

支払う1ヶ月〜2週間前にはクレジットカード会社に、支払い限度額のアップを連絡しておきましょう。

クレジットカード会社も慣れているので、結婚式での支払いに必要と伝えると、限度額をアップしてくれることが多いです。

クレジットカードで支払うと、前払いでも実質現金の引き落としがあるのは結婚式後になります。

カードを挟むことによって「後払い」にして、お祝儀で支払うことが可能です。

ポイントやマイルも貯まるし、不足分以外で貯金を用意する必要がないため、クレジットカードでの支払いを一番におすすめします。

結婚式費用の支払いにおすすめのクレジットカードは「結婚式費用はカード払いがおすすめ!お得にポイントやマイルをゲットしよう」の記事をお読みください。

結婚式のお金

結婚式費用はカード払いがおすすめ!お得にポイントやマイルをゲットしよう

2018年12月27日

 

現金払い(口座振り込み)

中にはクレジットカード払いができない式場もあります。

そんな時は、現金で口座振り込みにしましょう。

数百万円もの現金を手で持って行くのはリスクが高いし、持っていっても数えるのが大変。

だったら、口座に一度入れて、支払った方が間違いもなく、リスクも低いです。

振り込み時には、手数料がかかりますが、安心料と思うようにしましょう。

 

ブライダルローン

貯金がなく、さらに前払い、そして頼る人もいない…そんな人はブライダルローンの利用も検討しましょう。

ローンは銀行でサービスを展開しています。

メリットは多額の費用を事前に用意する必要がないこと。

デメリットは返済で金利が付くので、その分さらに損してしまうことですね。

私自身、ブライダルローンの利用はおすすめしません。

結婚式_ゲストテーブル

ブライダルローンは後悔する!ローンを避けて支払う方法

2019年9月12日

 

結婚式の費用の支払うタイミングや方法はフェアで確認を

支払うタイミングと支払い方法は結婚式を挙げる式場ごとにルールがあります。

式場の予約後ではなく、できればブライダルフェアの時に確認するようにしましょう。

支払いタイミングと支払い方法を理解しておくと、式場とのお金に関するやり取りもスムーズになりますよ。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年12月】

2019年9月20日