ブライダルローンは後悔する!ローンを避けて支払う方法

結婚式_ゲストテーブル

ブライダルローンって使ったら、貯金なしでも結婚式できるよね?一応借りようかな。

ここではブライダル業界で従事している私が、ブライダルローンについて解説します。

結論だけお伝えすると「ブライダルローンは後悔するから利用はおすすめしない」です。

もちろん、貯金がない・少ない状況で結婚式を挙げるには不安もあるでしょう。

ここではブライダルローンを使わずに支払う方法や、できるだけ結婚式費用を節約する方法をお伝えします。

 

\12/16まで!商品券プレゼント中/
 

ブライダルローンは後悔するから利用は避けよう

顔合わせの席

ブライダルローンは、いわば一種の借金です。

結婚式は借金を背負ってまで実施するものではありません。

ブライダルローンを利用することによって、結婚式が終わってからの生活が苦しくなって後悔してしまうカップルも多くいます。

やるべきはブライダルローンを使わずに、自分たちで支払える範囲での結婚式はどんなスタイルか考えることですよ。

 

ブライダルローンで後悔する理由

結婚式_ゲストテーブル_装花

ブライダルローンを使うと後悔してしまう理由は主に下記の2点。

  • 新婚の生活費を圧迫する
  • ローンで生じる金利も損

 

それぞれ簡単に解説します。

 

新婚の生活費を圧迫する

ブライダルローンを組んで結婚式をすると、結婚式当日は幸せかもしれません。

しかし、終わった直後からローンの返済が始まるため、少なからず新婚生活の費用を圧迫することになります。

ローンで借りる金額や返済期間にもよりますが、しばらく返済する状況が続くのは間違いありません。

引越しや新婚旅行、家電など、新生活では様々なシーンでお金が必要になります。

ブライダルローンをしてしまうと、その後の生活が圧迫されることにもつながりかねないので注意が必要です。

 

ブライダルローンで生じる金利も損

ブライダルローンを使うということは、返済時に金利がかかってしまいます。

ブライダルローンを使わずに支払っているとかからないお金なので、もったいないですよね。

結婚式はかかる費用が高額のため、それに伴って金利分の費用も高くなってしまいます。

ブライダルローンは安易に利用しないほうが良いでしょう。

 

ブライダルローンで後悔しないための節約術

結婚式の貯金

私自身、ブライダルローンを使わずに結婚式を挙げて欲しいと思っています。

そのため、できるだけの節約術をまとめておいたので、一つでもいいので参考にしてみてください。

  • 使うウエディングサイトを工夫する
  • 自己負担額から式場を探す
  • 安い時期や日柄を狙う
  • 安い時間帯を狙う
  • お急ぎ婚にする
  • 挙式のみにする
  • 少人数ウエディングにする
  • 用意できるものは自作する
  • ドレスを一着にする
  • フォトウエディングにする

 

それぞれ解説していきますね。

 

使うウエディングサイトを工夫する

まずは結婚式場探しで使うウエディングサイトを工夫することから。

ウエディングサイトにはゼクシィやハナユメ、マイナビウエディングがあります。

そして。いずれのサイトでもブライダルフェア参加で商品券がもらえるキャンペーンを実施しています。

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ」の記事でも紹介していますが、まずは最新のキャンペーン情報をチェックして、活用しましょう。

ウエディングサイトで特におすすめなのは、商品券キャンペーンも充実しており、さらにハナユメ割で費用が大幅割引になるハナユメ

ハナユメのサイトハナユメウエディングデスクを経由して式場探しをするだけで、費用が安くなるので式場探しに使いましょう。

→ハナユメで式場探しをする(公式サイトへ)

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年11月】

2019年9月20日

 

自己負担額から式場を探す

結婚式にかかる自己負担額から式場を探すのもひとつの手。

ウエディングサイトのHIMARI(ヒマリ)を使うと、自己負担額が0円・〜50万円・〜99万円の3つのパターンで式場検索が可能です。

デメリットとしてはサービスを開始したばかりで、まだ式場数が少ない点。

しかし、かかる費用を重視して結婚式場やプランを探すことで、節約にはつながりますね。

→HIMARI(ヒマリ)で式場探しをする(公式サイトへ)

結婚式の貯金

HIMARI(ヒマリ)は自己負担額で挙式プランを探すことが可能!

2019年7月10日

 

安い時期や日柄を狙う

結婚式を実施する時期やお日柄にも注目しましょう。

  • 結婚式が安い時期→冬や夏
  • 結婚式が安いお日柄→仏滅

 

結婚式は時期やお日柄によって、かかる費用がかなり変わってきます。

人気のシーズンや良いとされるお日柄は、やはり費用が高くなってしまうので、節約するのであれば、人気のないシーズン・お日柄を選ぶといいでしょう。

結婚式場のシャンデリア

結婚式が安い時期と高い時期はある!100万円ほど価格も変わります

2018年3月26日

 

安い時間帯を狙う

結婚式の時間帯も費用に影響を与える要因になります。

  • 高い→昼間
  • 安い→夕方や朝一

 

始まる時間を早めにしたり、遅めにすることで、費用の節約が可能です。

時間帯を変えることでどれくらい安くなるか式場に聞いてみるといいですよ。

 

お急ぎ婚にする

結婚式までの準備期間を短くすると、費用は格段に安くなります。

先述した「ハナユメ割」も半年以内になると、割引金額が大幅に変わります。

結婚式の準備が本格的に始まるのは3ヶ月前。そのため、半年以内の結婚式でも、実は時間に余裕があるんです!

結婚式の節約を考えている人は、結婚式を半年以内にするのがおすすめですよ。

 

挙式のみにする

結婚式を挙式+披露宴のスタイルにせず、挙式だけにするのもひとつの手。

結婚式にかかる費用の大部分は披露宴。挙式だけであれば20万円程度で実施可能です。

挙式のみって安いの?費用を解説

2019年7月31日

 

どうしてもお披露目をしたい…そんな人は会費制の1.5次会にすると、費用の負担はありません。

1.5次会のレストラン探しについては「1.5次会の結婚式場探しサイトおすすめランキング」の記事でおすすめサイトをお伝えしているので参考にしてくださいね。

 

少人数ウエディングにする

結婚式の規模を小さくすると、その分かかる費用は少なくなります。

招待するゲストを友人中心から家族中心にして、お食事会形式で結婚式を実施すると、もらえるお祝儀額も減りますが、負担すべきお金も減ります。

また、会場をホテルやゲストハウスから、レストランに変更するだけでも、費用が節約できますよ。

 

用意できるものは自作する

結婚式で使う装飾品やプロフィールムービーなどは自作して持ち込むようにしましょう。

私自身、ウエルカムスペースの装飾やプロフィールムービー、式で使う音楽は自分たちで用意し、20万円近くの節約になりました。

招待状の宛名書きを自分たちで実施するなど、細かい作業を自分たちで行うことで、費用を極力抑えることが可能です。

結婚式場の装飾品

結婚式の費用がない!貯金なしの場合の節約法10選

2018年11月20日

 

ドレスを一着にする

結婚式で着る衣装の数も節約につながる要因です。

衣装を2着以上にすると、レンタル料と着付け料・ヘアメイク料が追加になります。

1着にすると一回分の着付け料とヘアメイク料になるので、節約になりますね。

どうしても他のドレスや衣装を着たいと思うなら、前撮りを実施すると安い金額で違った雰囲気の写真を残すことができます。

前撮りにかかる費用平均は11万円程度なので、結婚式でもう一着衣装を借りるより安くなる場合も多いです。

ドレス衣装

結婚式の前撮りの費用平均はいくら?安くするコツも紹介!

2019年9月2日

 

フォトウエディングにする

結婚式の代わりに写真だけを残すフォトウエディングにするのもあり。

フォトウエディングにかかる費用は10〜20万円程度。

結婚式にかかる費用は平均で372.4万円(ゼクシィ結婚トレンド調査2018首都圏版より)なので、比較するとかなり安く実施できることがわかります。

フォトウエディングを実施し、お披露目を会費制の1.5次会スタイルで行うと自己負担額も少なくできますよ。

結婚式で使うピンク色のブーケ

フォトウエディングの費用相場はいくら?節約方法も解説

2019年9月6日

 

ブライダルローンで後悔しないための支払い術

結婚式場の披露宴_高砂

ブライダルローンの利用を検討する前に、費用の支払い方法もチェックすべき。

式場によっては全額前払いのため、ブライダルローンを泣く泣く利用してしまうカップルもいますが、下記のような手段もあります。

  • クレジットカードで支払う
  • 後払い可能な式場を探す

 

それぞれ見ていきましょう。

 

クレジットカードで支払う

結婚式場では今なお前払いの制度が多いです。

お祝儀を受け取る前に、全額支払わないといけないパターンですね。

たとえ前払いの場合でも、クレジットカードで支払えないか聞いてみましょう。

クレジットカードで支払うことで、実際の現金の引き落としは翌月以降になります。お祝儀をもらった後に引き落とされるので、全額貯金する必要がないんですね。

また、ポイントやマイルが貯まるクレジットカードを使うと、総額の数%分貯まるので、お得度も高いです。

 

マイルを貯めて、それで新婚旅行に行くことも可能ですよ。

結婚式のお金

結婚式費用はカード払いがおすすめ!お得にポイントやマイルをゲットしよう

2018年12月27日

 

後払い可能な式場を探す

最近は後払いができる結婚式場も出てきました。

後払いだと、お祝儀をもらった後に支払うことができるため、多額のお金を事前に貯金しておく必要はありません。

後払いができる式場は、ブライダルフェアで直接聞く以外に「HIMARI(ヒマリ)」で検索可能。

HIMARI(ヒマリ)では後払いできるかどうかだけでなく、自己負担額や挙式日から式場・プランの検索ができるので、一度使ってみるといいでしょう。

→HIMARI(ヒマリ)で後払い可能な式場を探す(公式サイトへ)

ヒマリのトップ画面

HIMARI(ヒマリ)の使い方を解説!エイチームの新ブライダルサービスが登場

2019年6月11日

 

ブライダルローンで後悔する前に知っておくべき結婚式費用

結婚式場に並ぶ装花

ブライダルローンを使う前に、結婚式にどれくらいのお金がかかるのか知っておきましょう。

ゼクシィのトレンド調査2018首都圏によると、結婚式の費用の平均は372.4万円。

結婚式の費用の平均372.4万円から、お祝儀平均の224.8万円を引いた約150万円が自己負担額になります。

この自己負担額を貯金できればいいので、結婚式を先送りにして、まずは貯金をしてみるのも選択肢のひとつです。

結婚式は招待人数によって、かかる費用が異なってきます。

人数別の費用や手出し金額に関しては「結婚式の費用の自己負担はいくらかかる?【招待人数別に解説】」の記事で確認してくださいね。

結婚式の貯金

結婚式の費用の自己負担はいくらかかる?【招待人数別に解説】

2019年7月30日

 

ブライダルローンは後悔するから避けよう

バルーンリリース

まとめです。

  • ブライダルローンはデメリットが多い
  • ローンを頼らず節約を考えた方が良い
  • 支払い方法で多額の貯金が不要な場合もある

 

ブライダルローンは、結婚式後の生活費用を圧迫することにつながるので、利用は避けましょう。

ブライダルローンを使うよりも、下記のような方法で節約をするのがおすすめ。

  • 使うウエディングサイトを工夫する
  • 自己負担額から式場を探す
  • 安い時期や日柄を狙う
  • 安い時間帯を狙う
  • お急ぎ婚にする
  • 挙式のみにする
  • 少人数ウエディングにする
  • 用意できるものは自作する
  • ドレスを一着にする
  • フォトウエディングにする

 

もちろん、支払い方法をクレジットや後払いにすることで、多額のお金を貯金する必要もなくなりますよ。

ブライダルローンを使うことなく、幸せな結婚式を実施できることを願っています。