夏の結婚式は迷惑?メリットとデメリットを解説!

結婚式のバルーンリリース

夏に結婚式を実施しようと思うんだけど、暑いし迷惑かな?でも、秋や春の結婚式は高いし、悩みどころ。。。

ここではブライダル業界で従事していた私が、このような疑問にお答えします。

確かに夏の結婚式は暑いため、ゲストの移動などが少し心配ですよね。。。

しかし、工夫次第で夏の結婚式も迷惑かけずに快適に行うことができます!

実際私自身も、夏に結婚式を挙げたので、実体験を踏まえて、夏の結婚式を迷惑をかけずに行う方法をお伝えします。

\12/16まで!商品券プレゼント中/
 

夏の結婚式は迷惑?口コミをチェック

海外ウエディング

夏の結婚式は迷惑なのか、Twitterにいくつか口コミがあったので紹介します。

 

 

 

やはり暑さに関する口コミが多く見られました。

しかし、服装をアロハシャツにしたり、カジュアルにすることで暑さを回避するカップルも。

必ずしも「夏の結婚式=迷惑」にはならないようで、工夫次第で素敵な結婚式にできそうです。

 

夏の結婚式のメリットとデメリット

結婚式の新郎新婦の足元

ここからは夏に結婚式を実施するメリットとデメリットを解説します。

 

夏の結婚式のメリット

夏に結婚式を挙げるメリットは下記の通り。

  • 結婚式の費用が安い
  • 予約が取りやすい

 

それぞれ解説します。

 

結婚式の費用が安い

夏は暑さから多くのカップルが結婚式を避けるシーズンになります。

その分、費用は人気の秋や春シーズンに比べて、格段に安くなります。

結婚式費用に不安がある人は、夏シーズンを選ぶことで割引も大きくなるので、おすすめですよ。

結婚式の費用の節約や値引き交渉のコツについては「結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ」の記事で解説しているので、合わせて参考にしてください。

結婚式で使うピンク色のブーケ

結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ

2018年10月3日

 

予約が取りやすい

夏の結婚式は費用が安いことに加え、予約が取りやすいこともメリット。

人気シーズンの土曜日なんかは、予約が取れずに、希望の日程でできなかった遠いうカップルも多くいます。

その点、夏の結婚式はライバルも少ないため、比較的予約が取りやすいと言えるでしょう。

もし、時期を夏にすることが決まっているのであれば、HIMARI(ヒマリ)というサイトを使うと良いでしょう。

HIMARI(ヒマリ)は空き日程で式場検索ができる!」の記事でも解説していますが、HIMARI(ヒマリ)では式場の空き日程や自己負担額から式場やプランの検索が可能。

さらにスマホでそのまま仮予約ができるため、希望の日時を式場に行かずとも抑えることができますよ。

夏のシーズンで式場やプランを検索して、仮予約後に実際に見学に行って本予約しましょう。

→HIMARI(ヒマリ)で夏の結婚式をチェックしてみる(公式サイトへ)

ヒマリのトップ画面

HIMARI(ヒマリ)の使い方を解説!エイチームの新ブライダルサービスが登場

2019年6月11日

 

夏の結婚式のデメリット

夏の結婚式には費用面や空き具合のメリットもありますが、デメリットもあります。

  • 暑くて移動が大変
  • 屋外演出なども苦労する

 

それぞれ説明します。

 

暑くて移動が大変

一番のデメリットは暑さです。

夏の暑い日はゲストの移動はもちろん、ふたりや家族の移動も一苦労しますね。

特に男性は服装がスーツなので、より暑さが気になるでしょう。

 

屋外演出なども苦労する

同じく、演出でガーデンやビーチなどを利用する際も、暑さが気になり、演出どころじゃないです。

特にゲストハウスは窓を大きく設計されているところが多く、日差しの強さにも要注意。

ただし、暑ささえ克服すれば、夏の結婚式は快適です。

ここからは夏の結婚式を迷惑と思われない工夫ポイントを解説していきます。

 

夏の結婚式を迷惑と感じさせない工夫点!

結婚式の料理

夏の結婚式を迷惑と感じさせない工夫点はこちら。

  • 式場を駅近にする
  • 会場はホテルがおすすめ
  • 夕方の涼しい時間帯に実施する
  • ドレスコードをアロハシャツやカジュアルスタイルにする

 

それぞれ見ていきましょう。

 

式場を駅近にする

夏の結婚式は暑さで移動が大変です。

ゲストの移動を極力減らすために駅近や駅直結の結婚式場を選ぶといいでしょう。

移動が少ない分、暑さを感じることを減らせる工夫点になります。

 

会場はホテルがおすすめ

夏の結婚式の場合、日差しがたくさん入ったり、屋外の移動があるゲストハウスを避け、ホテルを選ぶといいでしょう。

ホテルの披露宴会場は、会場が広く、窓が一切ない会場もあるため、空調だけで涼しく調整することが可能。

いつのシーズンに挙げても、同じような感覚で結婚式を楽しむことができます。

会場選びのタイミングでホテルに絞り込むと、効率的に式場探しができますよ。

これから結婚式場探しをする人は「結婚式場探しのコツ!後悔しない選び方まとめ」の記事で、押さえるべきポイントを解説しているので、参考にしてくださいね。

結婚式_ゲストテーブル_装花

結婚式場探しのコツ!後悔しない選び方まとめ

2019年4月26日

 

夕方の涼しい時間帯に実施する

結婚式の実施時間を人気の昼間から夕方にずらしてあげるのもおすすめ。

夕方に挙式をスタートさせ、ディナータイムに合わせて披露宴を実施すると、涼しい中で結婚式を行うことが可能です。

涼しい時間帯にすることで、暑さも少し和らぐため、昼間よりも快適に結婚式を執り行えますよ。

 

ドレスコードをアロハシャツやカジュアルスタイルにする

ドレスコードをアロハシャツやカジュアルスタイルにすることで、ゲストの負担を減らすことも有効です。

スーツやタキシードを着なくてはいけない男性は、服装をカジュアルにしてもらうと、本当に助かると思います。

最近では服装の縛りをなくして、自由度の高い結婚式を希望するカップルもいるので、話し合ってみるのもありですね。

 

夏の結婚式は迷惑?メリット・デメリットまとめ

結婚式のドレス小物

夏の結婚式のまとめです。

  • メリット:費用が安い、予約しやすい
  • デメリット:暑さで移動や演出が厳しい
  • 工夫点:会場を駅近のホテルにしたり、時間帯や服装を工夫する

 

夏の結婚式の最大の問題点は暑さになります。

そのため、暑さを克服できると、夏でも快適な結婚式を叶えることができますよ。

夏の結婚式は費用を安く抑えることができるので、節約派のカップルにおすすめです。

費用を抑えつつ、工夫するポイントを取り入れて、夏でも快適な結婚式を挙げましょう!

また、これから結婚式場探しをする人はウエディングサイトの商品券がもらえるキャンペーンを活用すると、さらに節約につながります。

無料のブライダルフェアに参加するだけで4万円近くの商品券がもらえるので、利用しない手はありません!

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【最新情報】」の記事で現在実施中のキャンペーン情報をお伝えしているので、式場探しを始める前にチェックしてくださいね。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年12月】

2019年9月20日