会費婚のパッケージプランの内容を解説!【プランはふたつあり】

結婚式のケーキ入刀

会費婚を使って、会費制ウエディングを実施しようと思うんだけど、プランには何が含まれているの?安いから、実は内容がスカスカだったりする…?

ここではブライダル業界で従事していた私が会費婚のパッケージプランに含まれているものや、使う際の注意点について解説します。

これから会費婚を使って式場探しをする人はチェックしてくださいね。

→会費婚のパッケージプランを早速チェックする(公式サイトへ)

 

\式場探しで商品券プレゼント/

会費婚のパッケージプランはふたつあり

顔合わせの席

会費婚のパッケージプランは大きく2つのプランが用意されています。

  • 自己負担5万円プラン
  • 自己負担25万円プラン

 

プランによって含まれる内容も変わるので、それぞれ解説します。

 

会費婚のパッケージプラン①自己負担5万円プラン

会費婚の自己負担5万円パッケージプランには下記のものが含まれています。

  • 料理・飲み物
  • ウエディングケーキ
  • 新郎新婦控え室
  • 専属プランナー
  • カメラマン
  • 音響オペレーション
  • 司会者
  • 介添
  • ヘアメイク
  • 装花・ブーケ・ブートニア
  • プチギフト(400円)
  • 芳名帳
  • 案内人前式
  • 結婚証明書
  • ウェルカムボード
  • 招待状・席次表・席札

 

注意点としては、会費制ウエディングということなので、神父さんがいる教会式ではなく、人前式になっていること。

会費制ウエディングでも挙式にこだわりたいという人はプランは使えないので注意が必要です。

しかし、結婚式を実施するアイテムは全てそろっているのは魅力。

さらに自己負担5万円+ゲストの参加会費だけで結婚式を叶えることができるので、かなり安いと言えます。

→会費婚のパッケージプランをチェックする(公式サイトへ)

 

会費婚のパッケージプラン②自己負担25万円プラン

5万円のパッケージプランにウエディングドレスとタキシードがついた自己負担25万円のパッケージプランも用意されており、こちらの方が人気です。

  • 料理・飲み物
  • ウエディングケーキ
  • 新郎新婦控え室
  • 専属プランナー
  • カメラマン
  • 音響オペレーション
  • 司会者
  • 介添
  • ヘアメイク
  • 装花・ブーケ・ブートニア
  • プチギフト(400円)
  • 芳名帳
  • 案内人前式
  • 結婚証明書
  • ウェルカムボード
  • 招待状・席次表・席札
  • ウエディングドレス
  • タキシード

 

ドレスとタキシードは40万円分の衣装から選ぶことができるので、差額の20万円分を考えてもお得ですね。

確かに、ドレスとタキシードを自分たちで用意するとなると、衣装屋さんに足を運び、レンタルする必要になるため、手間がかかってしまいます。

効率的に準備を進めるのであれば、25万円プランを使うのはありです。

→会費婚のパッケージプランをチェックする(公式サイトへ)

 

会費婚のパッケージプランを使える会場数は130以上

結婚式_装花

会費婚のパッケージプランは、会費婚と提携している結婚式場でしか利用できません。

会費婚が可能な結婚式場は、関東・関西・東海・福岡で合計130以上。

式場のタイプもホテルやゲストハウス、レストンランなど様々なので、ふたりの希望の雰囲気にあった式場を選ぶことができます。

会費婚の口コミや評判まとめ!アールキューブの使い方も解説」の記事で、会費婚の口コミや評判をまとめているので、利用する前にぜひチェックしてくださいね。

会費婚_top

会費婚の口コミや評判まとめ!アールキューブの使い方も解説

2019年12月9日

 

会費婚のパッケージプランにないものの持ち込み料は無料

結婚式場に並ぶ装花

パッケージプランにないけど、自分たちで作って持ち込むことはできるの…?

会費婚のパッケージプランになく、自分たちで用意するものに関しては、無料で持ち込みが可能

受付の装飾品や、テーブルに置くアイテムなど、DIYして持ち込みましょう。

通常の結婚式ではアイテムに応じて高額の持ち込み料がかかってしまいます。

持ち込み料に関しても、会費婚のパッケージプランはお得と言えるでしょう。

ただし、会費制ウエディングにはデメリットもあります。詳しくは「会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!」の記事で解説しているので、デメリットも知った上で実施するか決めましょう。

会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!

2019年12月11日

 

会費婚のパッケージプランまとめ

結婚式のバルーンリリース
  • 会費婚のパッケージプランは2つあり
  • 5万円プラン→最低限のアイテムあり、ドレス・タキシードなし
  • 25万円プラン→最低限のアイテムあり、ドレス・タキシード付き

 

会費婚のパッケージプランは自己負担5万円・25万円のふたつが用意されており、人気なのは25万円プラン。

含まれる内容に差はそこまでありませんが、20万円の差額で、40万円分のドレス・タキシードが付いているので、かなりお得ですね。

パッケージプランを使うことで、結婚式の準備も効率的に進めることが可能。

これから会費婚を使う人はプランを利用しつつ、結婚式をお得に挙げましょう。

→会費婚のパッケージプランをチェックする(公式サイトへ)