結婚式費用の内金はいくらぐらい?予約時に用意すべき金額

結婚式の会場を予約する時に支払う「内金」っていくら必要?

結婚式上探しに夢中になって、予約時に内金がいることを知らない人も多いようです!

ここでは、結婚式費用の内金について、詳しくお伝えします。

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式費用の内金は10万円のところが多い

結婚式場を決めたら、早速予約をします。その時に「内金」が必要になるのです。

しかし、この内金ですが、式場によって金額が異なります。

多くの会場が「10万円」で設定しているようで、僕も10万円でした。

しかし、式場によっては20万円の場合もあります。

いづれにしても、内金はすぐに準備できるような少ない金額ではありません。

内金の金額はブライダルフェアや式場見学時に確認しておくと、予約時がスムーズですよ。

 

内金なので、結婚式費用の総額から払った分は引かれる

この内金ですが、最終的に結婚式の見積もりに反映されるので安心してください。

結婚式費用の総額が例えば300万円だった場合、10万円引かれた290万円を結婚式の前後に支払うことになります。

結婚式の費用はいつ払う?払うタイミングとおすすめの払い方

2018年2月17日

 

内金が返ってこない場合があるとすれば、それは結婚式を挙げずにキャンセルしてしまった場合です。

よくあるのが、予約し、内金を支払った後に他の結婚式場へ見学に行き、惚れ込んでしまった時などです。

そのような時は、せっかく支払った内金は返ってきません。

予約する際・内金を支払う際は、結婚式場をよく検討した上で決めるようにしましょう。

景色を楽しむ新郎新婦

ブライダルフェアの参加回数のおすすめは3回!

2018年2月22日

 

結婚式費用の内金の支払いは現金?クレジットカード?

内金の支払い方法ですが、こちらも会場によって異なります。

今は現金に加えて、クレジットカードでの支払いも可能になった会場もありますが、まだ現金のみといった会場もあります。

個人的なおすすめはクレジットカードですね。

特にポイントやマイルがつくクレジットカードを持っている人は、支払い金額も高めなので、カード支払いをしましょう。

支払い方法も、内金の金額と合わせてブライダルフェア時に聞いておきましょう。

 

まとめ

・内金は10万円の会場が多い(会場によって異なる)
・支払った内金は、結婚式費用の総額から引かれる
・支払い方法はクレジットカードがおすすめ

結婚式場探しをする際に、まず大きなお金の用意が必要なのが内金になります。

ブライダルフェア参加時に、金額・支払い方法はぜひ確認しておきましょう!

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年10月】

2019年9月20日