ブライダルフェアは平日の夜が狙い目!おすすめする3つの理由

結婚式のテーブル

ブライダルフェアって平日夜に開催されている?土日とどっちがいいの?

ここではブライダル業界で従事したこともある私が、平日の夜に開催されているブライダルフェアのメリットとデメリットについてお伝えします。

結論からお伝えすると「落ち着いて話が聞きたい・見学したい人は平日夜のブライダルフェアがおすすめ」です。

詳しく見ていきましょう。

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

ブライダルフェアに平日の夜に参加するメリット

結婚式場に並ぶ装花

まずはブライダルフェアに平日の夜に参加するメリットをチェックしましょう。

先ほどもお伝えした通り「落ち着いて話が聞きたい・見学したい人は平日夜のブライダルフェアがおすすめ」です。

その理由は下記の通り。

  • 土日より予約が取りやすい
  • 時間を取って会場見学ができる
  • 試食会でデート気分を味わえる

 

詳しく見ていきましょう。

 

土日より予約が取りやすい

平日夜のブライダルフェアは土日よりも参加者が少ないため、比較的予約が取りやすいです。

そのため、急に二人の予定が合ったタイミングでブライダルフェアに参加しようとしても、すぐに行くことができます。

反対に土日のブライダルフェアには多くのカップルが足を運ぶため、人気のフェアなどは満席になることもあるので注意が必要です。

 

時間を取って会場見学ができる

平日の夜は、土日と比べて人が少ないため、ふたりのペースでゆっくり会場見学をすることが可能です。

土日であれば一つの会場を見学する時間が決まっており、急かされることもありますが、平日はその心配はありません。

また、プランナーさんも手が空いているため、ゆっくり見積もりの交渉などをすることもできます。

結婚式場の披露宴の装花

式場見学の所要時間はおよそ3〜4時間!予定の組み方に注意

2018年2月19日

 

試食会でデート気分を味わえる

ブライダルフェアでは多くの場合、婚礼料理の試食会を実施しています。

そのため、平日の夜にブライダルフェアに参加すると、豪華なディナーをデート気分で楽しむことができるのです。

もちろん、料理試食会は無料。

無料で平日の夜にちょっとリッチな気分が味わえるのは、ブライダルフェアに平日夜に参加するメリットですよ。

結婚式の待合ルーム

ブライダルフェアはデート気分で行っても大丈夫!楽しむ方法まとめ

2018年8月3日

 

ブライダルフェアに平日の夜に参加するデメリット・注意点

結婚式の小物

ここまでブライダルフェアに平日の夜に参加するメリットを見てきましたが、注意点やデメリットもあります。

  • 試食会がない場合もあり
  • 大幅割引や特典がないこともあり

 

詳しく見ていきましょう。

 

試食会がない場合もあり

ブライダルフェアでは多くの場合、試食会を実施しています。

しかし、結婚式場によっては試食会は土日や祝日のブライダルフェアに限定しているところも。

平日夜のブライダルフェアで試食会を実施していない結婚式場もあるので、注意が必要です。

ブライダルフェアで何が実施されているかは、予約時にウエディングサイトで確認しておきましょう。

結婚式場の披露宴_料理

ブライダルフェアは試食目当てでもOK?参加時の注意点まとめ

2018年11月7日

 

大幅割引や特典がないこともあり

試食会と同様に、平日夜のブライダルフェアでは大幅割引や特典がつかない場合もあります。

結婚式場側が提供する特典や大幅割引は、ブライダルフェアの集客用に用意されることが多く、必然的に土日のフェア限定になる場合が多いです。

もしふたりが、式場の大幅割引や特典を狙うのであれば、土日のフェアに行くか、平日夜のフェアでプランナーに交渉しましょう。

 

ブライダルフェアに平日夜に参加するまとめ

結婚式のテーブル

ブライダルフェアに平日夜に参加するのは、「落ち着いて話が聞きたい・見学したい人」におすすめです。

反対に大幅割引や特典を狙う場合は、土日や大型連休のフェアに参加するのが無難と言えます。

平日であっても土日であっても、ブライダルフェアを予約する際は、ウエディングサイトが実施している商品券キャンペーンを利用し、無料で高額の商品券をもらいましょう。

特におすすめはハナユメ。

ブライダルフェアへの参加で高額の商品券がもらえるほか、結婚式そのものが格安になる「ハナユメ割」があるからです。

少しでも結婚式を安く抑えるのであれば、ハナユメの利用がおすすめです。

→ハナユメの商品券キャンペーンの最新情報をチェックする(公式サイトへ)