結婚指輪はダイヤなし?あり?メリット・デメリットを解説

結婚指輪_重ね

結婚指輪を買おうと思うんだけど、ダイヤはなしとあり、どっちがいいの?メリットやデメリットについても知りたいな。。。

ここではブライダル業界で従事していた私が結婚指輪のダイヤの有無に関して解説します。

結論からお伝えすると「結婚指輪はダイヤありで、小さめのものがおすすめ」です。

ちなみに結婚指輪を探す際は、ウエディングサイトの商品券キャンペーンを利用しましょう。

指輪ショップへの来店や購入金額に応じて、高額な商品券をもらうことができます。

指輪探しの商品券キャンペーンについては「婚約指輪・結婚指輪探しの商品券キャンペーン情報まとめ【最新版】」の記事をご覧ください。

結婚指輪を持つ手

婚約指輪・結婚指輪探しの商品券キャンペーン情報まとめ【19年8月】

2019年8月1日

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

女性の7割が結婚指輪はダイヤありを選択

結婚指輪_重ね

ハナユメの調査によると、女性の7割が結婚指輪はダイヤありを選択しています。

といっても、結婚指輪には、婚約指輪のように大きなダイヤはつけず、小さめのダイヤをつける人が多い傾向にあります。

理由としては、ダイヤが大きいと値段が高くなったり、ぶつけたりすると傷がついてしまうことが多いから。

婚約指輪を付ける期間は短いですが、結婚指輪を付けるのは一生ということを考えると、邪魔にならない程度にダイヤを付けるのがいいでしょう。

 

男性の7割が結婚指輪はダイヤなしを選択

一方男性は結婚指輪にダイヤなしを選ぶ傾向にあり、女性とは逆で男性は7割がダイヤなしを選んでいます。(ハナユメの調査より

やはりダイヤが傷ついたり、破損することが気になるようです。

ここからは結婚指輪のダイヤあり・ダイヤなし、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

 

結婚指輪のダイヤありのメリット・デメリット

婚約指輪_ダイヤ

まずは結婚指輪のありの場合のメリット・デメリットをお伝えします。

 

結婚指輪のダイヤありのメリット

結婚指輪のダイヤありのメリットは下記の通り。

  • デザインが華やかになる
  • 婚約指輪と重ね付けしてもおしゃれに
  • 注目を浴びやすい

 

結婚指輪にダイヤを付けると、華やかさが一気に増します。

今では婚約指輪と重ね付けしておしゃれを楽しむ人がいるので、ダイヤありだと、より一層キラキラと上質なイメージに。

華やかな分、注目を浴びることになるため、おしゃれを楽しみたい人はダイヤありの結婚指輪を選ぶと良いでしょう。

 

結婚指輪のダイヤありのデメリット

結婚指輪のダイヤありのデメリットは下記の通り。

  • 結婚指輪の値段がアップする
  • 大きいダイヤは外れたり、破損の恐れあり

 

結婚指輪をダイヤありにするデメリットとしては、値段がアップしてしまうことがまずは上げられます。

ダイヤの種類や大きさにもよりますが、婚約指輪のように大きくつけてしまうと、金額も大幅アップしてしまうことには注意が必要です。

また、ダイヤがついていると傷がついたり、破損してしまう恐れがあることも覚えておきましょう。

せっかく購入した結婚指輪に傷がついてしまうと、修理が必要になり、場合によってはさらにお金がかかってしまいます。

もし結婚指輪をダイヤありで購入するのであれば、アフターサービスが充実しているブランドや指輪ショップで購入しましょう。

結婚指輪のアフターサービスについては「結婚指輪のアフターサービスは必要!サービス充実のおすすめブランドはこれ!」の記事をご覧ください。

結婚指輪と時計

結婚指輪のアフターサービスは必要!サービス充実のおすすめブランドはこれ!

2019年4月4日

 

結婚指輪のダイヤなしのメリット・デメリット

結婚指輪_ゴールド

結婚指輪のダイヤなしのメリット・デメリットもチェックしておきましょう。

 

結婚指輪のダイヤなしのメリット

まずは、結婚指輪のダイヤなしのメリットについて。

  • 安い値段で購入できる
  • 破損や修理の心配がほぼない

 

結婚指輪をダイヤなしにすることで、値段を抑えることができ、節約に繋がります。

また、ダイヤが引っかかることもないため、傷付くことが少なく、修理の心配がほぼありません。

その分、指輪自体のデザインにこだわることができたりと、メリットは大きいです。

オリジナルにデザインした結婚指輪の相場やおすすめブランドについては「結婚指輪をオーダーメイドした場合の費用相場まとめ!おすすめショップも」の記事をご覧ください。

結婚式_指輪

結婚指輪をオーダーメイドした場合の費用相場まとめ!おすすめショップも

2019年4月3日

 

結婚指輪のダイヤなしのデメリット

結婚指輪のダイヤなしのデメリットは下記の通り。

  • デザインがシンプルになりやすい(華やかでない)
  • 普段使いにはいいが、ファッションには物足りない

 

ダイヤが付いているだけで結婚指輪の華やかさがかなり違ってきます。

ダイヤがない分、キラキラした印象でなく、シンプルな印象になってしまうので、デザイン性に物足りなさを感じてしまう方もいます。

全くダイヤなしよりも、小さくていいからダイヤを付ける…このような希望から、女性の7割が結婚指輪にダイヤを付けている理由になっています。

 

結婚指輪のダイヤなし?あり?のまとめ

結婚指輪_重ね

結婚指輪のダイヤなしにするか、ダイヤありにするかのまとめです。

  • 結婚指輪はダイヤありで、小さめがおすすめ
  • 女性の7割がダイヤありを選んでいる
  • ダイヤあり・ダイヤなしともにメリット・デメリットあり

 

ダイヤあり・ダイヤなし、どちらもメリットやデメリットがありますが、私がおすすめするのは、「小さくていいので結婚指輪にダイヤありをつける」です。

全くダイヤが付いていない結婚指輪と比べ、少し値段が上がってしまいますが、華やかさがアップします。

また、小さいものにすることで、普段の生活で引っかかることが少なく、傷や破損の恐れがなくなるのも魅力ですよ。

これから結婚指輪を購入予定のふたりは、ダイヤあり・なしのメリット・デメリットを把握した上で、納得いく指輪を買ってくださいね。

結婚指輪を持つ手

婚約指輪・結婚指輪探しの商品券キャンペーン情報まとめ【19年8月】

2019年8月1日