結婚式の予算の相場はまとめ!100人規模の結婚式に必要なお金は?

結婚式でのブーケトス

結婚式の予算の相場っていくらぐらい?100人規模だとやっぱり大変?

ここでは、ブライダル業界で従事した経験もある私が、100人規模の結婚式を例に、結婚式の予算の相場をお伝えします。

結論からお伝えすると、100人規模だと、「総費用は400〜600万円で、ふたりの手出しは100〜300万円」です。

より詳しく手出し金額を知りたい人は実際にHIMARI(ヒマリ)というウエディングサイトで検索するといいでしょう。

HIMARI(ヒマリ)では自己負担額や招待人数で絞り込んで式場探しができます。

極力手出し金額を減らしたいという人は、HIMARI(ヒマリ)で自己負担額を少なめに設定して式場検索をしてみてください。

→HIMARI(ヒマリ)で式場探しをする(公式サイトへ)

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式の予算の平均相場はいくら?100人規模の場合

結婚式場の高砂の装花

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、結婚式は、招待客一人あたり6.4万円かかると言われています。

そのため単純に計算すると、100人規模の結婚式の場合は640万円かかることになります。

ですが、これは平均値から算出したもの。実態は640万円もかからないことが多いです。

 

結婚式の予算の相場は100人規模で400〜600万円程度

100人規模の場合、予算は400〜600万円に収まることがほとんどです。

640万円までかかる場合は、よほどいい日取りを選び、料理のランクなども高めの選んだ場合のみになります。

私自身、結婚式を外資系ホテルで100人近くで挙げましたが、予算は490万円程度でした。

100人規模の結婚式の場合、多くが400〜600万円であるということを覚えておきましょう。

 

100人の結婚式のお祝儀の相場は300万円

100人規模の結婚式の場合、もらえるお祝儀は300万円程度と考えておいてよいでしょう。

お祝儀は友人であればおおよそ3万円包んでくれる場合が多いです。

知り合って間もない人はそれより少なく、親族は5万円や10万円など多い場合もあります。

お祝儀が少ない人・多い人を平均すると、おおよそ300万円と考えておきましょう。

 

結婚式の手出しの予算相場は100〜300万円

100人規模の結婚式の場合、予算の相場は400〜600万円。

仮にお祝儀が300万円だとすると、手出しの相場は100〜300万円

100人規模の結婚式であれば、100〜300万円のお金が必要になるということです。

 

結婚式の予算の相場を下げるウエディングサイトを使おう

ハナユメ_トップ画面

100人規模の結婚式では100〜300万円のお金が必要ですが、より安くする方法があります。

結婚式の予算を下げるには、ブライダルフェアを予約するサイトを「ハナユメ」にすることです。

ハナユメには、ハナユメを利用することで結婚式が大幅割引になる「ハナユメ割」という独自の割引があります。

また、ハナユメではブライダルフェア予約&アンケートへの回答で高額な商品券がもらえるキャンペーンを実施中。

結婚式自体もお得になり、キャンペーンで商品券をもらえるので、ハナユメを利用することがおすすめです。

→ハナユメでブライダルフェアを予約する(公式サイトへ)

 

HIMARI(ヒマリ)で100人の結婚式の自己負担額がわかる!

ヒマリのトップ画面

HIMARI(ヒマリ)というウエディングサイトを使うと、100人の結婚式の自己負担額がすぐにわかります。

HIMARI(ヒマリ)では自己負担額や招待人数で絞り込んで、式場探しができます。

貯金があまりない…という人も、自己負担額0円で検索すると、式場やプランが見つかりますよ。

どんな結婚式場かプランがあるかは、実際にHIMARI(ヒマリ)を使って調べてみましょう。

→HIMARI(ヒマリ)で式場探しをする(公式サイトへ)

 

100人規模の結婚式は多い?平均の招待人数は?

結婚式場の披露宴の装花

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、全国の結婚式でゲストの平均招待人数は70人程度。

そのため、100人規模の結婚式は、平均よりゲスト数が多いです。

しかし、この70人も平均値であって、地域によって招待人数はかなり差があります。

都会である関東や関西、東海では60人程度が平均。逆に、北海道や九州エリアは招待人数が多く、平均値を引き上げている傾向にあります。

もちろん、都心であっても100人を超える結婚式を実施できる会場は豊富なので、安心してくださいね。

 

100人規模の結婚式の費用の相場を下げる方法

結婚式のお食事会

ここからは100人規模の結婚式の費用の相場を下げる方法をお伝えします。

大きく下記の2点で節約が可能です。

  • テーブルの数を絞って装花を節約する
  • 装飾品や小物アイテムは持ち込む

 

詳しく見ていきましょう。

 

テーブルの数を絞って装花を節約する

ゲストの数が多い場合、それだけテーブル数も多くなります。

テーブル数が多いと、装花にお金がかかってしまいます。

そのため、結婚式では、知り合いや友人はできる限り一つのテーブルに絞り込みましょう。

テーブルの数を絞ることで、テーブル装花の節約につながります。

 

装飾品や小物アイテムは持ち込む

これは100人規模でなくてもですが、手作りできるものは自作して持ち込みましょう。

装飾品の小物やウエルカムボード、プロフィールムービーなど、自作できるものはたくさんあります。

その他、結婚式の節約方法については「結婚式の費用がない!貯金なしの場合の節約法10選」の記事でより詳しくお伝えしています。

 

注意点:料理や引出物のランクダウンには注意する

ちなみに、結婚式の節約で最もしやすいのが料理や引出物のランクを下げることです。

100人規模の結婚式で、料理のランクを2000円下げると、それだけで20万円もの節約になります。

しかし、それはゲストへのおもてなしをないがしろにすることと同じ。

私は、安易に料理や引出物のランクを下げることは、おすすめしません。

ゲストの満足度は高めつつ、節約するところは節約するといったメリハリが大事ですよ。

 

100人規模の結婚式はホテルがおすすめ

アットホームな披露宴会場

ちなみに、100人規模の結婚式であれば、ホテルがおすすめ。

理由としては下記の通り。

  • 100人が入っても余裕のある披露宴会場が多い
  • ロビーや待合室も広くて使いやすい

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ホテルは100人が入っても余裕のある披露宴会場が多い

ホテルは披露宴会場がゲストハウスと比べて、とても広いです。

ホテルは1000人規模の会食パーティや会議で使われる場合も多く、100人以上の結婚式で利用しても、スペースに余裕があります。

そのため、ゲストも披露宴会場で余裕を持って座ることができます。

反面、ゲストハウスで100人が入る披露宴会場を有しているのは稀です。

入ったとしても、窮屈で移動がしにくかったりします。

もし、ふたりの結婚式が100人を超えるようでしたら、ホテルを優先して探してみましょう。

→ハナユメでホテルの結婚式場を探す(公式サイトへ)

 

ロビーや待合室も広くて使いやすい

ホテルは日々、多くの観光客や旅行客を受け入れているため、ロビーや待合室が広いです。

また、カフェやレストランなど、時間を潰す施設も館内に備わっているので、ゲストが利用するにも便利。

接客も普段からホテルで鍛えられているため、ゲスト満足度も高い場合が多いです。

結婚式場の披露宴のメインテーブル

ホテルウエディングのメリット・デメリット、魅力まとめ

2018年4月26日

 

結婚式の費用の相場100人規模の場合まとめ

結婚式でのブーケトス

結婚式の費用の相場を、100人規模を例にお伝えしてきました。

  • 結婚式の総額は400〜600万円程度
  • 手出し金額は100〜300万円程度
  • 100人規模ならホテルがおすすめ

 

100人規模の結婚式は400〜600万円。

お祝儀を差し引くと、手出し金額は100〜300万円になります。

節約方法は「必ずチェック!結婚式の費用の節約方法10選」の記事でも詳しく書いていますが、まずはブライダルフェアを予約する時に「ハナユメ」を使うことです。

ハナユメを使うことで、結婚式自体が格安になる「ハナユメ割」が使えます。

ブライダルフェア予約で、高額な商品券がもらえるキャンペーンも実施しているので、合わせて活用すべきですよ!

→ハナユメの商品券キャンペーンの最新情報をチェックする(公式サイトへ)