前撮りをロケーション撮影でするデメリットとメリットを解説

結婚式のバルーンリリース

前撮りを屋外のロケーション撮影で考えているんだけど、屋内の方がいいのかな?デメリットとかあれば知りたい。。。

ここではブライダル業界で従事していた私が、前撮りのロケーション撮影のメリット・デメリットを解説します。

屋内のスタジオ撮影のメリット・デメリットについては「前撮りをスタジオ撮影にするデメリットとメリットを解説」の記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

前撮りをスタジオ撮影にするデメリットとメリットを解説

2019年9月26日

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

前撮りをロケーション撮影でするデメリットまとめ

まずは前撮りを屋外のロケーション撮影で実施する場合のデメリットを押さえておきましょう。

  • 費用が高くなる
  • 撮影時間が長くなる
  • 天候に左右されやすい

 

それぞれ解説しますね。

 

費用が高くなる

前撮りを屋外のロケーション撮影で実施する場合、屋内のスタジオ撮影で行うよりもかかる費用が高くなってしまうのはデメリット。

結婚式や前撮りの費用を少しでも安く済ませたい人はスタジオ撮影をチョイスするか、前撮りをしないということの検討もありです。

前撮りの費用に関しては「結婚式の前撮りの費用平均はいくら?安くするコツも紹介!」の記事でご覧ください。

ドレス衣装

結婚式の前撮りの費用平均はいくら?安くするコツも紹介!

2019年9月2日

 

撮影時間が長くなる

ロケーション撮影の場合、撮影時間が長くなり、体力的な負担が大きいのもデメリットのひとつです。

前撮りの時間帯はいつがいい?撮影の所要時間も解説」の記事でも解説していますが、ロケーション撮影を選ぶと、半日程度はかかってしまいます。

また、前撮りのシーズンによっては暑さや寒さが厳しくなってしまうのも注意点。

前撮りにおすすめの時期については「結婚式の前撮りの時期はいつが最適?シーズンごとのメリット・デメリットを解説」の記事で解説しているので参考にしましょう。

結婚式の前撮りの時期はいつが最適?シーズンごとのメリット・デメリットを解説

2019年9月24日

 

天候に左右されやすい

ロケーション撮影は屋外で実施するため、天候に左右されやすいのも注意すべき点です。

空が曇りであるだけで、写真の仕上がりがかなり違ってきますよね。

雨が降った場合は延期になるため、スケジュールの再調整が必要になります。

結婚式直前であれば、忙しさも増し、なかなか実施が困難になることも。

ロケーション撮影を実施する場合は、早めに前撮りを済ませておくことが重要です。

詳しくは「結婚式の前撮りはいつがベスト?期限を解説!」の記事で解説しているので、ぜひチェックしてください。

前撮りはいつがベスト?シーズンや時間帯、期限を解説!

2019年8月28日

 

前撮りをロケーション撮影でするメリットまとめ

景色を楽しむ新郎新婦

前撮りを屋外のロケーション撮影で実施するメリットも多いので解説します!

  • オリジナリティあふれる写真が残せる
  • カット数を増やせば、オリジナルアルバムも作成可能

 

それぞれ見ていきましょう。

 

オリジナリティあふれる写真が残せる

屋外のロケーション撮影の一番の魅力は、スタジオ撮影と比べて個性豊かな写真を残すことができるということ。

屋外のスタジオ撮影では、どうしても衣装やポーズが似通ってしまい、他のカップルと同じような画角の写真が仕上がってしまいます。

反面、ロケーション撮影では、撮影スポットが選べたり、衣装も撮影場所に合わせて変更できるので、オリジナリティあるものに。

前撮りにこだわりたい人はロケーション撮影がおすすめと言えるでしょう。

結婚式場のガーデンに佇む新郎新婦

結婚式の前撮りのロケーション!おすすめ5タイプを紹介!

2019年9月3日

 

カット数を増やせば、オリジナルアルバムも作成可能

ロケーション撮影の場合、カット数を増やすことで、前撮りだけでアルバムを作ることも可能。

アルバムを家族や親しい友人にプレゼントすることもできますね。

アルバム以外に、結婚式当日の装飾や、その年の年賀状などに使うこともできます。

使える用途が広いのは、ロケーション撮影で写真を残すメリットと言えるでしょう。

 

ロケーション撮影の前撮りを予約する方法

池を望む結婚式場

前撮り業者の選び方と予約方法!【2つのタイプで解説】」の記事でも解説していますが、前撮りをロケーション撮影にする場合の予約方法は大きくふたつ。

  • 結婚式場の提携業者に依頼する
  • 式場外で独自に依頼する

 

ロケーション撮影であれば、式場外の業者に依頼するのがおすすめです。

理由としては、撮影スポットや選べるドレス数が豊富であること。結果的に自由度が高い撮影ができますよ。

式場外の業者の探す方法についてはゼクシィで検索するのがおすすめ。

ゼクシィでは全国にある前撮り業者を探すことが可能です。

そのほか、ハナユメが用意している前撮りプランのハナユメフォトを使うのもひとつの方法です。

→ハナユメフォトの詳細をチェックする(公式サイトへ)

 

前撮りのロケーション撮影を格安でできるハナユメフォト

ハナユメフォト_京都前撮り

出典:ハナユメ公式サイト

ハナユメフォトは、ウエディングサイトのハナユメが用意している前撮り・フォトウエディングプラン。

撮影エリアも関東・東海・京都・沖縄と、広くカバーしています。

京都での和装姿の写真や、沖縄のビーチでドレス姿の写真など、こだわりの写真を残すことができますよ。

ハナユメフォトの申し込みは、式場探しの相談も合わせてできるハナユメウエディングデスクで。

詳しい撮影内容や費用について聞いてみて、予約するようにしましょう。

ハナユメウエディングデスクの外観

ハナユメの無料相談デスクとは?活用法と店舗一覧

2018年6月6日

 

前撮りをロケーション撮影でするメリット・デメリットまとめ

バルーンリリース

前撮りをロケーション撮影で行うメリット・デメリットのまとめです。

  • メリット:個性ある写真を残すことができる
  • デメリット:比較的高い、天候に左右される、撮影時間が長い
  • 屋内スタジオ撮影のメリット・デメリットを比較して選ぼう

 

前撮りの写真にこだわりたい人や、他のカップルとは違った雰囲気の写真を残したい人はロケーション撮影がおすすめ。

ただし、前撮りの費用を抑えたい人はスタジオ撮影にして、カット数も少なくするといいでしょう。

ロケーション撮影であれば、ウエディングサイトのハナユメが用意している前撮りプランのハナユメフォトを活用しましょう。

関東・東海・京都・沖縄でのロケーション撮影が格安で叶いますよ。撮影スポットも各地で多く用意されているので、チェックしてみてくださいね。

ハナユメフォト_沖縄

ハナユメフォト沖縄版でフォトウエディングが4.9万円〜で叶う!

2018年2月2日
ハナユメフォト_京都前撮り

ハナユメフォトで前撮りなら、京都での和装撮影が11.5万円〜!

2018年5月8日
ハナユメフォト関東版_トップ

ハナユメフォト関東版!フォトウエディングが5万円〜で実現

2018年12月25日
ハナユメフォト東海版_トップ

ハナユメフォト東海版!格安6万円〜でブライダルフォトで叶えよう

2018年12月26日