結婚式の費用は最終見積もりから上がる?上がりやすい項目に注意!

結婚式の小物

結婚式の費用って最終見積もりから上がっていくって聞いたけど本当?上がりやすい項目やアイテムってあるの?

ここでは、ブライダル業界に従事したこともある私が、結婚式費用が見積もりから上がるのか、上がりやすいアイテムは何かを解説します。

結論からお伝えすると「ほとんどの場合、結婚式の費用は見積もりから上がる」です。

上がりやすいアイテムや項目もあるので、ぜひチェックしましょう。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年8月】

2019年8月1日

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式費用はほとんどが見積もりから上がる

結婚式の貯金

結婚式の費用は、最終の見積もりからほとんどの場合金額が上がります。

理由としては、結婚式の見積もりは最低限のアイテム・ランクのもので作られている場合が多いから。

料理のランクをアップさせたい、ドレスの着数を増やしたい…ちょっとしたことで、どんどん費用は上がっていきます。

下記では、見積もりからアップしやすい項目やアイテムをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

結婚式費用が上がりやすい項目・アイテムまとめ

結婚式の前菜写真

ここからは結婚式の費用が見積もりから上がるやすい項目やアイテムを見ていきましょう。

特に下記の3つは注意が必要です。

  • 料理・飲み物
  • ドレス
  • 写真・動画系のオプション

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

見積もりから上がるアイテム①料理・飲み物

ゲストに振る舞う料理や飲み物は上がりやすいアイテムです。

例えば、100人のゲストを呼ぶ結婚式で、コースを1ランク上げるとおよそ2000円かかります。

それが100人分なので、それだけで20万円上がることに。

料理はゲストをおもてなしするための重要な要素です。

契約後にランクアップし、予算を超えてしまったとならないためにも、あらかじめブライダルフェアの時点で料理のランクは上げておいて、見積もりを出してもらましょう。

結婚式のゲスト用テーブルの装花

結婚式費用の値引き交渉は契約後にも可能?

2018年9月26日

 

見積もりから上がるアイテム②新婦ドレス

新婦のウエディングドレスも、見積もりから上がりやすい項目のひとつ。

多くの場合、「ドレスは●●万円まで無料プレゼント」という形で見積もりに入っていますが、●●万円で選べるドレスは数着しかないことが多いです。

そのため、差額を支払うことになり、その分金額も大幅アップします。

こちらも最終見積もりまでに、ドレスに平均いくらぐらいかかっているか、追加料金は発生する場合が多いのか、プランナーさんに聞いておきましょう。

予算を超えてしまい好きなドレスが着られなくなると、結婚式本番もとても残念な気持ちになってしまいます。

 

見積もりから上がるアイテム③写真・動画系のオプション

前撮りやアルバム、ムービーといった写真や動画系のオプションサービスも注意が必要。

見積もりに入っていない場合もあれば、最低限(前撮りだったら1 枚だけ)の場合もあるため、追加料金が発生する場合が多いです。

  • 前撮りは何枚撮るのか
  • 結婚式の写真はデータもいるのか
  • オープニング・エンディングムービーはいるのか

 

上記をあらかじめ考え、見積もりに入れておくことで後々の料金アップは防ぐことができます。

 

結婚式費用を見積もりから上げないための工夫

結婚式費用を見積もりから上がるのを防ぐことも可能。それは定額プランを利用することです。

定額ウエディングプランは、マイナビウエディングが用意しているパッケージプランのこと。

挙式・披露宴を実施するために必要なアイテムが全て揃っているため、見積もりからのアップがありません。

料金も通常の結婚式より安い場合が多いため、結婚式費用を節約したい人にオススメです。

マイナビウエディングの場合は「パッケージプラン」については下記記事をご覧ください。

結婚のお食事会のテーブル

マイナビウエディングのパッケージプランとは?わかりやすい内容と料金で結婚式が手軽に

2018年3月5日

 

結婚式費用は見積もりから上がる?まとめ

結婚式のお金

結婚式費用は見積もりから上がるかどうかのまとめです。

  • 結婚式費用は見積もりから上がるのがほとんど
  • 料理・ドレス・写真や動画系は要注意
  • パッケージプランで料金アップを防ぐのもあり

 

結婚式の費用は最終見積もりから上がるのがほとんどのため、できるだけ見積もり時点で自分たちが何にお金を使うのかを把握しておくといいでしょう。

契約後は見積もりの交渉は原則できないため、契約前までに必ず交渉するようにしましょう。

結婚式費用の値引きの交渉や節約方法については「結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ」や「結婚式の費用がない!貯金なしの場合の節約法10選」の記事をお読みください。

最もてっとり早い節約方法が、ブライダルフェアを予約するサイトでハナユメを使うこと。

ハナユメを使うことで結婚式が格安になるハナユメ割が使えたり、キャンペーンで高額の商品券がもらえます。

結婚式で少しでも節約したい人は、式場探しをハナユメで行いましょう。

→ハナユメの商品券キャンペーンの最新情報をチェックする(公式サイトへ)