【2019年版】結婚式も増税で値上がりに!結婚費用を抑える方法を解説

結婚式の貯金

2019年10月に消費税の増税があるけど、結婚式も高くなるの?増税前に結婚式をした方がいい?

ここではブライダル業界で従事したこともある私が、結婚式と増税に関して解説します。

結論からお伝えすると「2019年10月の消費税の増税で結婚式も高くなる」です。

ここからは、増税に伴う結婚式費用の増額や、少しでも結婚式費用を安く抑える方法をお伝えしていきます。

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式は増税で高くなる!

結婚式のお金

結婚式は2019年10月の消費税増税の対象なので、10月以降の結婚式については消費税が8%→10%になってしまいます。

例えば税抜きで結婚式に300万円かかった場合、消費税は8%で24万円、10%で30万円かかります。

その差はなんと6万円!

もちろん結婚式の費用が上がれば上がるほど、消費税の負担も大きくなっていきます。

高額な出費になる結婚式だからこそ、消費税の負担も目に見えて大きく感じますね。

 

増税は結婚式の項目すべてに適用になる

消費税は項目によっては軽減税率で、2019年10月以降も8%のままのものがあります。

しかし、結婚式に関しては料理やドレス、サービス料の全ての項目が増税の対象に。そのため費用全体で8%→10%になると考えておいていいでしょう。

 

結婚式の増税は9月末までの契約で回避にならない

10月以降に結婚式を実施するにしても、9月末までに結婚式を契約していれば増税の影響は受けないのでは?

残念ながら、消費税が8%か10%というのは、結婚式の実施日にかかります。

そのため、9月末までに結婚式を本契約しても、支払う時が10月以降であれば、増税の対象になってしまいます。

どうしても消費税8%で結婚式費用を抑えたいのであれば、2019年9月末日までの結婚式がおすすめです。

直近の結婚式であれば、ハナユメの独自プランである「ハナユメ割」を使いましょう。

特に半年以内の結婚式であれば結婚式の費用が大幅割引になるため、かなりお得になります。

ハナユメ割に関しては「ハナユメ割で結婚式費用が最大100万円以上の割引になるって本当?」の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

→ハナユメ割の詳細をチェックする(公式サイトへ)

 

増税前の結婚式の駆け込みに注意

ちなみに増税前には結婚式を早めにあげようと駆け込み予約が多く発生します。

これは消費税が5%→8%に変わった時も多くあり、予約が取れにくくなりました。

直近であればあるほど、早めにブライダルフェアへ参加し、早めに本契約を結んでおくとよいでしょう。

→ハナユメでブライダルフェア予約をする(公式サイトへ)

 

増税後に結婚式を少しでも安くする方法まとめ

結婚式の貯金

増税後に結婚式を挙げる場合、少しでも安くする方法をお伝えします。

  • ウエディングサイト「ハナユメ」のハナユメ割を活用する
  • ウエディングサイトのキャンペーンを使う
  • 結婚指輪・婚約指輪は9月末までに購入しておく
  • 新婚旅行の支払いや引越しを9月末までに終えておく

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

結婚式費用の値下げの交渉に関しては「結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ」の記事も読んで、ブライダルフェアに参加するといいですよ。

結婚式で使うピンク色のブーケ

結婚式の値引きを100万円以上してもらう交渉テクニックまとめ

2018年10月3日

 

ウエディングサイト「ハナユメ」のハナユメ割を活用する

増税の影響を受けつつも結婚式を少しでも安く挙げるのであれば、ハナユメが提供している独自の割引サービス「ハナユメ割」を利用しましょう。

ハナユメ割は結婚式費用が大幅割引になるサービスです。

割引額は結婚式場によって異なりますが、どのくらい割引されるかはハナユメのサイトに掲載されているので、事前にチェックが可能。

ハナユメ割を利用するには、ブライダルフェアや式場見学をハナユメから行うだけで、特別な手続きは必要ありません。

他のウエディングサイトや結婚式場の公式サイトからブライダルフェア予約をしてしまうと、ハナユメ割は使えなくなるため、必ず予約はハナユメで実施しましょう。

→ハナユメ割の詳細をチェックする(公式サイトへ)

 

ウエディングサイトの商品券キャンペーンを使う

ハナユメ割に比べてインパクトは劣りますが、ウエディングサイトが実施している商品券キャンペーンを使うのも結婚式費用を少しでも安くするコツです。

ゼクシィやハナユメ、マイナビウエディングではブライダルフェアの参加や結婚式の成約で最大4万円以上の商品券がもらえるキャンペーンを実施しています。

ブライダルフェアの参加はほぼ無料のため、無料で参加し、さらに商品券がもらえるということになりますね。

ウエディングサイトの商品券キャンペーンの最新情報は「ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【最新情報】」でご確認ください。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年8月】

2019年8月1日

 

結婚指輪・婚約指輪は9月末までに購入しておく

消費税の増税は結婚式だけでなく、婚約指輪や結婚指輪も対象です。

そのため、結婚式の実施は2019年10月以降だとしても、事前に婚約指輪・結婚指輪を購入しておくのは節約の一つの方法。

結婚式ほどではありませんが、婚約指輪・結婚指輪は高額なため、消費税の影響を大きく受けることになります。

結婚指輪を購入するタイミングにルールはないため、結婚式が先の予定でも9月末までに購入しておくといいでしょう。

婚約指輪・結婚指輪に関してもウエディングサイトで商品券キャンペーンが実施されているため、最新情報を「婚約指輪・結婚指輪探しの商品券キャンペーン情報まとめ【最新情報】」でチェックして、来店予約してくださいね。

結婚指輪を持つ手

婚約指輪・結婚指輪探しの商品券キャンペーン情報まとめ【19年8月】

2019年8月1日

 

新婚旅行の支払いや引越しを9月末までに終えておく

もし、新婚旅行や新生活のための引越しを予定しているのであれば、こちらも9月末までに終わらせておくのがおすすめ。

事前に終わらせておくことで、結婚式の準備の際も負担が軽減されますよ。

結婚式の準備に合わせて、新婚旅行・引越しの準備をすると、かなり時間を取られてしまうことにもつながるため、増税前に余裕を持って終わらせておきましょう。

 

結婚式と増税に関するまとめ

結婚式の高砂

まとめです。

  • 結婚式も2019年10月より増税の対象になる
  • 増税を回避するなら9月末までに実施を
  • 結婚式費用が大幅割引になるハナユメ割を使おう

 

結婚式も2019年10月より消費税が8%→10%と増税になります。

そのため、増税を回避するのであれば2019年9月末までに結婚式を実施しましょう。

さらに少しでも安くするのであれば、ハナユメを使ってブライダルフェア予約をすること。

ハナユメを使うことで結婚式費用が大幅割引になるハナユメ割を利用することができます。

もちろん、ハナユメ割は増税後の結婚式にも使えるので、直近のウエディングが難しいけど結婚式費用を抑えたい人でもハナユメの利用がおすすめですよ。

ハナユメウエディングデスクの看板

ハナユメの使い方完全マニュアル!結婚式費用を格安にする方法

2019年3月7日