結婚式の値引き交渉のタイミングはいつ?

結婚式場探しで、値引き交渉っていつやるべき?決定前?

ここでは、ブライダル業界で従事した私が、値引き交渉のタイミングについて詳しくお伝えします。

結婚式の値引き交渉のタイミングは大きく分けて3つに分かれます。

  • ブライダルフェアの予約前
  • ブライダルフェア当日
  • 本契約の前

 

契約後には、ほとんど値引き交渉はできないため、原則は「契約前」になります。

それぞれのタイミングでするべき値引き交渉を詳しく見ていきましょう。

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式の値引き交渉のタイミング①ブライダルフェアの予約前

結婚式場の披露宴_高砂

実は値引き交渉は、ブライダルフェアを予約する前に始まっています。

どういうこと?と感じる人もいるかと思いますが、要は「使うウエディング情報サイトによって値引きがある」ということ。

値引きがあるサイトは「ハナユメ」です。

ハナユメには、ハナユメでブライダルフェアを予約した際にしか適用されないハナユメ割があります。

ハナユメ割は、結婚式が大幅割引になる独自サービス。

ハナユメを経由してブライダルフェアを予約するだけで結婚式費用が安くなるので使わないのは絶対損です。

ブライダルフェアを予約する時点で、ハナユメを使って値引きにつなげましょう。

さらに、ハナユメはブライダルフェア予約をすることで、最大4万円の商品券がもらえるキャンペーンも実施しています。

最新のキャンペーン情報は「ハナユメのキャンペーン!商品券を必ずもらう方法【最新版】」で詳しくまとめていますので、合わせてチェックしましょう。

→ハナユメでブライダルフェア予約をする(公式サイトへ)

 

結婚式の値引き交渉のタイミング②ブライダルフェア当日

結婚式場の装飾品

ブライダルフェア当日は、式場の見学や料理試食などが済んだ後に、見積もりが提示されます。

その時も値引き交渉のチャンス!もっとも効果的なのが、「他の結婚式場の見積書を見せる」です。

他の結婚式場の見積もりを見せると、他の式場に負けじと、ほぼ確実に割引が発生します。

なかには、他の結婚式場のブライダルフェアに行かずに、一件目で即決するカップルもいますが、とても損していると言えます。

いくつかの結婚式場のブライダルフェアに参加する+見積もりを見せ合うことで、結婚式の費用はどんどん下がっていきます。

ブライダルフェアは必ず3件以上は巡って、値引き交渉を進めましょう。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【19年8月】

2019年8月1日

 

結婚式の値引き交渉のタイミング③本契約前

手を繋ぐ新郎新婦

いくつかの結婚式場から一つに絞って、本契約を結ぶ・・・

本契約を結ぶ際も、最後の値引き交渉のタイミングです。

もし、他の結婚式場のブライダルフェアに参加している場合は、正直に「金額で迷っている」ということを伝えましょう。

何度も交渉したあとなので、割引額はこれまでよりも低いですが、交渉次第でさらに値引きが可能です。

本契約を結んでしまうと、その後の割引はほぼないため、契約前に最終の値引き交渉を済ませましょう。

ここで下がらない場合は、値引きの限界まで割引いてもらっているので、安心して契約しましょう。

 

結婚式の値引き交渉のタイミングまとめ

結婚式場のシャンデリア

結婚式の値引き交渉のタイミングのまとめです。

値引きをするタイミングは大きく3つ。

  • ブライダルフェアの予約前
  • ブライダルフェア当日
  • 本契約の前

 

まずやれることは、ハナユメを使ってブライダルフェアを予約することです。

これを知らずに他サイトでブライダルフェアを予約してしまうと、大幅値引きはなくなります。

少しでも結婚式を安く済ませたいと考えているのであれば、ハナユメを使ってブライダルフェア予約をしましょう。

→ハナユメでブライダルフェア予約をする(公式サイトへ)