結婚式の仮予約って利用すべき?予約費用やキャンセル料はかかる?

結婚式の料理

結婚式って仮予約ってできるの?費用がかかったりするのかな?キャンセル料も不安だな…

ここではブライダル業界で従事していた私が結婚式の仮予約についてお伝えします。

結論だけお伝えすると「気になる式場があったら仮予約は利用すべき」です。

ただし、仮予約のために費用が必要な結婚式場もあるので、費用がかからない場合は利用しましょう!

ちなみにウエディングサイトのHIMARI(ヒマリ)を使うと、Web上で仮予約までできます。

HIMARI(ヒマリ)の利用や仮予約に費用はかかりません。

本契約時に式場に足を運んで、内容の最終確認・式場の雰囲気のチェックだけなので、効率的に式場探しが可能ですよ。

→HIMARI(ヒマリ)公式サイトをチェックする!

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

結婚式の仮予約とは?

結婚式_装花

結婚式の仮予約は、ブライダルフェアで下見をした結婚式場を気に入った場合、一定期間の間、希望する日取りを抑えるサービスになります。

仮予約した日程は、他のカップルに抑えられる心配がありません。

特に、他にも結婚式場を見学したいと考えているカップルにとっては、ありがたいサービスですね。

結婚式場によっては仮予約はできず、本契約のみでしか対応していない場合もあるので、仮予約ができるかどうかは、ブライダルフェア時に確認しましょう。

 

結婚式の仮予約にお金はかかる?

結婚式の貯金

結婚式の仮予約では、ほとんどの場合、費用がかかりません。(稀に仮予約で3〜5万円程度かかる式場もあるようですが、私は見たことがありません)

費用がかからないため、キャンセル料もかからないことがほとんど。

費用がかかるのは、仮予約ではなく、本契約の時になります。本契約の際は内金の支払が必要で、その後キャンセルした場合、内金は返ってこない仕組みを取っている結婚式場がほとんどです。

結婚式の内金については「結婚式費用の内金はいくらぐらい?予約時に用意すべき金額」の記事でお読みください。

結婚式費用の内金はいくらぐらい?予約時に用意すべき金額

2018年3月13日

 

結婚式の仮予約の期間は?

結婚式の日程

結婚式を仮予約できる期間は、ほとんどの場合7日〜10日程度に設定されています。

その間に、他の結婚式場のブライダルフェアに参加して、どこを本予約するか決める必要があります。

結婚式場によっては仮予約期間中にキャンセルの連絡がない場合、本契約に移行してしまうこともあるので、他の式場を選ぶ際は、必ず仮予約であってもキャンセルの予約を行いましょう。

 

結婚式の仮予約を効率的に行う方法

結婚式場をスマホアプリで検索

結婚式の仮予約は、ブライダルフェアに参加して、見積もりの説明を聞いた後にしかできませんでした。

しかし、ウエディングサイトのHIMARI(ヒマリ)を使うことで、Web上で式場探し〜仮予約までが完結します。

HIMARI(ヒマリ)は、自己負担額や空き日程で式場検索ができ、希望日時が空いていれば、そのまま仮予約が可能。

式場へ直接足を運ぶ、見積もりの内容・式場の雰囲気の最終確認をし、本契約に移ります。

もちろん、雰囲気が写真と少し違った、内容に納得がいかなかった場合は、仮予約を無料でキャンセルできます。

1回の参加で3〜4時間かかるブライダルフェアに行かずとも、スマホひとつで式場の空き日程のチェック&仮予約ができるので、式場探しがかなり効率よくなりますよ!

→HIMARI(ヒマリ)公式サイトをチェックする!

 

結婚式の仮予約で注意すべき点

結婚式場に並ぶ装花

結婚式の仮予約で注意すべきは、式場ごとで変わってくるルールです。

具体的に説明すると、下記の4点。

  • 仮予約に費用がかかるか
  • 仮予約にキャンセル料がかかるか
  • 仮予約できる期間
  • 仮予約期間を過ぎた後、どうなるか

 

基本的に仮予約は無料で、キャンセル料もかかりませんが、式場によっては費用がかかる場合があります。

HIMARI(ヒマリ)を使っての仮予約は問題ありませんが、ブライダルフェアに行って仮予約をする際は、上記のポイントは必ず確認して、仮予約するようにしましょう。

 

結婚式の仮予約まとめ

結婚式の料理

結婚式の仮予約についてのまとめです。

  • 結婚式の仮予約は多くの場合無料で可能
  • 仮予約の期間は7日〜10日程度
  • HIMARI(ヒマリ)を使うと、見学に行かなくても仮予約が可能

 

結婚式の仮予約は、多くの式場で無料でできるようになっています。

また、仮予約期間も7日〜10日程度なので、その間に他の結婚式場の見学へ行き、最終決定するようにしましょう。

また、空き日程や結婚式の日時を重視して式場探しをしている人は、HIMARI(ヒマリ)の活用もおすすめ。

仮予約は通常3〜4時間かかるブライダルフェアに参加した後にできますが、HIMARI(ヒマリ)を使うとスマホ上で可能。

式場探しをして、希望の日程が空いていたら、仮予約をすることができますよ。

HIMARI(ヒマリ)の利用や仮予約は無料なので、一度チェックしてみるといいでしょう。

HIMARI(ヒマリ)の使い方については「HIMARI(ヒマリ)の使い方を解説!エイチームの新ブライダルサービスが登場」、メリット・デメリットについては「HIMARI(ヒマリ)にデメリットはある?メリットと合わせて紹介!」の記事をお読みください。

ヒマリのトップ画面

HIMARI(ヒマリ)の使い方を解説!エイチームの新ブライダルサービスが登場

2019年6月11日
結婚式のメインテーブル

HIMARI(ヒマリ)にデメリットはある?メリットと合わせて紹介!

2019年6月13日