合同ブライダルフェアに参加するメリット・デメリットまとめ

結婚式のバルーンリリース

結婚式場探しをしたいんだけど、合同でブライダルフェアってやっていないの?まとめて結婚式場をチェックしたいな…

ここではブライダル業界で従事していた私が、合同ブライダルフェアに参加するメリットとデメリットをお伝えします。

結論だけお伝えすると、「これから結婚式場探しをする人に合同ブライダルフェアはかなりおすすめ」です。

特にハナユメが主催している合同ブライダルイベント「ブライダルフェスタ」では、事前予約&来場だけでギフト券がもらえます。

さらに結婚式費用がお得になるハナユメ割がつくなど、お得度が高いですよ。

→ハナユメのブライダルフェスタの最新情報をチェックする(公式サイトへ)

 

\12/16まで!商品券プレゼント中/
 

合同ブライダルフェアとは?

結婚式のケーキ入刀

合同ブライダルフェアはゼクシィやハナユメといったウエディングサイトが主催しているブライダルイベント。

その地域にある結婚式場が一堂に集まるため、一回の参加でいくつもの結婚式場を比較し、気になる式場があれば実際に見学予約までできます。

式場比較だけでなく、ドレスショーが開催されたり、結婚指輪の展示や試着会、結婚式についての相談ができるブースが用意されている場合も。

参加するだけでギフト券がもらえたり、オリジナルグッズのプレゼントもあるので、通常のブライダルフェアに参加するよりもお得ですね。

ゼクシィで開催中の合同ブライダルフェアは「ゼクシィのブライダルフェスタ最新情報!参加方法と開催日程まとめ」で、ハナユメで開催中のイベントは「ハナユメのブライダルフェスタ&イベント最新情報!参加方法と開催日程」の記事でチェックしてください。

日程や開催場所によって、参加するイベントを選ぶといいですよ。

 

合同ブライダルフェアに参加するメリット

結婚式_ゲストテーブル_装花

合同ブライダルフェアに参加するメリットを解説します。

  • 短時間で式場比較ができる
  • 式場比較以外のイベントも充実
  • 来場プレゼントが豪華

 

それぞれ見ていきましょう。

 

合同ブライダルフェアのメリット①短時間で式場比較ができる

合同ブライダルフェアでは一つの会場にいくつもの結婚式場が集まっています。そのため、短時間でどんな式場なのかという比較ができます。

通常のブライダルフェアでは一度の参加で3〜4時間程度かかりますが、合同ブライダルフェアは入退場自由。

さらにひとつの結婚式場ブースで話を聞く場合でも30分程度です。

自分たちが結婚式を挙げるエリアにどんな結婚式場があるかわからないというふたりは参加するメリットが大きいですよ。

 

合同ブライダルフェアのメリット②式場比較以外のイベントも充実

合同ブライダルフェアでは集まった結婚式場の比較以外に、下記のようなイベントが開催されています。

  • ドレスの展示・ドレスショー
  • 結婚指輪の展示や試着会
  • ウエディングスイーツの試食会
  • ヘアメイクやネイル、エステ体験会
  • 海外ウエディング・リゾートウエディングの相談ブース
  • 新婚旅行・新生活についての相談ブース

 

結婚式場探しだけでなく、結婚式に関する知識や、結婚にまつわる疑問を解決するのにうってつけの機会になります。

 

合同ブライダルフェアのメリット③来場プレゼントが豪華

合同ブライダルフェアでは、事前予約&来場で豪華プレゼントがもらえるのもメリットのひとつ。

無料で参加して、ギフト券やオリジナルのウエディンググッズがもらえるので、利用しない手はありません。

来場プレゼントが豪華なのはハナユメ主催のイベント「ブライダルフェスタ」。

早めの来場予約でギフト券が3,000〜500円もらえるので、事前にスケジュールをチェックして予約だけしておくといいでしょう。

→ハナユメのブライダルフェスタの最新情報をチェックする(公式サイトへ)

 

合同ブライダルフェアに参加するデメリット

結婚式_新郎_ブートニア

ここまで合同ブライダルフェアに参加するメリットを見てきましたが、デメリットも少なからずあります。

  • 開催頻度が少ない
  • 参加していない結婚式場もあり
  • 式場の実際の雰囲気はつかめない

 

それぞれ詳しく解説します。

 

合同ブライダルフェアのデメリット①開催頻度が少ない

合同ブライダルフェアは毎週のように開催されていないため、いつでも参加できないのはデメリット。

合同ブライダルフェアに参加したいと思っても、希望の日時や場所で開催されているとは限りません。

合同ブライダルフェアが開催されていない場合は、無料で利用できる式場探しの相談カウンターの利用がおすすめ。

式場探しの相談カウンターであれば、土日だけでなく平日も利用できるので、ふたりのタイミングで来店することができます。

結婚式の相談カウンターのおすすめ比較!大手3社はどれを使うべき?」の記事で解説していますが、おすすめはハナユメウエディングデスク

ハナユメウエディングデスクを使って、各式場のブライダルフェアに参加すると、最大4万円分の商品券をもらうことができますよ。

→ハナユメウエディングデスクの詳細情報をチェックする(公式サイトへ)

 

合同ブライダルフェアのデメリット②参加していない結婚式場もあり

合同ブライダルフェアには、エリアごとに結婚式場が集まっていますが、そのエリアにある結婚式場全てが参加しているとは限りません。

そのため、式場比較に抜け漏れが発生します。

全ての結婚式場を漏れなく比較したいふたりは、式場掲載数が最も多いゼクシィを利用するのがおすすめ。

ゼクシィでは雑誌でもサイトでも情報が充実しており、イベントに参加していない結婚式場の情報を知ることができますよ。

 

合同ブライダルフェアのデメリット③式場の実際の雰囲気はつかめない

合同ブライダルフェアでは、結婚式場の担当者の話を直接聞くことができますが、実際の結婚式場の雰囲気はやはりわかりません。

実際の結婚式の写真などである程度は知ることができますが、やはり最後は自分の目で確かめることをおすすめします。

いくつかの結婚式場の担当者の話を聞いて、気になる結婚式場が見つかったら、契約前に一度見学に行きましょう。

 

結論:合同ブライダルフェアは式場探したてのふたりにおすすめ

合同ブライダルフェアに参加するメリット・デメリットまとめです。

  • 合同ブライダルフェアは式場比較が効率的に可能
  • 合同ブライダルフェアはイベントも充実
  • 式場の雰囲気が知りたい人はイベント後に式場見学を

 

合同ブライダルフェアは、特に式場探しをスタートさせたばかりのふたりにとってはメリットの方が大きいので、開催されていれば参加してみるといいでしょう。

やみくもにいろんな結婚式場のブライダルフェアに参加するよりも効率的に式場比較ができるほか、結婚式の情報を集めることができます。

合同ブライダルフェアはゼクシィとハナユメが全国で実施しています。

どちらのイベントに参加するかは「ブライダルフェスタを徹底比較!ゼクシィとハナユメどっちがおすすめ?」の記事で比較しているので、参考にしてくださいね。

特にハナユメが主催している合同ブライダルフェア「ブライダルフェスタ」では、事前予約&来場だけでギフト券がもらえます。

さらに結婚式費用がお得になるハナユメ割がつくなど、お得度が高いですよ。

→ハナユメのブライダルフェスタの最新情報をチェックする(公式サイトへ)