フォトウエディングはどこですべき?屋内・屋外、ロケーションやエリアを解説

結婚式場のガーデンで向き合う新郎新婦

フォトウエディングってどこですべきかな?屋外の方がいいのか、それとも屋内のスタジオの方がいいのか。。。

ここではブライダル業界で従事していた私が、フォトウエディングをどこでするべきか、決め方について解説します。

前撮りをどこでするかは下記の順番で決めていくといいでしょう。

  1. 屋内・屋外どちらにするか選ぶ
  2. ロケーションを選ぶ(海辺?森林?街並み?)
  3. エリアを選ぶ(国内?海外?)

 

この順番で決めていくと、スムーズに決まりますよ。それぞれ解説していきますね。

結婚式場のガーデンにある池

フォトウエディングのメリット・デメリットを解説!流れや業者の選び方まで

2020年3月6日

 

\オンラインで無料相談も受付中/


ハナユメのキャンペーン
 

フォトウエディング はどこでする?まずは屋内か屋外を選ぼう!

結婚式の新郎新婦の足元

フォトウエディングを実施する際に、まず選ぶべきは屋内スタジオ撮影か、屋外ロケーション撮影か、いづれかを選ぶことです。

 

フォトウエディングはどこ?スタジオ撮影のメリット・デメリット

フォトウエディングで、費用を抑えるのであれば、屋内のスタジオ撮影がおすすめ。

屋外での撮影と比べて、料金も安く、天候にも左右されないのが魅力です。

ただし、写真に個性が出しにくく、写真のポーズもバリエーションが少なくなってしまうため、アルバムを作りにくいのがデメリットです。

  • メリット:料金が安い、天候に左右されない
  • デメリット:写真にオリジナリティを出しにくい

 

結婚式の情報誌

フォトウエディングをスタジオ撮影にするデメリットとメリット

2020年2月26日

 

フォトウエディングはどこ?ロケーション撮影のメリット・デメリット

結婚式の新郎新婦と夕焼け

屋内スタジオ撮影以外に、写真にこだわりたい人が選ぶのが、屋外のロケーション撮影。

公園や街中以外に、森やビーチなど、ふたりが好きな場所で撮影することができます。

メリットとしては、写真に個性が出しやすいこと。他のカップルが撮影した写真とはかぶりませんね。

デメリットとしては、スタジオ撮影より料金が高くなること。

また、撮影時間が長くなるため、体力の負担も大きいです。天気によって順延する場合もあるため、予約時は要注意です。

  • メリット:写真に個性が出せる、アルバムや式場装飾に便利
  • デメリット:料金が高い、撮影が長くなる、天候に左右される

 

結婚式場のガーデンで寄り添新郎新婦

フォトウエディングをロケーション撮影するメリット・デメリットまとめ

2020年2月27日

 

フォトウエディングはどこ?おすすめの撮影ロケーションを解説

結婚式場の屋外の案内板

フォトウエディングを屋外のロケーション撮影で実施する場合、撮影スポットを選ぶ必要があります。多くのカップルが下記の5パターンから選択しますよ。

  • 屋内スタジオ
  • 森林・公園
  • 街並み(観光地)
  • 国内リゾート
  • 海外リゾート

 

森林や公園、街並みであれば写真スタジオの近くで実施可能。

国内・海外のリゾートエリアのビーチで撮影するカップルもいます。

 

フォトウエディングはどこ?おすすめエリアを解説

池を望む結婚式場

フォトウエディングを近隣の写真スタジオでやる以外に、新婚旅行をかねて遠方で実施するカップルも。

国内でおすすめなのは下記の4エリア。

  • 沖縄
  • 京都
  • 北海道
  • 東京

 

いずれも撮りたい写真によってエリアを選ぶといいでしょう。

また、海外へ新婚旅行を兼ねてフォトウエディングを実施することも可能です。

海外で特におすすめのフォトウエディングのエリアは下記になります。

  • ハワイ
  • フランス
  • バリ島
  • 上海

 

フォトウエディングを国内のリゾートエリア、海外で実施する場合の注意点や、それぞれのエリアの魅力については「フォトウエディングのエリアおすすめ!スポット選びの参考に」の記事で解説しているので、チェックしてくださいね。

結婚指輪をつけたカップル

フォトウエディングのエリアおすすめ!スポット選びの参考に

2020年3月2日

 

フォトウエディングはどこですべき?まとめ

結婚式場のガーデンで向き合う新郎新婦

フォトウエディングはどこですべきか?についてのまとめです。

流れとしては下記のように選ぶといいですよ。

  • 屋内・屋外どちらにするか選ぶ
  • ロケーションを選ぶ(海辺?森林?街並み?)
  • エリアを選ぶ(国内?海外?)

 

まずは屋内でするか、屋外のロケーション撮影をするか決めましょう。

屋外での撮影を希望する場合、次は撮影ロケーションを選んでいきます。海辺、緑いっぱいの森林、大都会の街並み…ふたりの好きなロケーションを選びましょう。

最後に撮影エリアの選択を。写真スタジオの近くはもちろん、新婚旅行を兼ねて国内・海外のリゾート地に行くのもおすすめです。

今回ご紹介したフォトウエディングの撮影エリア・スポットの選び方に沿って、後悔しないフォトウエディングを実現してくださいね。

景色を楽しむ新郎新婦

フォトウエディングの業者の選び方を解説!【後悔しない方法】

2020年2月17日