挙式のみのメリットとデメリットを解説!挙式だけのカップルの割合は20組に1組

結婚式は挙式のみで考えているんだけど、費用も安いし、メリットの方が多い?もしデメリットがあれば教えて…!

ここではブライダル業界で従事していた私が、挙式のみのメリットとデメリットを合わせて解説します。

挙式のみのスタイルを選ぶカップルの割合もお伝えしますので、これから式場探しをする予定の人はぜひチェックしてくださいね。

\式場探しで商品券プレゼント/

挙式のみのメリットまとめ

結婚式場の大聖堂

まずは結婚式を挙式のみにするメリットを見ていきましょう。

  • 費用総額を抑えられる
  • 準備に手間がかからない
  • ドレス姿を家族に見せることができる

 

それぞれ解説しますね。

 

費用総額を抑えられる

一番のメリットとして、結婚式を挙式+披露宴→挙式のみにすることで、費用の総額を抑えることができます。

結婚式の費用の大部分が披露宴で、通常の結婚式の場合、300万円を超えることがほとんど。

一方、挙式のみにすると、10万円程度で実施することも可能です。

結婚式のための貯金はないけど、家族や友人にドレス姿や白無垢姿を見せたいというふたりは挙式のみを選ぶと、費用をかなり節約できます。

挙式のみって安いの?費用を解説

2019年7月31日

 

準備に手間がかからない

挙式のみの場合、準備に手間がかかりにくいのもメリットのひとつ。

披露宴を実施するとなると、料理のコースを選んだり、引き出物や引菓子の用意、テーブルコーディネートや小物の準備と、バタバタしてしまいます。

挙式のみにすると、挙式スタイルや衣装を選ぶ程度。

もちろん、こだわりがあれば装花などを選ぶことも可能ですが、披露宴の準備より、はるかに手間と準備がかかりません。

手軽に実施できるのも挙式のみのメリットと言えるでしょう。

 

ドレス姿を家族に見せることができる

挙式のみは比較的リーズナブルにドレス姿や白無垢姿を家族や親族に見せることができます。

もちろん、通常のように挙式+披露宴でも見せることはできますが、披露宴分、費用が高額になってしまいます。

家族との記念写真も挙式と合わせて撮影することができるので、家族のために結婚式をしたいけど、盛大にしたくはないと考えているカップルにはおすすめです。

挙式だけは親族で実施して、お披露目は会費制のウエディングで友人をたくさん招待するスタイルも最近増えていますよ。

会費婚_top

会費婚の口コミや評判まとめ!アールキューブの使い方も解説

2019年12月9日

 

挙式のみのデメリットまとめ

結婚式の白いブーケ

ここまでメリットを見てきましたが、デメリットもあるのでチェックしましょう。

  • オプションをつけると割高になることも
  • 1.5次会やお披露目パーティが必要なことも

 

それぞれ解説します。

 

オプションをつけると割高になることも

挙式のみを実施する場合、費用は高くありません。

しかし、追加でオプションをつけていくと、割高になってしまう場合もあるので要注意。

例えば、ドレスのランクを上げたり、牧師をつけた教会式にすると、その分お金もかかってしまいます。

最初に案内される挙式のみプランに、どの程度の項目が入っているか必ずチェックして契約しましょう。

 

1.5次会やお披露目パーティが必要なことも

家族や親族だけを集めて挙式を実施すると、お金も手間もそこまでかかりません。

しかし、なかには友人へのお披露目をしたいと考えているカップルもいるでしょう。

その場合、挙式の用意とは別に、お披露目パーティや1.5次会の準備が必要になり、想定よりも費用がかかってしまう場合も。

お披露目パーティを披露宴と同じ形で行うと、費用も高額になります。

そのため、おすすめは会費制ウエディングにして、自己負担額を少なくする方法。

会費制ウエディングに関しては「会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!」の記事で、メリットとデメリットを紹介しています。

会費制ウエディングのメリット・デメリットを解説!

2019年12月11日

 

挙式のみにかかる費用は?

結婚式費用の貯金

挙式のみにかかる費用は、挙式+披露宴と比べて安いと言っても、10万円〜20万円程度はかかります。

また、挙式のみの場合、いただけるお祝儀はほぼないか少額のため、全てをふたりで負担することになるでしょう。

事前に30万円程度を貯金しておくと、余裕を持って挙式を行うことができます。

挙式のみの費用に関しては「挙式のみって安いの?費用を解説」の記事をご覧ください。

挙式のみって安いの?費用を解説

2019年7月31日

 

挙式のみの会場のおすすめの探し方

挙式のみの会場を探す場合、ゼクシィやハナユメ、マイナビウエディングといった大手ウエディングサイトで可能。

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【最新情報】」の記事で解説しているとおり、いずれのサイトも商品券がもらえるキャンペーンを実施しているので、条件や〆切日などをチェックして、使うサイトを選びましょう。

結婚式場の装飾品

ブライダルフェアの商品券キャンペーン情報まとめ【20年9月】

2020年9月24日

 

挙式のみの割合は4.6%!

ちなみに挙式のみの割合は、結婚式を実施するカップル全体の4.6%。

およそ5%なので、20組に1組は挙式のみの結婚式を選んでいます。

そのほか、30名以下の挙式+披露宴を実施するカップルは10%程度。

少人数スタイルの結婚式を選ぶカップルは多くなっているので、少人数ウエディング向けの会場も増えています。

少人数ウエディングのデメリットやメリットについては「少人数結婚式のデメリットを解説【メリットも合わせて】」の記事をお読みください。

少人数結婚式のデメリットを解説【メリットも合わせて】

2020年1月14日

 

挙式のみのメリット・デメリットまとめ

結婚式場のライト

挙式のみを実施するメリット・デメリットのまとめです。

メリットとしては下記の通り。

  • 費用総額を抑えられる
  • 準備に手間がかからない
  • ドレス姿を家族に見せることができる

 

しかし、オプションをつけると高額になったり、お披露目パーティが必要な場合、準備に手間がかかるというデメリットもあります。

挙式のみを選ぶ人は4.6%と一定数いるため、最近ではどの結婚式場も挙式のみプランを用意しています。

神社はもちろん、ホテルやゲストハウスなどの挙式会場を使って、挙式のみを行うことができますよ。

式場探しサイトのおすすめ比較ランキング【2020年最新】

2018年9月21日
結婚式場の大聖堂

挙式のみの結婚式の準備の方法を解説【費用や流れもチェック】

2020年1月31日
\サイト人気ランキング/
ハナユメ→最大2.6万円分の商品券プレゼント中(9/30まで ※無料相談デスクの利用で金額UP!)

ゼクシィ→最大2万円分の商品券プレゼント中(10/23まで ※指輪探しで+0.6万円分の商品券も)

プラコレ→最大8.1万円分のクーポンプレゼント中(9/30まで ※当サイト限定で7.5万→8.1万円に増額中)

※集計期間:2020年8月1日〜8月31日(当サイトからの予約数)

マイナビウエディングフェア