今月キャンペーンがお得な式場探しのサイトは?>>

結婚式のプロフィール動画は用意すべき?準備の方法まとめ

結婚式のプロフィール動画Top
結婚式でよく流れるプロフィールムービーって、やっぱり用意した方がいいの?自分で作れるのかな?

ここでは、ブライダル業界で従事していた私が、結婚式のプロフィールムービーを用意すべきか解説します。

結論、「なくても大丈夫ですが、あった方がゲストにふたりのことを知ってもらえる」です。

プロフィールムービーを自分で用意しようとすると、手間と時間もかかるため、上映するか決めてから準備を始めましょう。

\おすすめサイトまとめ/
☑︎ハナユメ→フェア参加で最大6万円分の商品券プレゼント(2/28まで ※指輪探しキャンペーンで7,000円分のギフト券も!)

☑︎ウェディングニュース→アプリダウンロード&フェア参加で最大9.4万円分のギフト券プレゼント(2/29まで)

☑︎トキハナ→結婚式費用が即決不要で最低価格になる保証付き(期限なし※1件目来館でなくても特典が全て適用に!)

結婚式のプロフィール動画は用意すべき?

新郎新婦

結婚式のプロフィール動画は用意しても、しなくても大丈夫です。

私自身は結婚式にあわせてプロフィール動画を用意しました。

ただ、これまでに出席した結婚式では、司会の方にプロフィールを読んでもらったり、席次表にふたりのプロフィールを記載したりと、他の方法で伝えることもありました。

プロフィール動画は自作すると手間と時間が、外注すると費用がかかるので、ふたりで話し合って用意するか決めるといいでしょう。

 

結婚式のプロフィール動画は用意する注意点

結婚式のムービー制作

これから結婚式のプロフィール動画を用意する場合の注意点をお伝えしします。

  • 自分で用意すると手間と時間がかかる
  • 業者に外注すると費用がかかる

 

それぞれ解説します。

 

自分で用意すると手間と時間がかかる

結婚式のプロフィール動画を自作する場合、撮影や素材集め、動画編集、DVDなどへの焼き直しなど、手間と時間がかかります。

結婚式では、動画以外にも用意したり、決めたりすることがたくさん。

ただでさえ忙しいのに、プロフィール動画の用意も入ると、スケジュールがかなりタイトになります。

もし、結婚式のプロフィール動画を自作する場合は、結婚式の準備が本格化する前に早めに用意を始めましょう。

 

業者に外注すると費用がかかる

一方で、結婚式のプロフィール動画を制作会社や結婚式場に依頼して作ってもらうと費用がかかります。

ただでさえ高額な結婚式に、プロフィールムービーの費用も加わってしまうため、節約しようと考えているふたりは自作することを選びがちです。

先述の通り、自作すると手間と時間がかかってしまうので、どちらもメリット・デメリットがあると言えるでしょう。

 

クオリティ高いプロフィール動画にするなら外注がおすすめ

スマホで式場探しをする男性

もし、結婚式のプロフィール動画をよりクオリティ高いものにしたい場合は、外注がおすすめ。

動画編集や制作をお仕事にしている人以外は、ソフトの用意から編集方法まで学びながらの自作になるので、クオリティはどうしても下がってしまいます。

そのため、結婚式で上映するプロフィールムービーを高い品質のものにしたい場合は、外注を使うといいでしょう。

 

結婚式場にもプロフィール動画制作を依頼できるが費用に注意

結婚式のお金

結婚式場にも前撮りなどと同様にプロフィール動画の制作を依頼することが可能です。

しかし、プランが高額になりがち、かつ使える写真枚数や流せる分数が決まっているなど、制約が高い傾向にあります。

自由度高くプロフィール動画を仕上げたい場合は、外部の制作会社に依頼するか、自作するのがおすすめです。

 

結婚式のプロフィール動画ならナナイロウエディングがおすすめ


 

自作する手間を省きつつ、比較的安くプロフィール動画を外注したい場合は、ナナイロウエディングがおすすめ。

  • 1本3万円程度で制作可能
  • 何度でも修正可能(修正費用は0円)
  • 仕上がりに不満な場合はキャンセル可能(キャンセル料は0円)

 

ナナイロウエディングであれば、プロフィール動画はもちろん、結婚式序盤で上映するオープニングムービーも1本3万円程度で制作してもらえます。

納期も特急プランで最短5営業日と、かなりのスピード感で制作してもらえるのも魅力です。

さらに、修正料や完成した後のキャンセル料も0円なのもポイント。

万が一クオリティが期待以下だった場合でも安心です。

気軽に依頼でき、クオリティも高いので、自作したくない場合、まずは試すつもりで使ってみるといいでしょう。

 

結婚式のプロフィール動画は用意すべき?まとめ

結婚式の2次会の様子

結婚式のプロフィール動画は用意すべきかのまとめです。

  • なくても披露宴は実施可能
  • 上映したい場合は事前に自作or外注で制作
  • ナナイロウエディングが費用面も安く、簡単に作れるためおすすめ

 

結婚式のプロフィール動画は上映するなら用意すべきですが、上映なしでも問題ありません。

そのため、ふたりで結婚式のプログラムにプロフィール動画を組み込むか決めてから、用意するといいでしょう。

結婚式のプロフィール動画を用意する場合、方法は自作か外注。

自作の場合は、費用はかかりませんが、準備の手間と時間がかかり、クオリティも自分次第になってしまいます。

一方、外注の場合は、費用はかかるものの、準備の手間と時間はかなり短縮され、高いクオリティの動画が仕上がります。

おすすめなのは外注で、1本3万円程度と比較的リーズナブルな値段で制作してもらえるナナイロウエディング。

ナナイロウエディングは、修正が回数無制限でできるほか、完成した後のキャンセル料も0円なので万が一の場合でも安心です。

ナナイロウエディングについては「ナナイロウエディングってどう?口コミ・評判まとめ!【デメリットはある?】」の記事で解説しているので、確認してみてくださいね。

ナナイロウエディングの口コミ・評判Top