両家顔合わせがめんどくさい!それでも実施した方がいい理由まとめ

両家顔合わせって準備もめんどくさいし、やらなくていいかな?お金もかかるし、緊張もするし…

上記のように感じても、顔合わせは実施した方がいいです!

ここではブライダル業界で従事していた私が、顔合わせがめんどくさいと感じた人に向けて、実施した方がいい理由を解説します。

結婚前の顔合わせはしない?メリットとデメリットを解説」の記事でも解説していますが、しないメリットよりもデメリットの方が大きいです。

特に今後結婚式の準備や、どちらかの実家近くで新婚生活をする予定の人は必見ですよ。

 

\10/31まで!商品券プレゼント中/
 

両家顔合わせはめんどくさい

結婚式_ゲストテーブル_装花

ぶっちゃけると両家顔合わせは手間も時間もかかるし、めんどくさいです。

私自身も結婚する際に顔合わせをしましたが、段取りや両家への連絡、費用など、めんどくさいと感じる作業がありました。

しかし、それでも入籍前に両家顔合わせを実施してよかったと感じています。

 

両家顔合わせをした方がいい理由

結婚式場の装飾品

両家顔合わせをめんどくさいと感じた場合でも、実施した方がいい理由は下記の通り。

  • 結婚前に相手の家族のことが知れる
  • 両家の関係が良好になる
  • 両家の結婚式の希望が聞ける
  • 新婚生活で助けてもらえる

 

それぞれ詳しく解説します。

 

結婚前に相手の家族のことが知れる

結婚する前に相手の家族のことを知るのはとても大切です。

結婚はふたりがつながることがメインですが、家族とのつながりが生まれることでもあります。

相手の家族に、常識のない人や、自分とは合わないなと感じる人がいるかもしれません。

私自身、相手の家族に上記のような人はおらず、それを確認できただけでも顔合わせを実施してよかったと感じています。

 

両家の関係が良好になる

顔合わせは自分自身が、相手の家族を知る機会だけでなく、家族同士が親睦を深める機会。

そのため、顔合わせを実施することで、両家の関係が良くなることにもつながります。

家族同士が仲良くならないと、その後の結婚生活もギクシャクしてしまいます。

家族同士の親睦を深めてもらうためにも、顔合わせの実施はおすすめです。

 

両家の結婚式の希望が聞ける

顔合わせになると、結婚式をどうするのか・いつするのかを必ずと言っていいほど聞かれます。

顔合わせで、両家の結婚式に関する希望が聞けるのは隠れたメリット。

いつするのか、場所はどこがいいのか、どんなスタイルがいいのか、胸の内に希望があるかもしれません。

もし両家に強い希望があるのであれば、それを踏まえて結婚式場探しをすることができます。

ちなみに結婚式場探しの方法は「結婚式場探しのコツ!後悔しない選び方まとめ」の記事でまとめているので、合わせてお読みください。

結婚式_ゲストテーブル_装花

結婚式場探しのコツ!後悔しない選び方まとめ

2019年4月26日

結婚式で揉めるのを防ぐためにも、顔合わせは実施しておくといいですね。

 

新婚生活で助けてもらえる

どちらかの実家の近くに住んで、子育てを手伝ってもらう場合、結婚前に家族との関係と構築しておくといいですね。

子育てだけでなく、引越しや家具の購入なども手伝ってくれるかもしれません。

いざという時に、助けをお願いできるよう、顔合わせを実施しておき、関係を構築しておきましょう。

 

両家顔合わせがめんどくさいと感じる理由

結婚式のお食事会

ちなみに顔合わせをめんどくさいと思う理由は下記の場合が多いです。

  • 予約するのが手間
  • 日程調整も手間
  • お金がかかってしまう
  • 時間がかかってしまう
  • 初めての相手だし気を遣う

 

私も顔合わせをする場合、準備がめんどくさいな…と思いました。

しかし、結婚式ではより多くの人とのやりとりや、多くのお金がかかってしまいます。

今後の両家の関係をより良いものとするためにも、顔合わせは結婚式の予行練習として実施するのがおすすめです。

結婚式の予行練習と考えると、準備も少し気が楽になりますよ。

 

両家顔合わせはめんどくさいけど実施すべき!のまとめ

結婚のお食事会のテーブル

顔合わせはめんどくさいけど、実施すべき理由のまとめです。

  • 顔合わせはめんどくさいけど、やったほうがいい
  • 相手の家族のことが知れ、両家の関係も良好になる
  • 両家の結婚式の希望が聞けたり、新婚生活で助けてもらえるように

 

顔合わせは準備がめんどくさかったり、お金や時間がかかってしまいます。

しかし、今後結婚式や新生活を控えているのであれば実施しておくといいでしょう。

両家の家族のサポートがあると、結婚式の準備や子育てもかなりやりやすくなります。

それでもめんどくさいな…と感じる人は、結婚式の予行練習と捉えて実施してみましょう。

準備段階の気分も少しは軽くなり、終わってみると「やってよかった」と思えるでしょう。